Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの医師が、がんの子どもたちを元気づける

サウジアラビアの医師が、がんの子どもたちを元気づける

Short Url:
18 Feb 2021 11:02:09 GMT9
18 Feb 2021 11:02:09 GMT9
  • ナビラ・ビン・スライマン博士は、病気と闘う子どもたちのために帽子を作るプロジェクト「ニュー・スマイル」を立ち上げた

Huda Bashatah

ジッダ:ナビラ・ビン・スライマン博士は幼い頃に編み物を習っていた。今ではビン・スライマン博士の編み物への情熱がアラブ世界の子どもたちを支援している。

ビン・スライマン氏は、がんに苦しむ子どもたちに手作りの帽子を提供するプロジェクト「ニュー・スマイル」を立ち上げた。このプロジェクトはサウジアラビアを拠点としている。ビン・スライマン氏は、病気と闘っている間に髪の毛を失った患者に帽子やビーニー帽をデザイン、製造、配送する40人以上のボランティアグループを率いている。

ジッダにあるキングファイサル専門病院&研究センターで働く4児の母のビン・スライマン氏は、「化学療法のために髪の毛が抜けてしまったたくさんの子どもたちに病院で会いました」と話す。

「彼らは頭を隠すために普通の帽子を被ることもあれば、何も被らないこともあります。恥ずかしくて親の後ろに隠れようとすることもあります」

ビン・スライマン氏は、がんの研究と治療を専門とする三次病院で働いていたことに加え、ソーシャルメディアで見た動画がきっかけとなってニュー・スマイルを立ち上げた。



動画の中では、米国の女性グループが糸から帽子を作ることでがん患者を支援するプロジェクト「The Magic Yarn」を立ち上げていた。

ビン・スライマン氏の最初の帽子は本物の髪の毛のような糸を使ったもので、がん治療のために髪の毛を失った3歳の女の子、ラフィフさんに贈られた。

「子どもの反応は驚くべきもので、誰もが衝撃を受けました。私がビーニー帽を被せるとすぐに、彼女は病院の廊下を走り回って幸せそうに踊ったり、新しいビーニー帽を見せびらかすために看護師のところに行ったりし始めました」とビン・スライマン氏は説明した。

ビン・スライマン氏が、この新しい非営利ベンチャーに加わる他のサウジアラビア人の裁縫師をWhatsAppで募集するようになるまで時間はかからなかった。

これらの帽子は、オーガニックコットンの糸と高品質の原材料を使って手作りされている。ビン・スライマン氏は、裁縫師たちは助けようとしている人たちに細心の注意を払っていると言う。

「がん患者の皮膚は非常に敏感で、頭皮のただれに苦しむ患者もいます」とビン・スライマン氏は話す。

「そのため、簡単に洗えるアレルギー物質を含んだ糸を使わないようにしています。帽子は長持ちし、天候の変化にも耐えることができます」

ニュー・スマイルは立ち上げの初年度に、キングファイサル専門病院&研究センターやキングハリド大学病院などリヤドの複数の病院と提携した。また、このプロジェクトでは、両親、医師、そして看護師の要望により、民間病院の一部の患者にビーニー帽や帽子を配布した。

プロジェクトの2年目には、ビン・スライマン氏はチュニジアで美しい絹糸を発見し、その絹糸を使って子どもたちに本物の髪の毛のような柔らかい帽子を作った。

「3年目には、最も単純なものに対する子どもたちの反応に触発されて、新しいコレクションを追加しました。そこで、友人のディナ・ジャムジョームの助けを借りて、人形を作り始めました」とビン・スライマン氏は話した。

帽子や人形は、生後6か月から10代までの子どもたちを対象にデザインされている。グループの人気がサウジアラビア国内で上昇し始めたため、ビン・スライマン氏はさらに大きなことを考え始めた。

「プロジェクトは拡大し始め、いくつかのアラブ諸国に製品を配布し始めました」とビン・スライマン氏は話した。

帽子や人形は、エジプトの小児がん病院、ヨルダンのラニア・アル・アブドラ王妃小児病院、オマーンのスルタン・カブース総合がんセンターに送られた。

一部の製品はチュニジアやスーダンの病院にも送られた。

2020年には、コロナウイルス(COVID-19)の流行で帽子や人形の流通が停止し、同グループは困難に直面した。しかし生産は継続され、今では同グループには送り出す準備ができた製品の在庫がある。

ビン・スライマン氏は、「ボランティアの人たちは1秒たりとも休まずにビーニー帽や人形を作りました」と述べた。

「彼らは愛情を持って製品を作っています。私は彼らに製品をさらに作るために必要な道具を供給し続けているので、状況が通常に戻れば、製品の配布を再開することができます」

昨年、聖なる月ラマダンの到来を前に、ニュー・スマイルは母親たちにコーランのカバーを配布して元気づけた。同グループはまた、「イードの子羊」などの行事にちなんだ人形を配布したほか、子どもたちに人気の漫画のキャラクターを制作した。

また、キングファイサル専門病院のワリーフ慈善財団がニュー・スマイルに財政支援を提供したのはパンデミックの只中だった。

ビン・スライマン氏は「この慈善団体は、プロジェクトに必要なすべての資金を提供してくれました。これまでの2年間は、資金提供者も融資提供者もおらず、個人的な努力とメンバー間の協力だけがありました」と話した。

同プロジェクトのボランティアは様々な都市や国から集まっており、ソーシャルメディアのプラットフォームを使いオンライン形式で会っている。しかし、ジッダのボランティアたちは毎年非公式なセレモニーに参加しており、メンバーにはその支援をたたえて象徴的な贈り物が贈られている。

「私の夢は、このプロジェクトが公式な場所や統一された有名な施設に拠点を置くことができるようになることです。そうすれば、子どもや友人、近所の人に何か贈り物をしたいと思っている人が気軽に来て、必要なものを何でも簡単に手に入れることができるようになります」とビン・スライマン氏は話した。

ビン・スライマン氏は、このプロジェクトが将来に向けて拡大し続けることを期待している。

「私はこのプロジェクトが、がんに苦しみ、髪の毛を失ったすべての子どもたちに届くようにしたいと考えています」とビン・スライマン氏は言う。

「私たちの扉はサウジアラビアの内外を問わず、誰にでも開かれています」

特に人気
オススメ

return to top