Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ガザの抗議行動の真実をイスラエルがどのように「抹殺」したかを示す報告書

ガザの抗議行動の真実をイスラエルがどのように「抹殺」したかを示す報告書

2018年10月19日、ガザ地区、イスラエルとガザの国境にあるフェンスでの抗議活動で、パレスチナの旗を掲げる女性。(ロイター)
2018年10月19日、ガザ地区、イスラエルとガザの国境にあるフェンスでの抗議活動で、パレスチナの旗を掲げる女性。(ロイター)
Short Url:
09 Dec 2021 08:12:40 GMT9
レイ・ハナニア
09 Dec 2021 08:12:40 GMT9

レイ・ハナニア

2018年3月30日。この日からガザ地区のパレスチナ人は、イスラエルの過酷な封鎖措置に反対する抗議活動を始め、それは毎週続いた。

1976年のこの日、6人のパレスチナ市民が殺害された。彼らは、イスラエルがアラブ人所有の数千エーカーにわたる土地を「国家の目的」のために接収する計画に抗議していたのだ。ガザの抗議活動開始のタイミングは、この事件を記念する、象徴的なものであった。

パレスチナ人の抗議者たちは、ガザにおける抗議活動を「帰還の大行進」と呼び、パレスチナの旗を振りながら、イスラエルが管理・統制している事実上の野外監獄であるガザの国境まで行進し、この数千人の市民の姿を世界に知らしめた。抗議活動は2019年12月に終了した。

約2年間の期間中、毎週金曜日にガザのパレスチナ人数万人がイスラエルとの国境に集まり、抗議活動を行った。安全で強固な防壁の後ろに位置していたイスラエルの兵士は、スナイパーライフルを使って223人の抗議者を射殺し、8,000人以上を負傷させた。

重武装したイスラエル兵に殺害されたのは、ジャーナリスト、女性、子ども(18歳未満が46人)、高齢者、そして看護師を含む救急隊員などであった。

国際的な怒りの高まりを受けて、イスラエルはこの殺害事件について独自の調査を行うと発表した。

今週、「ベツェレム(B’Tselem)」と「パレスチナ人権センター(PCHR)」の2つの人権団体が「イスラエルの調査」に対する調査結果を発表、調査は策略であり、銃撃を命じた責任者は誰も捜査されなかったと結論づけた。31ページにわたるB’TselemとPCHRの報告書「Unwillling and Unable: Israel’s Whitewashed Investigations of the Great March of Return(不本意、そして不可能:「帰還の大行進」を消し去るイスラエルの調査)」は、オンラインで全文を読むことが可能だ。

一方イスラエルは、ガザ地区での暴力行為を調査している国際刑事裁判所(ICC)で不利な結果が出ることを見越して、法的な防御策を講じようとしている。イスラエルは今回のケースに関し、告発内容が調査され、公正且つ信頼できるものであると偽りの主張することで、ICCの調査を弱体化させようとしている。

ICCの調査、そしてイスラエルが戦争犯罪を隠蔽しているという非難が、テルアビブの政治家が6つの人権団体の活動を禁止し、彼らのコンピュータや証拠品を没収し、スタッフを逮捕しようとしている主な理由のひとつであると考えられる。テルアビブは、イスラエル政府の嘘を暴く証拠を集めた批判者たちを黙らせようとしているのだ。

イスラエルのいう「調査」は、イスラエル政府が主張するような独立した団体によって行われたものではなく、実際には殺害の容疑者と同じ団体によって行われたものである。そう、イスラエル国防軍である。

イスラエルは平和を望んでいると主張しているが、実際には暴力の最大の原因となっている。イスラエル国内やその占領地では、イスラエルの兵士や警察、武装した入植者によって、はるかに多くのパレスチナ人が負傷したり死亡したりしている。

米国の政治家がイスラエルに迎合し、その人権侵害や暴力に目をつぶり、パレスチナ人の暴力を誇張する様子に困惑している人たちには、彼らに真実を知ってもらう責任がある。

イスラエルのいう「調査」は、イスラエル政府が主張するような独立した団体によって行われたものではなく、実際には殺害の容疑者と同じ団体によって行われたものである。

レイ・ハナニア

人権を信じ、あらゆる種類の暴力に反対するすべてのアメリカ人は、この31ページの報告書をコピーして、自分の所属する国会議員に郵送するべきだ。彼らは声を上げる必要がある。親イスラエル派の政治活動委員会から何十万ドルもの選挙資金を受け取るために、正義から目をそむけようとしている議員の目を覚まさせる必要があるのだ。

イスラエルが政治活動委員会(PAC)を利用した献金を通じて、米国議会を選挙資金で掌握している限り、パレスチナ人が傷つけられたり殺されたりするのと同じくらいの速さで真実は殺されてしまうだろう。ちなみに、2008年から2020年の間に、パレスチナ人がイスラエル人を251人殺害したのに対し、イスラエルは5,590人のパレスチナ人を殺害している。この数字には、負傷したパレスチナ人が11万5,000人であるのに対し、イスラエル人は約5,000人であることは含まれていない。

  • レイ・ハナニア氏は、数々の賞を受賞した元シカゴ市役所の政治記者兼コラムニストである。ハナニア氏の個人のウェブサイト(Hanania.com)から本人と連絡を取ることができる。ツイッター: @RayHanania
特に人気
オススメ

return to top