Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ内閣、法体系発展のために証拠法を承認

サウジ内閣、法体系発展のために証拠法を承認

サウジアラビアのサルマン国王が2021年12月28日閣議を主導する。(SPA)
サウジアラビアのサルマン国王が2021年12月28日閣議を主導する。(SPA)
Short Url:
29 Dec 2021 04:12:31 GMT9
29 Dec 2021 04:12:31 GMT9
  • 証拠法が「法体系の顕著な質的飛躍」をもたらす、とサウジ皇太子は語る
  • ムハンマド皇太子は、同法は生活上の社会経済的側面を発展させるという要求に応えるものだと語った

アラブニュース

リヤド: サウジアラビア内閣は火曜日、王国の法体系発展のために証拠法を承認した。

証拠法は今後承認される公表済みの4つの改正法案草案中の第一弾であるとムハンマド・ビン・サルマン皇太子が述べたとサウジ国営通信が報じた。

他の3つの草案は身分法、民事交易法、裁量による制裁のための刑法である。

身分法は2022年の第1四半期に承認される予定であり、残りの2つは内閣とショウラ評議会による審議を経て承認される予定である。

証拠法は「法体系の顕著な質的飛躍をもたらし、裁判業務において確固たる参照物に基づいた仕組みを確立するものだ」と皇太子は語った。

ムハンマド王子は法体系発展のために支援を続けるサルマン国王に対し、「透明性と公平性を実現するにはこれらの制度導入が不可欠なものであることを考慮すれば、法体系の質を向上させ司法機関の業務遂行能力を高めることに貢献している」と評し、謝辞を捧げた。

皇太子は、証拠法は生活上の社会経済的側面を発展させるという要求に応えるものであると述べた。

更に、イスラム法とサウジ王国が果たすべき国際的な責務を厳守し、世界各国で活用されている証拠法の国際的な最良事例の恩恵を受け、社会、個人、権利、そして財産を保護する司法の促進に貢献することで、証拠法は今の時代における進化と歩調を合わせたものとなると付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top