Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • オミクロン株の重症度は低いとの報道が原油市場を支えるか

オミクロン株の重症度は低いとの報道が原油市場を支えるか

モハメド・アル・シャティ氏はクウェートの石油アナリストである。(Shutterstock)
モハメド・アル・シャティ氏はクウェートの石油アナリストである。(Shutterstock)
Short Url:
13 Dec 2021 12:12:17 GMT9
13 Dec 2021 12:12:17 GMT9

原油市場は、11月は1バレル82ドルと好調だったのに対し、12月は1バレル74ドルとわずかに低迷した。

このような違いは出たものの、価格水準は引き続き堅調で、1バレル70ドル超と今も十分に支持されている。

70ドル超の価格が続いている要因は、低水準の原油在庫、OPECプラスの貯蔵量の低下、強い季節性の需要、イランの核開発などである。しかし、原油市場はコロナウイルスのオミクロン変異株を懸念しており、2022年前半は余剰分が増加すると予測している。

この不確実性の高まりが投機活動を誘発し、価格変動率が大きくなった。

アジアの在庫、原油、製品は、COVID-19の流行に続いて2020年8月にピークを迎えた後、着実なペースで減少を続けている。今後数カ月間は、世界的に需要が供給を上回ることが予想されるため、アジアの在庫は、今年いっぱいは減少し続けると予想される。だが、オミクロン株感染者の急増は、アジアの在庫の減少傾向を抑える可能性がある。

原油価格は、価格変動率の上昇に見舞われて今週は高くなった。オミクロン変異株の初期の感染者の症状が軽く、予想よりも重症度が低いことが初期データから分かり、石油需要に関する懸念が和らいだことが後押しになった。また、既存のCOVID-19ワクチンが変異株に対しても効果があると報道されたことも影響を及ぼした。

しかし、米国の雇用統計が予想を下回り、エネルギー情報局の週次データによって、米国の原油在庫が予測以上に減少し、ガソリンと留出油の在庫が大幅に増加したことが明らかになってから、原油価格の上昇は鈍化した。

特にヨーロッパでのCOVID-19感染者数の急増で政府が規制を強化する懸念が再び出てきたため、株式市場に続いて石油価格も下落した。一部の国がこれまでよりも厳しい制限を課したこともあり、それが利益確定売りを促した可能性がある。また、中国の大手不動産開発会社2社の格付けが引き下げられたことで、中国経済の先行きに対する不安が市場心理を圧迫した。

政府のデータによると、インドの燃料消費量は10月に7カ月間で最大に達した後、11月に減少に転じた。祝祭の季節が終わり、需要が和らいだためだ。

精製マージンもすべての主要貿易拠点で上昇した。原油価格の下落をはじめ、燃料消費に関連する成長市場の楽観、オミクロンウイルスの影響に対する懸念の減少が改善に寄与した。

12月の世界の製油所の処理能力は、季節性の需要から引き続き上昇することが予想され、現物市場を支えると見られている。中国の原油輸入量は、11月に3カ月ぶりに増加に転じた。

1月下旬までは現在の水準で推移すると予想されることから、原油需要は増加すると考えられる。直近のデータによると工場の注文が減少しており、ヨーロッパ最大の経済が相対的に弱体化していることが浮き彫りになった。この傾向は今後も続くと予想され、需要の減少につながる可能性がある。

オミクロン株の重症度は低いとの報道は、原油市場を支え、投資家が、数週間減っていた買い越しポジションを増やす契機になるだろう。

  • モハメド・アル・シャティ氏はクウェートの石油アナリストである。
特に人気
オススメ

return to top