Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ観光・国家遺産委員会:サウジアラビアは観光業をGDPの10%にまで高める

サウジ観光・国家遺産委員会:サウジアラビアは観光業をGDPの10%にまで高める

28 Oct 2019
2019年9月25日、リヤドでのロイター通信とのインタビュー中に身振り手振りで話すサウジアラビア観光・国家遺産委員会アフマッド・アル・ハティーブ会長。(ロイター通信)
2019年9月25日、リヤドでのロイター通信とのインタビュー中に身振り手振りで話すサウジアラビア観光・国家遺産委員会アフマッド・アル・ハティーブ会長。(ロイター通信)
Updated 28 Oct 2019
28 Oct 2019

SPA、北海道

  • アル・ハティーブは、繁栄する社会と多様性のある経済の構築するためのビジョン2030の目標に沿った、急成長を遂げている観光産業を発展させるためのサウジアラビアの戦略について明らかにした

サウジアラビアは、日本で行われたG20観光大臣会合で、サウジ観光・国家遺産委員会のアフマッド・アル・ハティーブ会長の発言の中で、観光業の未来に関する同国のビジョンを明らかにした。

アル・ハティーブは繁栄する社会と多様性のある経済の構築するためのビジョン2030の目標に沿った、急成長を遂げている観光産業を発展させるためのサウジアラビアの戦略について明らかにした。彼はまた、国連の持続可能な開発目標への更なる観光業の貢献に対する同王国の責務についても強調した。

同会合は、サウジアラビアに対し、同王国が2020年のG20の議長国を担う予定の中、世界で最も急成長を遂げている経済分野の1つである観光業を議論の主要な議題の中に据える同国の計画の概要について発表する機会を与えた。

アル・ハティーブは次のように語った:「我々の戦略は、観光業をサウジアラビアの国内総生産の3%から10%に成長させ、来訪者数を2030年までに年間1800万人から1億人にまで増加させるというものです。これにより今度は、合計で150万人の雇用を、つまり、特に若い人の間で、労働人口全体の10%を占める雇用が生まれることになります。観光業によって影響を受ける地元社会の経済的、環境的、社会的健全性を保護しながら、この目標を達成するために、観光業のエコシステム全体を通じて、我々のパートナーとの連携に務めて行きます」。

topics
Most Popular
Recommended

return to top