Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ヒズボラとイランはレバノンの国境紛争に干渉すべきではない

ヒズボラとイランはレバノンの国境紛争に干渉すべきではない

イスラエルとレバノンの国境にあるラス・アル・ナクラの沖をパトロールするイスラエル海軍の艦船。(AFP)
イスラエルとレバノンの国境にあるラス・アル・ナクラの沖をパトロールするイスラエル海軍の艦船。(AFP)
Short Url:
11 Jun 2022 03:06:52 GMT9
11 Jun 2022 03:06:52 GMT9

新たに選出されたレバノン国会議員が国会議事堂に入場しているころ、イスラエルのリグが地中海にある紛争中のカリシュ海上天然ガス田に接近していた。そのどちらも、レバノンに良い結果はもたらさないだろう。新しいタイプの国会議員たちが、レバノンの古風な政治システムの力学と、それがいかに民意を封じ込めているかを理解し始めたのと同時に、私たちはレバノンが再び、その主権、より正確には国境を守ることに関して枷をはめられるのを目撃したのである。さらに悪いことに、レバノンは自国の国際協定を決定したり交渉したりする能力さえないのだ。

2020年に起きたベイルート港爆発事件で司法当局から逮捕状が出ている議員が行政・司法委員会のメンバーに選出されるのを目の当たりにし、希望に満ちた新議員たちにとっては悲しい国会のスタートとなったに違いない。アナリストが述べているように、ヒズボラは選挙に負けたというのに、どうして議会の財務・予算委員会に党のメンバーが入るのだろうか。答えは単純だ。政治体制がイラン占領下の一部であるからだ。それがこの結びつきを生み、腐敗を制度化しているのである。

占領された国が、自国の国境について自ら決定し、協定を結ぶことができないのは当然のことである。係争中のガス田をめぐっても、シェバア農場地区をめぐっても、レバノンは一言も口を開かない。決めるのも話すのも侵略者である。シェバア農場をめぐるイスラエルとの戦いは、結局、その土地がシリアかレバノンかという議論になった。一方、地中海にある係争中のガス田は、ヒズボラとイラン政権によるレバノンの支配と占領を象徴するものである。この国の運命はシリアかイランが決めることであり、その間、イスラエルは自由に行動することができる。

2010年以降、さまざまな調停の機会がありながら、レバノンは海洋問題の解決に向けた提案を一切受け入れていない。ミシェル・アウン大統領に代表されるように、レバノンは過激主義者的な主張と沈黙を繰り返しながら、その立場を変え続けてきた。例えば10年前、米国の調停は、係争地域の55%をレバノン、45%をイスラエルに与えるという画定を提示した。しかしレバノンはそれを受け入れなかった。そして、2020年に再び交渉が行われたとき、レバノンは南側の900キロメートル近くに達する領土のより大きな部分を主張した。しかし、この地域についてレバノンは公式な請願を行うことはなく、それがただの交渉戦術であることを自ら示したのだ。

もしレバノンが今日、米国が提案した最初の画定、あるいはさらに南方370キロメートルを主張する最新の立場を受け入れるなら、リグが到着したカリシュ油田はイスラエル領に該当することになる。つまり、アウン氏が憤慨してこれを非難しているように見えるとしても、彼は暗黙のうちにすでにこれに同意しているのである。

占領された国が、自国の国境について自ら決定し、協定を結ぶことができないのは当然のことである。

カレド・アブ・ザール

主な問題は、自国の地域から搾取することがレバノンの利益となり、一方でイスラエルはインフラを整備し始めることで同じことを狙っているということだ。レバノンの行動は、協定に署名することなく、既成事実化することで紛争を解決させるという政治的意志があることを示している。つまり、ヒズボラの命令を受けたアウン氏が、問題から目を反らしているのだ。レバノンはイスラエルと協定を結ぶことはできないが、2000年5月に同国南部で起きたようなイスラエルの一方的な撤退や分断は受け入れることができるのがその理由である。

アウン氏は国境画定に関する問題を黙認することはできるが、占領軍が協定に署名する権限はない。少なくとも、イランが米国とイスラエルから望むものを得るまでは、協定に署名する権限はないのだ。

もう一つの疑問は、付随的ではあるが、もしアウン氏が海上国境協定に署名したらどうなるのか、ということだ。レバノンがガスの権利のためにイスラエルと海上国境協定を結ぶ気があるのなら、なぜ隣国と起きているすべての国境紛争を交渉して解決しないのか、という疑問がすぐに湧いてくるだろう。明らかに、ヒズボラがまだ議会にいて、その同盟者が大統領を務めている間は、それは実現しない。レバノンがイラン軍に占領されている限り、それはありえないのだ。

さらに悲しいことに、レバノンが自前のリグを設置し、ガスの抽出と販売に成功したとしても、その収益が政治指導者への手数料に消えてしまうことは疑う余地はない。この現行のシステムにおいて、資金は占領者から、野党を含むすべての政治団体に流れることになるのだ。

それゆえに、国により大きな安定と収入をもたらす可能性が高い国境線に関する合意をなぜ避けるのか、と問うことが重要なのである。特に、世界が地政学を超えた多くのリスクに直面し、それがすべての市民の日常生活に影響を及ぼす可能性がある状況ではなおさらである。イスラエルと間接的に交渉しながら、レバノン人を見て弾圧、抵抗、敵の完全破壊を叫ぶ、自称レジスタンスの偽善をなぜ受け入れるのだろうか。答えはいつも同じだ。ヒズボラは、自分たちが犯すすべての犯罪を、抵抗のために必要だと主張して正当化しているのだ。アフリカにおける「ブラッド・ダイヤモンド」の取引から、アサド政権を支持するシリア人の殺害まで、ヒズボラはそのすべてを抑圧者と戦うための義務であると説明する。これをまだ信じている人がいるのだろうか。

カリシュのガス田をめぐる地中海の現状は、厳しい現実を指し示している。もしアウン氏が現在の取り決めを黙認し、抑止力であるはずのヒズボラもそれを容認するのであれば、なぜ国境を守るための武装集団であるヒズボラがまだ必要なのだろうか。さらに、なぜレバノンはイスラエルと直接交渉し、すべての国境問題を解決することを許されないのだろうか。今こそレバノンは、全領土に対する正当な主権を主張し、すべての外交政策ファイルを引き継ぐべき時なのだ。

・カレド・アブ・ザール氏はメディア・テック企業EurabiaのCEOであり、Al-Watan Al-Arabiの編集者も務めている。

特に人気
オススメ

return to top