Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラブニュースからメリークリスマス

アラブニュースからメリークリスマス

Short Url:
25 Dec 2022 05:12:58 GMT9
25 Dec 2022 05:12:58 GMT9

世界中の何百万人もの人々がキリストの誕生を祝う中、我々アラブニュースはこの機会に、サウジアラビア内外のすべてのキリスト教徒の読者のクリスマスを祝福する。

また、この機会に新しい制度を始めることにした。つまり、サウジアラビア国内の印刷版の購読者に、アラブニュース史上初となるクリスマス版を印刷版でお届けする。同時に、我々のオンラインのフォロワーはデジタルプラットフォームを介して、我々の質の高いジャーナリズムを楽しむことができ、サウジアラビアの都市や中東全域における祝祭シーズンとそれを祝う方法に関する記事をすべて読むことができる。

もちろん、こういったことはすでに世界のほとんどの国で行われているが、サウジアラビア王国では初めてのことであり、「遅れても来ないよりはまし」という古い諺を思い出していただきたい。

実際、この象徴的なクリスマス版は、このように単純なアイデアではあるが、我々の賢明なリーダーシップの下でサウジアラビアが経験してきた目覚しい改革がなければ実現しなかったことであり、そのリーダーシップは明らかに、より大きな宗教的寛容と共存の新時代をもたらしたのである。

実際、この取り組みは、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下がこの6年間に達成した大きなマイルストーン(カンタベリー大主教やコプト教皇を含むあらゆるアブラハムの宗教の聖職者たちと面会してサウジアラビアに招待するなど)に比べれば、取るに足らないものである。

我々のリーダーシップは明らかに、より大きな宗教的寛容と共存の新時代をもたらした

ファイサル・J・アッバス

皇太子殿下は2017年の未来投資イニシアティブ第1版における公式声明で、サウジアラビアを「穏健なイスラム」に戻すことを誓い、過激な思想への対処にこれ以上無駄な時間はないと述べた。

それ以来サウジアラビアは、後見法や女性に対するあらゆる形態の差別を撤廃するなど、他にも多くの画期的な社会的・規制的変化を経験してきた。これには、服装規定や、2017年に廃止された悪名高い運転禁止令も含まれている。さらに我々は、サウジアラビアの労働人口における女性の割合が35%以上に倍増したことを祝ったばかりだ。

これについても、批評家は不十分だと言うかもしれない。しかし、わずか6年前と現在のサウジアラビアの状況を比較してみればいい。もちろん皮肉屋は、サウジアラビアの新聞の編集者がこのように言うことを期待されているからだと言うだろうが、私の言葉を信じないのであれば、反ユダヤ主義の米国特使であるデボラ・リップシュタット氏の言葉はどうだろうか。

リップシュタット氏は昨年6月にリヤドを訪問した際、アラブニュースのインタビューで、「サウジアラビア王国が取り組んでいる変化に圧倒されています。その道のりは長いですが、着実にその道を進んでいますね」と語っている。

批評家はまた、上記のすべてを、近隣のイランで起きていることと比較する必要がある。そこでは、サウジアラビアの女性が現在基本的権利として享受しているものを享受することを要求しただけで、罪のない女性が野蛮なイスラム教徒に殺されているのだ。

悲しいことに、つい最近恐ろしいタリバン政権によって大学教育を受けることを禁じられたアフガニスタン人女性にも、同じことが当てはまる。

そこで、今年のクリスマスは、イランとアフガニスタンの女性たちが、このような時代遅れで差別的で非人道的な慣習から解放されることを祈りたいと思う。

今年のクリスマスは、イランとアフガニスタンの女性たちが、時代遅れで差別的で非人道的な慣習から解放されることを祈りたいと思う

ファイサル・J・アッバス

アラブニュースのクリスマス版は今後、毎年恒例となる。それは、サウジアラビアの改革環境に沿った、これまでのいくつかの編集決定の補足として行われる。たとえば、我々は2019年に、ユダヤ教の信者にシャナ・トヴァを祈ることを初めて行い、デジタル界を徘徊するあらゆる反ユダヤ主義者から寄せられた批判をすべて受け入れた。

我々はユダヤ人読者に対して、イスラエルとパレスチナの紛争は国連が定義した占領地をめぐる紛争であり、宗教的な亀裂として描かれ続けることは許されないし、許されるべきではないという我々の信念に沿って行動する。我々はこのような理由から、あらゆる批判を受けながらも、ラビのマーク・シュナイアー氏、世界ユダヤ人会議議長のローランド・S・ローダー氏、そして著名な学者のヨシ・メケルバーグ氏を、尊敬すべきコラムニストに迎えているのだ。

この数年間、アラブニュース調査研究ユニットは「マイノリティ・リポート」と呼ばれる特別シリーズも立ち上げ、定期的にこの地域のマイノリティに光を当てている。これまでこのシリーズでは、ドゥルーズ派、レバノンのユダヤ人、コプト教徒などを取り上げてきた。2018年には、憎悪をあおり立てるいわゆる宗教学者たちを貶める百科事典ページ「憎悪の伝道師」も立ち上げた。これにはすべての宗教が含まれ、長期間にわたって説いて広めた過激派の毒の責任を問われなかったサウジアラビアの伝道師から始まった。

我々は当時、このシリーズを「不寛容に寛容はあってはならない」というスローガンで立ち上げたが、それが当時の我々の願いであったように、現在も未来も我々の願いであり続けている。

皆様、メリークリスマス!

  • ファイサル・J・アッバス氏はアラブニュースの編集長である。

    Twitter
    @FaisalJAbbas
特に人気
オススメ

return to top