Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ディルイーヤはサウジアラビアの明るい未来の拠り所

ディルイーヤはサウジアラビアの明るい未来の拠り所

Short Url:
05 Aug 2022 12:08:47 GMT9
05 Aug 2022 12:08:47 GMT9

ジェリー・インゼリーロ

人生において、歴史に残り、業界の流れを変えるようなことに参加する機会は、ごく稀にしかないだろう。私はこれまで、幸運にもそのような機会に何度か恵まれてきた。しかし、サウジアラビアで二聖モスクの守護者サルマン国王とムハンマド・ビン・サルマン皇太子が行っていることの規模に匹敵するようなことは、これまでに経験したことがない。

私は光栄にも、ディルイーヤ・ゲート開発局(DGDA)のグループCEOという一生に一度の機会を得て、サウジアラビアの発祥地の修復に携わるよう依頼された。

DGDAの5周年を記念すると共に、サウジアラビア王国史における記念すべき年を迎える。300年前の2月、サウジアラビア初の国家が設立された。この最初の国家において、ディルイーヤはサウジアラビア王室の最初の本拠地となり、1727年から1818年まで第1次サウード王朝下のディルイーヤ首長国の首都として機能した。

ユネスコの世界遺産に登録されているアル・トライフに囲まれたディルイーヤは、現在、サウジアラビアの風景の中で非常に特別な位置を占めている。特にサウジアラビア国家の発祥地であることから、サウジアラビアの人々はディルイーヤに強い誇りを抱いている。

私たちが前進するとき、過去に敬意を払い、今住んでいる土地の豊かな文化遺産を高めることが最も重要だ。私たちが共有する現在は、過去を認識し、未来を実現するための貴重な機会である。DGDAは、この刺激的なビジョンを具現化できることを誇りに感じている。

どんな計画も、その独自性は場所から始まる。私たちが目指しているのは、ディルイーヤという場所を訪れる人々と真の繋がりを築けるような体験を提供することだ。その方法の1つが、アル・トライフ周辺での建築である。このような目玉を誇ることができる新しい開発は、世界でもそう多くはない。

文化と遺産は、私たちがディルイーヤで行うすべての基礎であり、開発の全段階において、私たちの戦略に織り込まれている。ディルイーヤは、何よりもまず文化の場であるということが、私たちの出発点だ。

それが、他の多目的開発、あるいは他の巨大プロジェクトと私たちとの違いである。私たちDGDAは、このサウジアラビアの偉大な遺産の守護者であり、それを保存し、共有し、世界と共に祝福するという特権を与えられているという事実だ。

2020年9月以降、DGDAはスタッフの人数を2倍以上に増やし、現在では4つの基本計画全体で1,000人を超えるスタッフを雇用している。サウジアラビア国内および国際的に最高水準の開発と認められているものを提供することに重点を置き、当局全体で85%のサウジ人従業員率でサウジアラビアの未来に投資している。

サウジアラビアの国内労働力の向上と強化に向けた取り組みを考慮し、当社のチームの85%はサウジアラビア人で構成されており、そのうち36%は女性で、そのサウジ人女性たちの16%は管理職を務めている。

私がDGDAについて特に誇りに思っていることの1つは、ディルイーヤの人々が目標を達成できるようにするためのDGDAのコミットメントとその成果だ。

DGDAはこれまでも、そしてこれからも、現地コミュニティーを祝福し、社会的、文化的、歴史的な業績を紹介し、サウジ国家のルーツと繋がり、コミュニティーのために可能な限り最高の未来を築くための強固な基盤を作り続ける。

そのため、スタッフの14%はディルイーヤ出身で、サウジアラビアで最も優秀な人材の一部を含む。

誇れるものはたくさんある。ディルイーヤは、世界最大級の文化・遺産の地、および世界有数の集いの場を創造することを目的としており、世界で最も大きく、最も複雑な開発の1つだ。

