Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 意欲的な産業戦略によって維持するサウジの地政学的役割

意欲的な産業戦略によって維持するサウジの地政学的役割

Short Url:
28 Oct 2022 04:10:27 GMT9

先週、サウジアラビアは国家産業戦略を発表した。これは、原油の採掘と輸出への依存から離れ、経済がより多様化するための道筋を示している。またこれは、地政学的な主要な立場としてこの王国が地域および国際的な役割を維持するための重要なツールでもある。

この新しい戦略は、昨年の国家投資戦略を補い、変革プロセスの重要なステップとなる。2030年までに国内総生産における民間部門の貢献を65%に増やし、対外直接投資の割合をGDPの5.7%に拡大し、石油以外の輸出を16%から50%に引き上げ、同時にサウジ国民の失業率を11%から7%に引き下げることを目指して構成されている。

また、2019年の国家産業開発およびロジスティクス・プログラムの成功に基づいて、エネルギー、鉱業、産業、物流の4つの主要セクターを統合および開発する。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、新しい戦略を立ち上げる際の発言の中で、サウジアラビアは競争力のある持続可能な産業経済になるためのすべての必要条件を備えており、グローバルなサプライチェーンの確保とハイテク製品の輸出に貢献できると述べた。この戦略はかなり高い目標を設定しており、例えば、2030年までに工業GDPを現在の約910億ドルから2390億ドルまでほぼ3倍に拡大するというものである。また、産業輸出を2030年までに少なくとも1490億ドル、2035年までに2370億ドルに増やし、ハイテク製品の輸出を6倍に増やすことも目指している。

この戦略によって設定された将来のペースは、息を呑むほど速い。公式の数字によると、1973年から2015年の間にできた産業工場は7206にすぎない。2015年にビジョン2030が開始されて以来、さらに3434の工場が開設され、7年間で48%増加している。しかし、この戦略では、2035年までに工場の数が338%増加して36,000に達すると予測されており、少なくとも2つの自動車工場で300,000台の車を生産し、3つの新しいワクチン工場、4 つの航空機部品工場、15のインターネット関連商品専門工場が含まれる。

産業の拡大は、12のサブセクターに焦点を当て、800件以上の投資機会を提供し、その価格は約2670億ドル相当となる。この戦略では、約3470億ドルの新たな産業投資を呼び込み、この分野において何万もの高価値、高技術の雇用を生み出すことを目指している。

10月18日に開催された大規模な第1回会合に多数の代表者が参加した民間部門が、この戦略の主導権を握ることを期待されており、政府機関はそのリーダーシップを可能にし、権力を与える必要がある。政府は、一貫し迅速なその実施のために、皇太子率いる最高産業委員会を設置した。さらに、意思決定と政策策定に民間企業が参加できるよう産業委員会が設立された。

この国は、石油の重要性と価値が衰える前に経済の多様化を急ぐため、困難ではあるが不可能ではない目標を掲げた野心的な産業戦略を必要としている。

アブデル・アジーズ・アルウェイシグ

サウジアラビアは世界第4位の石油化学生産国であるが、エネルギー相のサルマン・ビン・アブドルアズィーズ王子は、それだけでは十分ではないと述べた。彼は、この新しい戦略にそって、国が中間製品に焦点をあてるのではなく、石油化学製品を使用してよりハイエンドの製品を生産することに移行するよう望んでいる。同国は2035年までに年間約80万トンの高級石油化学製品を生産するつもりでいる。新しい産業政策の主要な設計者であるエネルギー大臣は、過去の工業化、特に製造業のペースの遅さについて率直に述べた。彼はそれを政府機関の「分割化」、つまり官僚機構の孤立と工業化への「政府全体」のアプローチの欠如のせいだと非難した。

新しい戦略がスピードを要求するには理由がある。当局者は、石油が主要なエネルギー源としては衰退していると多くの人が感じていることを利用したいと考えている。石油がその地位を失うと、サウジアラビアや他の生産国がそれを単なるエネルギー源としてではなく、中間製品として他の産業と関連を持たせない限り、その価格は取り返しのつかないほど下落する恐れがある。

オープニングで関係者は、多様化のペースを加速させたいという願望を反映していた。彼らは、中国、インド、日本、韓国が数十年にわたって行ってきたことを、今後10年間で行うつもりであると述べた。野心的な目標は、その決意を明らかにしている。

当局者は困難な課題も率直に認め、克服に向けて取り組んでいると主張した。投資大臣の ハリード アル ファーリファ氏は、工業化の望ましいペースと同じ速度で法律や規制を進める必要があると述べた。彼はまた、国の熟練労働者とクラウドコンピューティング能力の不足といった投資家の懸念、また新しい戦略の目標を達成することを困難にし得る制限について言及した。

サウジアラビアは、石油の重要性と価値の衰退前に経済の多様化を急ぐうえで、困難ではあるが不可能ではない目標を掲げた野心的な産業戦略を必要としている。それは、新しい統治機関がハイエンド製造の進化する要求に取り組み、すでに特定されている課題や将来出現する課題に対処できるかどうかにかかっている。

しかし、サウジアラビアの経済的な健全性は、地域および国際的な安全と繁栄にとっても重要である。今年、サウジアラビアは GDPが1兆ドルを超えるというマイルストーンを達成し、その目標を達成した18番目の国となった。その莫大な富により、同社は地域的に重要な役割、そして世界的に成長する役割を果たしている。また、そのおかげで、同国はイスラム教の聖地として毎年訪れる何百万人もの巡礼者を受け入れることもできる。サウジアラビアはまた、近隣諸国がパンデミック関連の経済減速やウクライナ戦争によって引き起こされた食糧不足を乗り切るのを助けるため、その富を活用した。

地域的および国際的な安全保障、安定性、繁栄への貢献を維持し、3500万人以上の人口増加に対応し続けるために、サウジアラビアは、石油の次の世代となる未来でも世界で最も裕福な国としての地位を保証する計画を必要としている。

  • アブデル・アジーズ・アルウェイシグ博士は、GCCの政治問題と交渉担当事務次長補であり、アラブ・ニュースのコラムニストである。この記事で表現されている見解は個人的なものであり、必ずしもGCCの見解を表すものではない。ツイッター:@abuhamad1
特に人気
オススメ

return to top