Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アル・ウラーとユネスコがサウジの遺産と文化の促進のための協定を締結

アル・ウラーとユネスコがサウジの遺産と文化の促進のための協定を締結

協定は、文化相のバドル・ビン・アブドゥッラー・ビン・ファルハーン王子とユネスコ事務局長のオードレ・アズレ氏により署名された。(@RCU_SA)
協定は、文化相のバドル・ビン・アブドゥッラー・ビン・ファルハーン王子とユネスコ事務局長のオードレ・アズレ氏により署名された。(@RCU_SA)
協定は、文化相のバドル・ビン・アブドゥッラー・ビン・ファルハーン王子とユネスコ事務局長のオードレ・アズレ氏により署名された。(@RCU_SA)
協定は、文化相のバドル・ビン・アブドゥッラー・ビン・ファルハーン王子とユネスコ事務局長のオードレ・アズレ氏により署名された。(@RCU_SA)
Short Url:
11 Nov 2021 01:11:29 GMT9
11 Nov 2021 01:11:29 GMT9
  • この協定は、専門家による能力開発と知識移転を促進することで、アル・ウラーの遺跡を保護することを目的としている
  • サウジの文化相は、このパートナーシップがアル・ウラーを世界的な場所にするのに役立つと述べている

アラブニュース

リヤド:アル・ウラー王立委員会(RCU)は水曜日、アル・ウラーの文化的景観を発展させ、遺産の世界的重要性に対する理解を促進するため、国連教育科学文化機関と長期戦略的パートナーシップを締結した。

この協定は、文化相のバドル・ビン・アブドゥッラー・ビン・ファルハーン王子とユネスコ事務局長のオードレ・アズレ氏によって署名された。パリのユネスコ本部で行われた会議には、ハイファ・ビント・アブドゥル・アジズ・アル・ムクリン王女(対ユネスコ王国常任代表)とRCUのCEOのアムル・アル・マダニ氏も出席した。

この協定は、アル・ウラーの文化的・自然的・歴史的遺跡を保護する取り組みを強化することで、相互利益を達成し、アル・ウラーの文化的・社会的・経済的発展を促進することを目的としている。これらの目標を達成するために、世界各国の専門家らとのキャパシティ・ビルディングや知識移転を促進することに重点を置いている。専門家らは、この地域を遺産、自然、芸術、文化のための基準となる場所にするためのRCUの取り組みにも参加する。

バドル王子は、この協定は、アル・ウラーを遺産、自然、芸術、文化の世界的な場所へと変えるという、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下のビジョンを支援するものだと述べた。

「この種のものとしては初となるこの協定への署名は、これらの大望を達成し、ユネスコ、王国、RCUの持続可能な関係を促進するための試みにおける、もう一つの重要な瞬間です」と王子は述べた。

バドル王子はまた、このパートナーシップは、教育、科学、文化の力を活用することで、アル・ウラーの過去、現在、そして未来をつなぐものであると述べた。王子は、アル・ウラーを持続可能な開発の触媒とし、また、サウジ・ビジョン2030と国連の持続可能な開発目標に沿った長期的な変化を実現したいと望んでいる。

「サウジアラビアとユネスコの関係は、サウジ王国が我々の組織に加盟した1946年にさかのぼります」とアズレ氏は述べた。「今日の王国との協力関係は、アル・ウラーで行われている重大な変革に歩調を合わせるための新たな重要な一歩を踏み出すものです」

この協定では、責任を持って持続可能な方法で、アル・ウラーの文化的な自然景観と文化的な深みを変えるために、いくつかの知識ベースの取り組みを実施することになっている。また、王国の北西部の大部分を世界最大の生きた博物館に発展させる。

この5年間の協定は、地域の遺産や自然景観、生態系を保護・促進するために、新たな自然・文化遺産をユネスコの分類体系に登録することなどの10のプログラムに焦点を当てている。また、主要分野には、遺産の保護、教育、能力開発、自然、創造芸術なども含まれており、地元の人々がアル・ウラーの発展の主な受益者となる。

特に人気
オススメ

return to top