ディルイーヤは、ホテル、住居、オフィス、レストラン、小売店などにわたって、現代的で豪華な6つ星の価値とともに、伝統的なナジュド建築の類型をシームレスに統合している。

ディルイーヤは、「サウジ・ビジョン2030」計画とどのように結びついているのだろうか?その答えは、2030年に近づくにつれ、はっきりとしてくるだろう。その前提として、サウジアラビアの偉大さはその輝かしい未来だけで測られるべきものではなく、サウジアラビアの偉大さはその過去に基づくべきだとサルマン国王とムハンマド・ビン・サルマン皇太子は感じている。

つまり、サウジアラビアはその未来だけではない。サウジ人たちが言っているのは、「私たちは今時計を進め始めているのではない。私たちは300年前に時計をスタートさせたのだ」ということだ。したがって、フランスの豊かな歴史、英国の豊かな歴史、スペインの豊かな歴史を祝うのと同じように、サウジアラビアは自らの歴史を祝うことができる。

しかし、どのように自身の歴史を祝うのだろうか?経済的な観点から祝うのだろうか?国王と皇太子は、文化や遺産によって定義される豊かな国のアイデンティティーを祝いたいと考えている。

なので私たちは、30年や40年の新しい文化や遺産を持ち込むのではなく、300年のものを持ち込もうとしている。だからこそディルイーヤは、輝かしい未来が何であるかを示す拠り所なのだ。ディルイーヤは、単なる巨大プロジェクトではない。ディルイーヤは、サウジアラビアのアイデンティティーと精神の基盤をなすものであるゆえに、非常に重要であり、精神は金銭では測れない。精神は文化と人々で測られる。だからこそ、非常に重要なのだ。

この地は象徴的な観光地となり、サウジアラビアとより広いアラビア半島の物語が始まった場所と同義になることだろう。

私個人としては、巨大プロジェクトの基本計画で示されたビジョンを実現したときが、成功のときだと考えている。それは、ディルイーヤが本当に世界の文化と遺産の中心地の1つであり、巨大な歴史的遺産にふさわしい敬意が表されていることを世界に示すことができるときだ。

それは、アル・トライフの扉を世界に初めて開くときに始まる。

短期的には、特に建設と開発の面で大きな成功を収め、より大きな目標に向かっていくための重要な基盤を得ることができた。長期的には、ディルイーヤがサウジアラビアのGDPに貢献し、推定55,000人分の雇用を創出し、年間目標3,000万人の観光客を呼び込むことができれば成功だ。

プロジェクトの成功の尺度としては、サウジアラビア訪問者数は、実は最も小さな要素の1つだ。成功の大きな要素は、すべてのサウジアラビア人が先祖の故郷を再認識し、それが国家の誇りであり、アイデンティティーの源であることを再認識することである。

それが主要な成功の尺度である。言い換えれば 「私たち国民は、ここから始まった。ここが故郷だ。ここがアラビア半島の始まりの地だ。中東で最大の経済規模、3,500万人の人口を持ち、G20のメンバーである」

私たちの業績と賞賛は、サウジアラビアの指導者の永続的な支援と信頼なしにはあり得なかっただろう。サルマン国王の、愛する王国への献身と、サウジアラビアの継続的な繁栄にのみ寄与するプロジェクトの後援に感謝したい。

また、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子に、ディルイーヤが現在の段階に進むことを可能にしたダイナミックなビジョンについて感謝したい。今秋のオープンに向けた入口に立っているが、ディルイーヤは、サウジアラビアのリーダーシップによって、世界の文化や商業が集う場所として存在感を示すだろう。

「ビジョン2030」の実現、そしてディルイーヤのコミュニティーを大切にし貢献する約束へと前進する私たちは、DGDAがもはや目標ではなく、現実であることを大変誇りに思っている。

ジェリー・インゼリーロ氏は、ディルイーヤ・ゲート開発局のグループCEOである。

特に人気
オススメ

return to top