Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • シリア北東部における「ダーイシュ」復活の深刻な脅威

シリア北東部における「ダーイシュ」復活の深刻な脅威

1月20日、約100人のダーイシュの戦闘員が、ハサケのグワラン刑務所を攻撃した。彼らの「カリフ制国家」が2019年に敗北して以来、最大の軍事作戦となった。(AFP)
1月20日、約100人のダーイシュの戦闘員が、ハサケのグワラン刑務所を攻撃した。彼らの「カリフ制国家」が2019年に敗北して以来、最大の軍事作戦となった。(AFP)
Short Url:
18 Apr 2022 03:04:51 GMT9
18 Apr 2022 03:04:51 GMT9
  • ウクライナ侵攻で国際社会の関心が他国の紛争に向くなか、シリア民主軍が警告を発する
  • シリア民主軍 1月にハサカで起きた刑務所での組織的な攻撃のずっと前から、過激派の脅威は明白だった

ルーカス・チャップマン/アリ・アリ

シリア・カーミシュリー:今年、シリア民主軍(SDF)と米国主導の連合軍が急速に動員された。シリア北部に短期間で「カリフ制国家」を再確立しようとするダーイシュの大胆な試みを阻止するためのこの動きを、世界は恐怖の目で見ていた。

2017年にイラク、2019年にシリアで領土を失って以来、ダーイシュは壊滅状態に見えた。指導者は追われ、身を隠した。信者は拘束され、殺され、あるいは組織を抜けた。かつては大きかった軍資金は底をつき、武装も不可能になった。

今年1月までは、そうだった。同月、ダーイシュ残党がシリア北東部の刑務所を大規模かつ計画的に攻撃し、数千人の元戦闘員がSDFに拘束されるまで戦闘は続いた。

西側諸国はウクライナに集中し、ロシア同盟国のシリア政権はより身近な活動に夢中になっている。シリアの現場にいる人々は、ダーイシュがもたらす脅威はまだ終わっておらず、世界が背を向けている間に容易に復活する可能性があると警告を発している。

1月20日夜、アル・シナア刑務所の門前で、爆発物を積んだトラックが爆発した。比較的平穏だった、人口40万人のハサカの平穏は突如として崩れ去った。

その直後、数百人の武装した男たちが、刑務所内に収容されていた約5000人のダーイシュ系囚人を解放した。彼らを戦闘に参加させるという明確な意図を持って、四方から刑務所を攻撃したのである。

数日間、地元軍は過激派と衝突し、6年前にダーイシュが追放されて以来、この都市で最大の戦闘が繰り広げられた。米国主導の連合軍はジェット機やドローンを使って介入し、武装勢力が潜伏している建物を攻撃した。これに対し、ダーイシュの戦闘員は刑務所付近の民間施設を占拠、居住者を人間の盾として利用した。

「テロリストの拠点がどこにあるか把握し、そこを攻撃する。そのような戦闘ではなかった」と、攻撃初日の夜に送り込まれた地元コマンド部隊のメンバー、セルハト・ヒモ氏はアラブニュースに語っている。

「彼らは市民の中に陣取った。そのために多くの市民がダーイシュに殺された。我々は、民間人の遺体を家から運び出さなければならなかった」

この攻撃で武装勢力374人、刑務所職員77人、SDF隊員40人、民間人4人が殺害されたとする報告もある。約400人の収容者が行方不明のままであり、かなりの人数が逃亡したことがうかがえる。

シリア北東部の都市ハサケにあるグワラン刑務所の外で展開するシリア民主軍(SDF)の女性隊員たち。(AFP)

ダーイシュのオンラインプロパガンダメディアであるアン・ナバは1月27日、「いくつかのグループがハサカ地域から無事に脱出し、安全な地域に移された」と主張した。

北東シリア自治局(AANES)の多民族を守る役割を担うSDFの視点では、過激派の脅威は、ダーイシュが高度に連携した刑務所襲撃を行うずっと前から明白だった。

2011年のアサド大統領政権に対する蜂起でシリアが内戦状態に陥ってから10年以上が経過し、国土の大部分は武装勢力の手に落ちている。

例えば、シリア北部と北西部は、シリア国軍(SNA/旧自由シリア軍)とアルカイダ系組織タハリール・アル・シャーム機構(HTS)の旗の下、さまざまな派閥によって支配されている。

シリア北東部の都市ハサケにあるグワラン刑務所をダーイシュ軍に占拠された後、施設周辺で展開するSDF隊員。(AFP)

SNAは、2018年にトルコ軍の支援を得てAANESからアフリン地区を奪取し、支配している。また、ラス・アルアインとテル・アビヤドも支配している。これらの町は2019年、同じくトルコの支援を受けて奪取している。

トルコはいずれの場合も、南部の国境にまたがる地域からクルド人主体の民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を排除するために介入している。

トルコは、SDFの主要な部隊であるYPGを、クルド労働者党(PKK)のシリア支部であるとみなしている。同党は、トルコにおけるクルド人の政治的・文化的権利を拡大することを目的として、トルコ国家に対して数十年にわたってゲリラ戦争を続けてきた。

SNAとHTSは、ともに過激派を擁することで知られている。現地の情報筋によると、ダーイシュの残党は、反乱軍の支配下にある地域を利用して、再編成と探知の回避を行っている。

