Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アブドルアジズ国王科学技術都市と世界経済フォーラムが協力協定に調印

アブドルアジズ国王科学技術都市と世界経済フォーラムが協力協定に調印

07 Nov 2019
このイベントには、WEFの創設者兼会長であるクラウス・シュワブ教授と、KACSTのアナス・ファリス・アル・ファリス所長が出席した。(SPA)
このイベントには、WEFの創設者兼会長であるクラウス・シュワブ教授と、KACSTのアナス・ファリス・アル・ファリス所長が出席した。(SPA)
Updated 07 Nov 2019
07 Nov 2019

リヤド:アブドルアジズ国王科学技術都市(KACST)と世界経済フォーラム(WEF)は、サウジアラビアの第4次産業革命に向けた世界センターを設立するための協力協定に調印した。 

同センターは、必要な要件に備えるためにさまざまな分野間の協力を強化し、サウジアラビア人をその分野の先駆者となるよう訓練し、サウジアラビアの経済および科学分野を支援することを目指している。

この協定は、6日、リヤドにあるKACST本部で開催された対話セッションの際に締結された。

第4次産業革命に関連する利益を高め、そのリスクを制限する規制を考案し導くよう政府、民間、事業部門、学界、市民社会の利害関係者を促すプロジェクトを立ち上げることに焦点が当てられた。

このイベントには、WEFの創設者兼会長であるクラウス・シュワブ教授と、KACSTのアナス・ファリス・アル・ファリス所長が出席した。

地域および国際協力の見通しとサウジアラビアおよびアラブ諸国の経済を支援する上での当センターの役割について議論が行われた。

この新しくできたセンターは、サウジアラビアの公共および民間部門と協力し、革命のいくつかの科学的および技術的成果の柔軟なガバナンスのための実用的なポリシーを開発し導く、第4次産業革命のグローバルな研究および執行組織になることを目指している。

このセンターは、才能のあるサウジアラビア人にトレーニングとフェローシップ・プログラムを通じ先駆者の世代を育てるトレーニングの機会を提供する。

また、資格を持った指導者を第4次産業革命センターのネットワークに統合することも可能にする。

こういった協力により、当センターは、政府職員、企業指導者、市民社会、技術指導者とともに参加し、革命の技術を管理することにより、技術活動をサウジアラビアの産業部門に向けることができるようになる。

SPA

topics
Most Popular
Recommended

return to top