Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ザムザムの泉は永遠の奇跡

ザムザムの泉は永遠の奇跡

ハッジやウムラの旅が終わる前に、観光客は必ずザムザムの水を1、2本手に入れている。(ANグラフィック)
ハッジやウムラの旅が終わる前に、観光客は必ずザムザムの水を1、2本手に入れている。(ANグラフィック)
Short Url:
20 Jul 2021 06:07:47 GMT9
20 Jul 2021 06:07:47 GMT9
  • 不純物を含まず、天然のミネラル分を豊富に含んだ水は、独特の重厚な味わいがある
  • ハッジやウムラの旅が終わる前に、観光客は必ずザムザムの水を1~2本手に入れる

タレク・アル・タカフィ

メッカ:これは神の慈悲を表す、イスラムの最も永続的な奇跡の一つである。ザムザムの泉は、5,000年前、預言者イスマイルの足元に初めて湧き出た。イスマイルの母ハジャル(アブラハムの2番目の妻)が、喉の渇きに苦しんでいた息子を救うために水を求めてサファとマルワの2つの丘の間を7回走った後のことだ。

この泉の名前は、「Zome Zome」という言葉に由来している。これは「流れを止めろ」という意味で、ハジャルが泉の水を止めようとして繰り返した命令だった。

泉の水は、コケや虫、カビなどの不純物を含まない清らかな水だ。通常の淡水化された水に比べて、天然のミネラル成分が多く含まれている。そのため、独特の重厚な味わいがある。

預言者ムハンマド(彼に平安あれ)によると、この水は病人を癒す自然の源であると信じられているため、巡礼者たちはいつもこの泉から水を飲み、その水を入れたボトルを故郷に持ち帰る。

1967年3月21日、メッカのグランドモスクの中央にある聖なるカアバ。左側はザムザムの泉の入り口。毎年、何百万人ものイスラム教徒がこの聖地でハッジ巡礼を行う。(Getty Images)

ザムザムの泉の開発と維持は重要な意味を持ち、何世紀にもわたって水源はさまざまな方法で守られてきた。古代のメッカを訪れる人々や現在の巡礼者たちの主な水源であるこの泉は、短期間を除いて、イスラム教徒のための祝福された水の供給を止めたことはない。

 

この泉は、預言者ムハンマドの祖父であるアブド・アル・ムッタリブ・ビン・ハシムによって守られ、その後、多くのイスラム教のカリフによって守られた。近代になってからは、現在のサウジアラビアの創始者であるアブドル・アジーズ国王をはじめとするサウジアラビアの国王たちによって守られてきた。

過去には、この聖なる泉は原始的な方法で保護されていたが、故アブドッラー国王の時代には、泉の維持管理方法の開発が飛躍的に進んだ。彼は、二聖モスクへの水の充填と分配の方法を変更した。

また、2013年には「キング・アブドッラー・ビン・アブドル・アジーズ・ザムザム・ウォーター・プロジェクト」(KPZW)を開始した。

ウムラやハッジに訪れる観光客の増加に伴い、ザムザムの水の需要も急増。そのため、井戸の開発を進める必要があった。

このプロジェクトの建設費は7億円(1億8700万ドル)以上にのぼる。

このプロジェクトでは、水の汲み上げ、ろ過、分配、充填など、これまでの専門的ではない方法を廃止し、安全性の高い最新の技術を導入した。

これまでは、認可された瓶詰め過程を経ずに、手作業でさまざまなサイズの容器に水を瓶詰めしていたため、不要な水質汚染が発生していた。

しかし、今回のプロジェクトでは、5リットルと10リットルの2種類の容器が用意され、水の処理、瓶詰、保管、配布が効率的に行われるようになった。

ハッジやウムラの旅が終わる前に、観光客は必ずザムザムの水を1、2本手に入れて帰るのだが、以前は混乱して整然としない行列ができていた。

現在、このプロジェクトでは、時間短縮と混雑防止のために、バスや空港の中で巡礼者に水の容器を配布している。

二聖モスク内では、毎日洗浄と充填が行われる冷却器に水が供給されている。

ザムザムの水のオンライン購入は、コロナウイルスのパンデミック発生時に念のため販売を中止したことを受けて、ナショナル・ウオーター・カンパニーのプロジェクトの一環として行われている。

ザムザムの水は、サウジアラビアの電子ビジネスプラットフォーム「HNAK」で販売されており、宅配サービスも提供されている。

抽出、汲み上げ、貯蔵庫やパイプラインの継続的な監視は、光ファイバー技術を用いた監視制御・データ収集ネットワークによってなされている。

これらの技術は、汲み上げやろ過の最適な方法を綿密に研究することで、ザムザムの水の天然ミネラルの品質を維持している。

ザムザム研究センターでは、ザムザムの水のすべての特性が外部からの自然の汚染によって影響を受けないように、厳格な品質管理を実施している。

「ザムザムの泉を持続的に管理できるようにするためには、この聖なる泉の環境や水文地質学的な設定、そしてこの地域の導水路を含む水の供給源を完全に理解する必要がある」と、同研究センターの代表であるサメル・ショーマン氏はアラブニュースに語る。

「水がどのように貯められているのか、どのくらいの速さで移動しているのか、また、岩の間を移動する間にどのような種類のミネラルを抽出しているのかを見て、ザムザムの水の指紋の特徴を理解する必要がある。

「我々は、ワディ・イブラヒムで年間を通して抽出できる水の正確な体積と量を決定するために、数学モデルを帯水層の異なる部分の降雨データネットワークと降雨ステーションと結びつけた」と同氏は付け加えた。

ショーマン氏によると、メッカにあるザムザムの水のための特別な研究所では、水のさまざまなサンプルを追跡・検査し、週単位で分析して水質を維持しているという。

特に人気
オススメ

return to top