Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア人は学校で批判的思考と哲学の授業を心待ちにしている

サウジアラビア人は学校で批判的思考と哲学の授業を心待ちにしている

科目の導入は、価値観や信条の異なる人々への寛容な態度を促し、暴力的過激さをなくすことを目的としています。(SPA)
科目の導入は、価値観や信条の異なる人々への寛容な態度を促し、暴力的過激さをなくすことを目的としています。(SPA)
Short Url:
18 Nov 2020 11:11:02 GMT9
18 Nov 2020 11:11:02 GMT9
  • この科目が寛容性と理解力を高め、生徒たちが自分で考えることを促すことが期待されている。

Aseel Bashraheel

ジェッダ:ハマド・アル・アシェイク教育大臣は、サウジアラビアの学校で批判的思考と哲学のクラスを導入するための準備をしている、と語った。サウジの教育者と学生はこのニュースを歓迎している。

大臣は月曜日、国際寛容デーを記念してキング・アブドゥル・アジズ・センター・フォー・ナショナル・ダイアログが主催するイベントの中で、2018年12月に初めて発表された計画の更新を行った。科目の導入は、異なる価値観や信仰を持つ人々に対するより寛容な態度を奨励し、暴力的過激主義を排除することを目的としている。

「教育省は、学生の人格、思考、行動を対象とした複数の実践を通じて、社会における寛容性を強化する柱として機能する、学生サークルにおける寛容性と人間理解の価値観を確固たるものにしようとしている」とアル・アシェイク氏は述べた。

マッカのウンム・アル・クラー大学で18年間英語を教えてきたアブドゥルラーマン・アル・ハイダリ講師は、学生に自分で考えるよう促す挑戦的な質問をすることの重要性を常に感じていると語った。

「私の考えでは、成功する教師とは、生徒が自分の伝えたい意味を伝える能力を高める教師だと考えています」。これを怠っている教育者は、生徒を「教科書で紹介されているのと同じフレーズを真似して再現するだけの、単純なルート学習に制限してしまう」と彼は付け加えた。

彼が教師として直面する最大の課題は、生徒たちに、自分とは異なる意見を含め、自分の考えやアイデアの理解ができるように促すことだという。

「今日の私たちのニーズは、新しい考え方を形成するための新たな課題 - 私たちが受け継いだものに対し、正直で確固たるアイデンティティを維持するための課題 - と 同時に、他の世界観や信念を許容し、受け入れるためのより大きな余裕を許容しています。

まだ比較的新しい、近代的な教育制度は、「イスラム教徒としてのアイデンティティとサウジアラビア人としての一体感を新しい国家にもたらすこと」に集中していた前時代の制度の「書き換え」だという。

批判的思考や哲学などの新しい科目を導入することで、国家の安全保障にも影響を与えることができるとアル・ハイダリ氏は考えている。

「我が国の偉大な遺産と、イスラム教と二つの聖なるモスクの管理者としてのロケーションのために、現在の教育システムは、イスラム教の信仰に強く執着している学習者を生み出している。「若者に確固たる批判的思考能力を与えることなく、単に彼らを危険な目に遭わせ、偽のイスラム主義者を装った邪悪な政治団体の影響を受けやすくしているだけである」

ジェッダの大学で英語講師を務めるサラ・アルリファイ氏は、新しい科目の導入を強く支持しているという。

「批判的思考や哲学をカリキュラムに導入することで、学生は学習経験を自らのものにすることができます」と彼女は話した。「彼らは、枠にとらわれずに考え、正しい質問をし、より創造的になり、問題を解決し、正しい決断をする方法を学ぶ」

これらのスキルは、若者が直面するであろう現実の課題を乗り越えることのできる大人として、多様な職場環境に参加するための準備を整えるのに役立つものであると付け加えました。

アル・リファイは、国のビジョン2030開発計画の主要な利害関係者であるサウジアラビアの若者に投資していることが重要だとしている。

「生徒が批判的思考力を養い、人生に関連する様々な哲学に親しむことで、異なる意見を受け入れ、尊重し、異なる視点から人生を見るようになる」と彼女は述べた。「それゆえ、彼らは文化的に多様な社会に生きることをより受け入れ、寛容になるのです」

政治学と理論の卒業生であるアブダン・アル・アブダン氏は、カリキュラムにこの科目が追加されることで、若者たちはソーシャルメディアの誤りに疑問を持つようになるだろうと述べた。

このステップは、国の繁栄の一員としての市民が、議論や物語、または基本的な対話を通して明確に考え、論理的な誤りに疑問を持ち始めるのを助けるのである」と彼は言った。

「これは、彼らが読んだり見たりするものに対してより分析的なアプローチを採用するのに役立ち、何が真実で何が誤っているのかを区別するのに役立つだろう」と付け加えた。

アル・アブダン氏は、新しいクラスには歴史や古代ギリシャ哲学、そしてアラブ人が暗黒時代にどのように知識を保存したかについての入門的な授業が含まれることを期待している。

「歴史を通して哲学を解明することで、学生の哲学の祖先の役割に言及することは非常に重要だ」と氏は述べた。「そうすれば、生徒たちはそれが新しい知識ではなく、私たちの先祖が参加し、インプットしたものであることに気づくことができる」

「多くのアラブ人がギリシャ哲学の上に成り立っているように、この方法で生徒たちは教えられていることにつながりを感じ、投資することができるでしょう」

特に人気
オススメ

return to top