Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ホメシュの違法入植者たちは、イスラエルの法律を全面的に受け入れなければならない

ホメシュの違法入植者たちは、イスラエルの法律を全面的に受け入れなければならない

2022年1月17日、ヨルダン川西岸地区のアウトポストであるホメシュに立てられたイスラエル国旗と、パレスチナのブルカ村の様子。(AP)
2022年1月17日、ヨルダン川西岸地区のアウトポストであるホメシュに立てられたイスラエル国旗と、パレスチナのブルカ村の様子。(AP)
Short Url:
08 Jun 2022 06:06:46 GMT9
08 Jun 2022 06:06:46 GMT9

17年前の夏、イスラエルは軍の撤退計画(ガザ地区等撤退)を実行に移した。多くの人は、ガザ地区からのユダヤ人入植地の撤去をこの撤退計画と結びつけて考える。しかし忘れられた事実のひとつとして、アリエル・シャロン首相率いる当時の政府は、ある種の試験観測のように、ヨルダン川西岸地区における4つの入植地の撤去も決定したことがあげられる。これは、シャロン氏が病気により政治生命を絶たれなければ、実現したかもしれないことの前触れであったはずだ。それは、ヨルダン川西岸地区を一方的に切り離してそこに住みついた何万人ものイスラエル人入植者、特に孤立した入植地やパレスチナ人の居住地に近接する入植地を立ち退かせるというものである。シャロン氏の死によってこの選択肢はなくなり、その結果は歴史が証明しているとおりだ。

ヨルダン川西岸地区北部のホメシュは、2005年にイスラエル国防軍(IDF)が立ち退かせた入植地の一つである。しかしそれ以来、超国家主義の宗教的ユダヤ人入植者たちが繰り返し再建と再定住を試みており、イスラエル政府はこの私有地に入り込む過激派に対して無力さと弱さを示してきた。

当時、たまたま私は、ほんの数カ月前には不可能と思われていたパレスチナ占領地からのユダヤ人入植地の撤去を世界に報告するためにガザに降り立った国際報道陣の一員として、ガザと、ヨルダン川西岸地区にある4つの入植地の撤去を目の当たりにした。IDFは、この作戦の一方的な性質の論理には大いに疑問が残るとしても、印象的な効率でこれを実行した。

私たちが真夜中に到着してから翌日イスラエル兵によってすべての入植者が撤去されるまでの間、ガザ地区からの撤退は死傷者が出ることもなく、大きな事件もなく進んだ。しかしホメシュからの撤退は最も印象的な出来事であった。それは、入植者たちが兵士や報道陣に対して使った卑劣で脅迫的な言葉である。この入植地に関する限り、まだ最後の言葉が語られていないという印象を強く抱いた。

入植者たちは、法律やそれを執行する人々に対して、まったく敬意を払っていなかった。彼らは、有刺鉄線で囲まれた屋根の上にバリケードを築いて、最後の抵抗に出る決意を固めていた。

彼らは、他の入植地からの援軍とともに、イスラエル政府や国内外の人々に、自分たちの避難が恒久的なものであることを受け入れるつもりはないことを知らせたがっていた。

イスラエル社会の一部には――もはや不可欠な存在ではないにせよ――イスラエル国家の権威を認めず、それが自分たちの目的に適い、違法な入植地建設活動を促進しない限り、受け入れることができないという人々がいるという印象を私は強く持って、その場を後にした。その代わりに、彼らの指針はラビや宗教的な書物から得ており、それらは、この土地に対する神聖な権利が彼らにあると信じ込ませている。

ある種の人々の中には、自分たち適用されるいかなる法律も認めない者がいるが、それにもかかわらず、彼らは明白な法的影響を受けることはない。

ヨシ・メケルバーグ

したがって、彼らに関する限り、国家が制定した法律は彼らには適用されない。メシアニックで超国家主義的な入植者たちのこの態度は、パレスチナ人に対する見方にも反映されている。パレスチナ人は何世紀にもわたってこの土地に住んでいるにもかかわらず、せいぜい許容すべき客人としか、彼らは認識していないのだ。そして、この自分たちの優位性を強調するために、彼らは常に隣人であるパレスチナ人に嫌がらせをし、彼らの家や土地においても、できる限り居心地が悪くなるように仕向けているのだ。

先月末、イスラエル政府の弁護士は高等法院に対し、ホメシュに再定住した人々は立ち退かなければならないと述べた。これは、その土地を所有する近隣のブルカ村のパレスチナ人が、1978年にホメシュが建設されて以来、そしてその後ユダヤ人住民が立ち退いた後も、その土地へのアクセスを拒否されていることを理由に提出した嘆願書を受けてのものであった。しかし、これらの弁護士がこの土地の最高裁判所に対して明言しなかったこと――そして、裁判官からもそうするよう促されなかったと考えられること――がある。それは、入植者の立ち退きのスケジュールであった。その代わり、裁判所は政府から、そのようなタイムラインを議論するために「毎週状況評価」を行うと伝えられた。

言い換えれば、再撤退は実現しないだろうという、正義と常識の双方を無視した結末である。ホメシュは違法な「アウトポスト(政府が承認していない入植地)」として、特に極端なケースである。国際法がすべての入植地を禁止しているだけでなく、すべてのイスラエル政府がアウトポストを(政治的圧力に屈して考えを変えるまでは)違法とみなしているのである。ホメシュの場合、彼らは、ユダヤ人はそこに住んではならないとする極めて特殊な離脱法にも違反している存在なのだ。この入植地は、1978年にパレスチナ人から土地を奪って生まれた罪深いものである。撤退の決定以来、入植者の中には、自分たち適用されるいかなる法律も認めない者がいるが、それにもかかわらず、彼らは明白な法的影響を受けることはない。

イスラエル人とパレスチナ人が聖地で平和に暮らすことを願う者にとって、入植地が平和と共存の大きな障害であることは間違いない。それは、これらのアウトポストや非合法コミュニティの居住者によって意図的に引き起こされる、パレスチナ人との日々の摩擦の大きな一因なのである。しかし、ホメシュのような場所における法律違反者は、さらなる危険性をはらんでいる。彼らは国家と法体系全体を損ない、すでにイスラエルの司法制度の弱体化を引き起こしている。

皮肉なことに、彼らは犯罪行為をしているにもかかわらず、違反のたびに訴追され、処罰されるのではなく、代わりに治安部隊の保護を享受しているのだ。同様に懸念されるのは、心ない議員たちがホメシュを訪れ、立ち退きに抵抗するよう住民を励ますことで、彼らを積極的に支援していることである。悪党と議員の間に、これほどの不穏な関係があるだろうか。もし前者が法の裁きから逃れることができるのであれば、後者はその特権的な地位に値しないし、間違いなく国民の信頼も得られない。

ホメシュのイスラエル人入植者を排除することは、法と秩序を回復する行為であり、土地を奪われたパレスチナ人のために遅ればせながら正義を確保することになる。それは、パレスチナとイスラエルの両社会にとって害となる入植者たちに対して、イスラエル政府がその権威を主張するための最初の、そして歓迎すべき一歩となり得るのである。

・ ヨシ・メケルバーグ氏は国際関係学の教授を務め、チャタムハウスの中東・北アフリカプログラムでアソシエイトフェローを務めている。国際的な媒体、電子メディアに定期的に寄稿している。

ツイッター: @YMekelberg

特に人気
オススメ

return to top