Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サルマン国王人道援助救援センターがイエメンの孤児を世話する家族を支援

サルマン国王人道援助救援センターがイエメンの孤児を世話する家族を支援

同センターはイエメンの県全体で550以上のプロジェクトを実施した。 (SPA)
同センターはイエメンの県全体で550以上のプロジェクトを実施した。 (SPA)
Short Url:
10 Jan 2021 02:01:04 GMT9
10 Jan 2021 02:01:04 GMT9

アラブニュース

サルマン国王人道援助救援センター(KSrelief)はアデンで式典が行われている間、孤児を世話しているイエメンの家族に専門機器を手渡した。

イエメンのモハメド・アル=ザオウリ社会問題大臣によれば、その手配は「安全の種」プログラムの一環であり、同国の重要な市民層を支援するにあたり、不可欠な役割を果たしている。

アデンのKSreliefプロジェクトのコーディネーターであるアブドゥッラー・アル=タイヤール氏は、同センターがイエメンの県全体で550以上のプロジェクトを実施したと述べた。

「安全の種」プロジェクトのディレクター、イマネ・アル=ズバイリ氏は、同プログラムが1年間運営され、その間にアデンやタイズ、マリブ、同国西海岸の孤児の世話ができるよう、600人の女性を支援したと話した。

センターは、写真やインセンス作り、裁縫、パン作りなどの研修コースを開催してきた。

特に人気
オススメ

return to top