Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 地球を守るため、湾岸諸国に続いて原子力を導入しよう

地球を守るため、湾岸諸国に続いて原子力を導入しよう

Short Url:
23 Jul 2022 03:07:37 GMT9
23 Jul 2022 03:07:37 GMT9

化石燃料の時代が徐々に終わりつつある今、世界経済の原動力である石油とガスを埋蔵する2つの国が、原子力発電のルネッサンスの最先端にいるという事実は、喜ばしい皮肉である。

UAEでは、すでにバラカ原子力発電所で発電を行っている。4基の原子炉をすべて稼働した場合、同国の電力の4分の1を賄うことができる。

サウジアラビアは、国運を変えた石油という素晴らしいギフトに恵まれただけでなく、原子力発電に必要な膨大なウラン資源にも恵まれており、国際原子力機関と共同で初の原子炉建設を計画中である。

この地域では、今後も石油やガスが産出され続けるだろう。しかし、両国が理解しているのは、化石燃料の生産と消費の即時停止を求める人々が認めようとしないのは、化石燃料による収益がなければ、再生可能エネルギーへの費用のかかる移行は容易には達成できない、ということである。

「ルネッサンス」という言葉は、約70年前に初めて電球を点灯させた技術には、奇妙な言葉に思えるかもしれない。しかし、化石燃料が豊富な時代において、原子力発電は多くの悪評を受けてきた。

その理由の一つは、原子力発電の技術が第二次世界大戦末期の日本への原爆投下と関連して汚名を受けているためであるが、この論理は、水で人が溺れることが知られているから、水を飲むのを拒否するのと同じようなものである。

また、災害の可能性を指摘する声もある。 このような反原発プロパガンダの最新の例が、ハーバード大学の歴史学者セルヒイ・プロキィ氏の『原子と灰』である。プロッキー氏は、チェルノブイリ、スリーマイル島、福島を筆頭とする原発事故に関する手垢の付いたカタログを嬉々としてまとめている。しかし、ある科学コメンテーターが指摘したように、こうした例は「原子力は私たちの未来を支える安全な選択肢ではないという彼の最終結論を的確に裏付けていない」のである。

原子炉設計の初期には、間違いや手抜きがあったことは間違いない。しかし、教訓を生かし、現代の原子炉は極めて安全なものとなっている。使用済み燃料の処理という厄介な問題も解決されつつある。

さらに言えば、原子力に対するSF的ヒステリーが蔓延しているにもかかわらず、大きな事故は2回しか起きていない。スリーマイル島では原子炉の一部がメルトダウンして犠牲者は出なかったが、その結果は多くの人が信じ込まされている内容よりもずっと軽微なものであった。

福島第一原子力発電所事故後、本来ならもっと分別があるはずの国々が、純粋に政治的な理由で原子力発電を放棄する方向にパニックを起こした。

ジョナサン・ゴーナル

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故は、現在までに46人の死者を出しているが、事故による死者数、放射線による健康への影響の大きさについては、多くの議論がなされている。いずれにせよ、この事故はソビエト時代の欠陥のある原子炉を、訓練が行き届いていない職員が操作したことが原因である。

福島第一原子力発電所は2011年、観測史上最大の地震によって発生した津波で被害を受けた。死者は出ていない。

こうした原発事故と化石燃料の犠牲者を比べてみてほしい。まず第一に、大気汚染のために毎年870万人が亡くなっていると推定されているし、石炭採掘のために無数の命が失われていることは言うまでもない。

どんな種類の大量エネルギー生産にも、リスクのないものは存在しない。1975年、中国の板橋の水力発電用ダムの決壊で17万人以上の死者を出した。しかし、世界は水力発電を断念しただだろうか。いや、断念していない。

しかし、福島第一原子力発電所事故後、本来ならもっと分別があるはずの国々が、純粋に政治的な理由でパニックに陥り、原子力発電を断念してしまった。ドイツは、全国的な反原発デモと緑の党への投票による圧力に直面し、事実上一夜にして原子力発電から手を引いたのである。

2011年まで、この国のエネルギーの25パーセントは17基の原子炉から得ていた。現在、稼働中の3基は今年中に停止することが決まっている。一方、ドイツは閉鎖した石炭火力発電所を再開しつつある。

現実には、原子力発電は究極的にクリーンで信頼性の高いエネルギー源である。風力、太陽光、水力も素晴らしいが、風が吹かず、太陽が照らず、水が流れない場合は、化石燃料か原子力の2択しかないのだ。

このことは、重要な決定を迅速に下し、行動することができるUAEやサウジアラビアが認識し、受け入れており、これらの国々の原子力分野におけるリーダーシップは、私たちすべての将来とって明るい兆しとなるであろう。

IAEAとの協力により、湾岸諸国は飛躍的に短期間で成果を上げる可能性を示し、世界の原子力産業がより小規模で安価な原子炉を開発できるよう促している。そして、このことが、さらに開発の遅れている他の国々が追随するための道を開いている。

世界の指導者たちが気候変動会議に集まるたびに、発展途上国が化石燃料への欲求を抑える必要性について、聖人ぶった議論が中心となって展開される。化石燃料の時代を築き、石炭と石油で経済を動かしてきた欧州諸国からそんな言葉が出てくるとは、笑えるほど偽善的な話である。

欧米諸国は、破壊的な環境保護団体に立ち向かい、原子力を地球を守る技術として認め、発展途上国に化石燃料の習慣をやめて経済成長を阻害するようなことを言うのではなく、原子力を受け入れるために必要な資金とノウハウを提供し発展途上国を支援するべきである。

原子力がなければ、世界は破滅してしまうかもしれない。2005年、世界の電力の66.5パーセントが化石燃料の燃焼によって発電されていた。2019年には63パーセントになった。14年間で、ほとんど何も進歩していないのである。

UAEとサウジアラビアが認識しているように、その解決策は原子力である。世界は今こそ成長し、原子力に対する無分別な態度を改め、彼らのリーダーシップに従うべき時である。

  • ジョナサン・ゴーナル氏は、元タイムズ紙の英国人ジャーナリストで、中東での在住・勤務経験を持つ。著作権:Syndication Bureau

 

topics
特に人気
オススメ

return to top