Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアはイエメンで「力には力で立ち向かわなければならない」と専門家が語る

サウジアラビアはイエメンで「力には力で立ち向かわなければならない」と専門家が語る

フーシ派は、2014年にイエメンの首都サナアを奪取したが、サウジアラビアに対する行動で広く非難されている。(AFP/File)
フーシ派は、2014年にイエメンの首都サナアを奪取したが、サウジアラビアに対する行動で広く非難されている。(AFP/File)
Short Url:
16 Apr 2021 03:04:19 GMT9
16 Apr 2021 03:04:19 GMT9
  • アラブ連合は、木曜日、フーシ派がジャザンに向けて発射した弾道ミサイル5発と爆発物を搭載したドローン4機を破壊した。

モハメド・アル・キナーニ

ジェッダ:サウジアラビアの国際関係専門家によると、イエメンの危機を長引かせた責任は国際社会にあり、サウジアラビアは、イランが支援するフーシ派が大惨事を引き起こすのをただ待つべきではないという。

政治アナリストのハムダン・アル・シェリ博士は木曜日、イエメンで進行中の紛争を終結させるために多くの提案がなされてきたが、それらの構想を実行に移すための国際社会の意思が欠如していると語った。

「もし国際社会が誠実であれば、国連安保理決議2216に従って行動し、フーシ派が軍や治安機関から奪った武器を放棄し、あらゆる暴力をやめるよう要求しているはずです。国際社会は自らの利益のために、フーシ派に対する行動を遅らせています」とアル・シェリ氏はアラブニュースに語った。

「国際社会の地域的利益が各国の最優先事項であり、イエメンやイエメン人ではないのです」と同氏は付け加えた。

アル・シェリ氏は、国際社会の沈黙が続く中、サウジアラビアはフーシ派の攻撃に対して「力には力で立ち向かう」べきだと考えている。

「我々は、フーシ派が大惨事を引き起こすまで待つべきではありません。我々はアラブ連合とイエメン軍が頼りです。特に、国連がフーシ派に対し外交的解決策を受け入れるよう圧力をかけることに寛大な態度をとるようになった後では」とアル・シェリ氏は語った。

さらに同氏は、サウジアラビアへの攻撃が続くのであれば、サウジアラビアは軍事行動をとるべきだと言う。「フーシ派は力を行使しており、この力には力で立ち向かうべきです。我々は7年間、国際社会に働きかけてきましたが、残念ながら(何もできませんでした)」。

アラブ連合は、フーシ派がジャザンに向けて発射した弾道ミサイル5発と爆発物を搭載したドローン4機を破壊したと、アル・エクバリヤは木曜日に報じた。

これらの攻撃は、イランの支援を受けたフーシ派民兵によるサウジアラビアに対する一連の敵対行為の最新のものである。

連合軍のトゥルキ・アル・マルキ報道官は、サウジ通信社への声明の中で、ジャザン大学は、国際人道法で保護されている他の民間施設とともに標的の1つとされたと述べ、こうした行為は戦争犯罪に当たると付け加えた。同氏はまた、今回の攻撃はイエメンのサアダ県から行われたものであり、「一連の民間人を標的としたフーシ派の組織的かつ意図的な敵対的試みの1つ」であると語った。

フーシ派は、2014年にイエメンの首都サナアを奪取したが、サウジアラビアに対する行動で広く非難されている。

 

特に人気
オススメ

return to top