Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 保健相、ウイルス対策におけるサウジアラビアのデジタルヘルス技術活用を評価

保健相、ウイルス対策におけるサウジアラビアのデジタルヘルス技術活用を評価

サウジアラビアのファハド・アル・ジャラジェル保健省大臣。(SPA)
サウジアラビアのファハド・アル・ジャラジェル保健省大臣。(SPA)
Short Url:
22 Nov 2021 08:11:46 GMT9
22 Nov 2021 08:11:46 GMT9
  • 新しい基準は、新型コロナウイルス感染症パンデミックへの対応におけるサウジアラビアの卓越性を反映していると保健相は語る

リヤド:サウジ保健省大臣兼サウジ保健評議会(SHC)議長のファハド・アル・ジャラジェル氏は日曜日、国際的・地域的なフォーラムにおいてこう語った。「デジタルヘルス技術を医療の新しい基準として採用するという今日の流れは、サウジアラビアが主導的な役割を果たしてきたことを反映している」

また、新型コロナウイルス感染症パンデミックへのサウジアラビアの対応と、その最新デジタル技術の最適な利用がこの基準を形作っていると述べた。

デジタル技術は、パンデミックに対処するための最も重要なツールの一つであると同氏はいう。そして、初の新型コロナウイルス感染症情報のインタラクティブマップを立ち上げ、正確な統計を把握し、人工知能を採用してデータを分析、国家戦略的な意思決定を行っていると述べた。

医療情報管理システム学会の国際的なデジタルイベント「HIMSS21」の中東地域カンファレンスのオープニングで行われたスピーチで、アル・ジャラジェル氏は次のように述べている。「HIMSS21には多くの目標がありますが、おそらく最も明確な目標は、地域、世界を問わず、ヘルスケアの分野における現在の課題、将来の計画や潜在的なソリューションに関するビジョンやアイデアを議論することでしょう」

「そしてもう一つの大きな目標は、医療情報技術の重要性を再確認し、パフォーマンスの効率化やサービスの質の向上、資源の最適な利用に影響を与えるという、このフォーラムの役割を果たすことです。この分野の優れた科学者や専門家の参加は、技術分野での取り組みを強化し、研究や開発プロセスをサポートするアイデアや経験で、このフォーラムを豊かにすることは間違いありません」と述べている。

アル・ジャラジェル氏は、王国では医療システムを発展させるために革新的なプロジェクトが実施されていると語った。このプロジェクトには、医療変革計画の構築、医療サービスの統治・資金調達・提供のためのプログラムの設計が含まれている。プロジェクトは国際的なベストプラクティスと、王国の「国家変革プログラム」と「ビジョン2030」に沿ったもので、デジタルヘルスは医療分野における変革のための極めて重要な要素となっている。

サウジ保健評議会の事務局長であるナハル・アル・アズミ博士は語る。「HIMSS21は、次のような評議会の役割を完遂することを目的としています。すべての所轄官庁間の調整と統合の方針を策定・承認し、医療サービスの質的な向上を達成する。そして保健分野における現在の課題を議論し、地域および国際レベルでの同分野の将来計画や潜在的な解決策に関するビジョンやアイデアを提案するというものです」

「カンファレンス期間中の様々なセッションでは、知識、経験、専門知識が交換されるでしょう」と述べた。

「また、保健システムが現在直面している課題と実践的な解決策、さらにはデジタルヘルスの活用で将来の疫病への効果的な対応策を構築したり、データやテクノロジーを活用して集団の健康管理を強化したりする方法についても、グローバルな対話が行われます。これは、多くの戦略的変革が生まれていることを目の当たりにしているこの時期、特に新型コロナウイルス感染症パンデミックの後、保健分野でデジタルヘルス技術が新たな医療基準として採用され、ヘルスケアの質を向上させる上でそれらの効果的な役割が注目されている今現在において重要なことなのです」と語った。

AP

特に人気
オススメ

return to top