昨年10月、米国のドローンによる攻撃で、アルカイダ幹部のアブドゥル・ハミド・アル・マターが、SNAの支配下にあるラッカのスルークで殺害された。その数日後、英空軍のドローンがラス・アルアインでダーイシュの武器提供者アブ・ハムザ・アル・スハイルを殺害した。

2019年10月、バグーズにおける組織の敗北からわずか数カ月後、ダーイシュの元指導者でかつてのカリフであるアブ・バクル・アル・バグダディは、HTSが支配するイドリブ地域のバリシャ村に追い詰められた。彼は、米国の特殊部隊に降伏することなく、自爆ベストで自らの子供3人を巻き込み死亡した。

1月のアル・シナア刑務所襲撃からわずか数週間後、SDFと米国の特殊部隊は、アル・バグダディの後継者であるアブ・イブラヒム・アル・クラシを、同じくイドリブのアトマという町まで追跡した。作戦の過程で、アル・クラシは爆弾で彼の家族を巻き込み死亡した。

ダーイシュは3月11日にネットで配信された録音音声メッセージで、新指導者アブ・アル・ハッサン・アル・ハシミ・アル・クラシを発表した。ロイターが引用したイラクと欧米の治安筋によると、彼はアル・バグダディの弟だという。

YPGの公式報道官であるヌーリ・マハムード氏はアラブ・ニュースに対し、「我々は領土的にはダーイシュを打ち破った。しかし思想面はまだ残っている」と述べた。

「ダーイシュ、アルカイダ、レバント戦線、ムスリム同胞団などの過激派テロリストがアフリン、ラス・アルアイン、テル・アビヤドに住み着いた」

AFPTVスクリーンショット。シリア北部の都市ハサケ、クルド人が運営するグワラン刑務所付近のエリアに集まる米兵。(AFP)

現地の人権監視団体「真実と正義のためのシリア人(STJ)」が2021年6月に発表した報告書によると、SNAの隊員には、幹部工作員を含む少なくとも27人の元ダーイシュメンバーがいることが判明している。

AANES内務省のケナン・バラカット共同議長はアラブニュースに対し、「ダーイシュがバグーズで領土的に敗北した後、彼らの多くはイラクや政権支配地域、トルコの支援を受けたグループ、特にラス・アルアインとテル・アビアドに逃亡した」と述べた。「そこで彼らは単に所属を変え、他の過激派グループに参加するのだ」

これらのグループがもたらす脅威は明らかであるにもかかわらず、SDFとAANESの資源は圧迫されている。国連が承認した、国境通行所の閉鎖とトルコによる外交・貿易禁止令の発動によって、地元経済が衰退しているのだ。

「シリア北東部に政治的・経済的な禁輸措置がある限り、ダーイシュは残るだろう」とマフムード氏は言う。

「これら、他のテロ集団が我々の地域への攻撃を続け、占領下にあるこれらの地域を後方基地として利用する限り、ダーイシュは自らを再編する機会を掴み続ける」

2011年のアサド大統領政権に対する蜂起でシリアが内戦状態に陥ってから10年以上が経過し、国土の大部分は武装勢力の手に落ちている。(AN・写真/アリ・アリ)

このテロ組織が行った最近の復活の試みは、アル・シナア刑務所での事件だけにとどまらない。刑務所への攻撃以来、数日から数週間の間に、同じくハサカにあるアル・ホル収容キャンプの収容者たちは、繰り返し脱走を試みている。

「時限爆弾」や「世界で最も危険な収容キャンプ」と呼ばれるアル・ホルには、約5万6000人が収容されている。半数以上がイラク人、約8000人が外国人、あるいはヨーロッパなどから来た過激派の妻や子どもたちである。

バグーズにおけるダーイシュの領土的敗北を受けて、2019年初めに収容所の人口は急速に増加した。それ以来、アル・ホルの住民は、収容キャンプ内に一種の疑似カリフ体制を作ろうとする試みを繰り返している。

「キャンプの人々は、男女を問わず、何度もキャンプ内で戦争を起こそうとしてきた」とバラカット氏は言う。

「彼らは反乱を起こし、テントを燃やし、国内治安部隊の隊員を殺害してきた。彼らはキャンプ内でグワイラン(アル・シナア)刑務所のシナリオを再現しようとした。しかし、我々の部隊が介入して阻止した」

収容キャンプの子どもたちの多くは、母親からダーイシュのイデオロギーを教えられて育ち、今や10代を迎えている。キャンプの管理者は、怒りに燃え、高度に過激化した新世代の武装勢力の誕生を目撃しているのではないかと懸念している。

国際社会が直ちに行動を起こさない限り、大規模な脱走計画が成功するのは時間の問題だと、現地行政組織の多くは考えている。

AANESとSDFは、欧米各国政府に対し、自国民をキャンプから引き取り、外国人のダーイシュメンバーを適切な収容施設に入れるよう裁判する特別法廷を設置するよう、繰り返し要請している。

バラカット氏は、「ダーイシュの構成員はさまざまな国から来ている。50カ国近くの国籍の者がいる」と述べる。「これはシリアだけの問題ではない。国際的な問題なのだ。ダーイシュは世界中の多くの国家を脅かしている」

世界がその重い腰を上げ、問題に注目し、行動を起こさない限り、ダーイシュが復活する可能性が高い、と彼は懸念している。

「ダーイシュに対する勝利は、すべての人にとっての勝利となる」

特に人気
オススメ

return to top