Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パレスチナ問題は今もサウジ外交政策の重要課題

パレスチナ問題は今もサウジ外交政策の重要課題

アブダラ・アル・ムアリミ氏は、イスラエルのパレスチナ人の家や土地に対する継続する没収行為に対するサウジ政府の拒否と非難の立場を国連総会に対して再度強調した。(AP)
アブダラ・アル・ムアリミ氏は、イスラエルのパレスチナ人の家や土地に対する継続する没収行為に対するサウジ政府の拒否と非難の立場を国連総会に対して再度強調した。(AP)
Short Url:
03 Dec 2021 05:12:19 GMT9
03 Dec 2021 05:12:19 GMT9
  • アブダラ・アル・ムアリミ国連常駐代表が、パレスチナ問題に関する国連総会で演説を行った。
  • 「イスラエルの一方的な措置は、パレスチナだけでなく中東全体の安全と安定の崩壊につながる」と同代表は述べた。

エフレム・コサイフィ

ニューヨーク:パレスチナ問題は、パレスチナ人が権利を回復しエルサレムを首都とする独立国家の樹立に成功するまで、サウジアラビアの外交政策の主要な課題であり続けるだろうと、サウジアラビアの国連常任代表は話した。

アブダラ・アル・ムアリミ氏は、イスラエルのパレスチナ人の家や土地に対する継続する没収行為や、神殿の山の神聖さの侵害、アラブやイスラムのアイデンティティを抹消しようとしていることに対するサウジ政府の拒否と非難の立場を再度強調した。

アル・ムアリミ氏は水曜日遅くにニューヨークで開催された国連総会のパレスチナ問題と中東情勢を議論する全体会議において、「このようなイスラエルの攻撃的な措置は、和平の可能性を損なうものである」と述べた。

「イスラエル当局が占領下のパレスチナの土地で行っている入植地建設と植民地拡大政策は、平和的共存の可能性を破壊する恐れがある。イスラエルの一方的な措置は、パレスチナだけでなく、中東全体の安全と安定の崩壊につながる」と彼は述べた。

今回の総会は、1947年11月29日に総会で可決されたパレスチナ分割決議から74年目の記念日に開催された。これはパレスチナをアラブ人国家とユダヤ人国家に分割し、エルサレムを国際体制で統治される独立国家とすること求めた決議だ。

「1945年に国連が設立されてから75年以上が経過し」70年以上にわたってパレスチナ問題が議題として取り上げられてきたとアル・ムアリミ氏は述べている。「エルサレムを首都とする独立国家を樹立する権利を含む、パレスチナ人の自治のための正当な権利を、関連する安全保障理事会決議およびアラブ和平イニシアチブに沿って支持する」というサウジアラビアの歴史的な立場に変わりはないと彼は付け加えた。

サウジアラビア大使は、国際社会がその責任を果たし、パレスチナ、ゴラン、レバノンのアラブの土地に対するイスラエルの占領を解消するよう求める必要性を改めて強調した。

「イスラエルの占領当局がパレスチナ人の権利を侵害し続け、無防備な人々に対する過剰な武力行使を含む最も凶悪な犯罪を行っているのは残念だ」とアル・ムアリミ氏は述べた。

彼は、イスラエルの入植地拡大を「国際社会を無視した明らかな違反行為」と表現し、国際社会にパレスチナ人の保護を求めた。

アル・ムアリミ氏は、国連パレスチナ難民救済事業機関について、「占領当局の抑圧的な措置のためにパレスチナ占領地が危険で困難な状況にあるにもかかわらず」活動していると述べ、感謝の意を表した。

同氏は、同機関が 「占領地での人道的活動を遂行する 」ために必要な支援を国連加盟国が協力して提供するよう求めた。

また、サウジアラビア特使は、パレスチナに関する最新の報告書について、パレスチナ人の不可分の権利行使に関する委員会の議長でセネガル人のチェク・ニアン大使に感謝の意を表した。

アブダラ・アル・ムアリミ氏は、報告書に対するサウジアラビアの支持を確約するとともに、セネガル政府が起草した「パレスチナ問題の平和的解決」と題する決議案を支持し、採択するよう加盟国に呼びかけた。

特に人気
オススメ

return to top