Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアの都市開発と自然保護との調和を目指すNEOMのThe Lineの取り組みとは?

サウジアラビアの都市開発と自然保護との調和を目指すNEOMのThe Lineの取り組みとは?

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は7月25日、NEOMのThe Lineの開発計画を発表した。(提供写真)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は7月25日、NEOMのThe Lineの開発計画を発表した。(提供写真)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は7月25日、NEOMのThe Lineの開発計画を発表した。(提供写真)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は7月25日、NEOMのThe Lineの開発計画を発表した。(提供写真)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は7月25日、NEOMのThe Lineの開発計画を発表した。(提供写真)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は7月25日、NEOMのThe Lineの開発計画を発表した。(提供写真)
Short Url:
27 Jul 2022 12:07:09 GMT9
27 Jul 2022 12:07:09 GMT9
  • ムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下は、この開発が新たな生活様式に光を当てることになると述べている
  • 景観上における人工物の設置面積を減らし、効率を高めることを目的としたコンパクトな設計

アラブニュース

リヤド:現在、世界人口の約56%が都市に居住しており、都市の持続可能性と公共の福祉が、世界中の政府の大きな関心事となっている。

サウジアラビアは、こうした課題に対応するため、革新的なスマートシティ「NEOM」とその主力開発都市である「The Line」で、都市空間の設計方法の大胆な実験を試みている。

7月25日月曜日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、サウジアラビアの改革と経済多様化の計画である「ビジョン2030」の一環として現在進行中の複数の巨大プロジェクトの一つである「The Line」の計画を発表した。

国営サウジ通信(SPA)によると、皇太子は、この設計は多層都市の内部構造を明確にし、従来の平坦な水平都市の問題点を解決し、都市開発と自然保護との調和を実現すると述べた。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、都市開発の概念を再定義し、未来の都市がどうあるべきかを示す最初のアイデアとビジョンを2021年1月に発表した。

月曜日の発表の中で、皇太子はThe Lineが「理想的な生活」を実現し、人類が直面する緊急の課題に取り組むと述べた。

The Lineの設計は、道路や自動車、排気ガスのない環境において未来の都市コミュニティのあり方を具体化した設計となっている。(提供写真)

「NEOMは『サウジ・. ビジョン2030』の最重要プロジェクトの一つであり、The Lineはプロジェクトを全世界に提示するという私たちの確固たる決意を確認するものです。NEOMは、より良い明日を夢見る人たちのための場所なのです」と皇太子は述べている。

The Lineの設計は、道路や自動車、排気ガスのない環境において、未来の都市コミュニティのあり方を具体化していると、皇太子は付け加えた。

皇太子は、都市設計への新たなアプローチを示すこのプロジェクトは、100%再生可能エネルギーで稼働し、国民の健康を優先するものだと述べた。

高層ビルとは異なり、公園や歩行者区域、学校、住宅、働く場を層状に重ねたコンセプトになっている。(提供写真)

「都市機能を垂直に積み重ね、都市機能にアクセスするための3次元的にシームレスに移動する可能性をもたらすという考え方は、『ゼログラビティ・アーバニズム』と呼ばれるコンセプトです」と皇太子は述べた。

月曜日に発表された設計計画によると、The Lineは、外観の鏡面仕上げのファサードが建造物のユニークな特徴となっており、小さな設置面積であっても自然に溶け込むことを可能にし、内部は「特別な体験と魔法の瞬間」を作り出すために建設されると、皇太子は付け加えた。

月曜日の声明によると、The Lineは最終的に900万人の住民を収容し、同規模の他の都市と比較すると前例のない土地占有面積34平方キロメートルに建設される予定とのことである。

The Lineの設計は、道路や自動車、排気ガスのない環境において未来の都市コミュニティのあり方を体現している。(提供写真)

高層ビルとは異なり、公園や歩行者区域、学校、住宅、働く場を層状に重ねたコンセプトになっている。

コンパクトな設計は、景観上における人工物の設置面積を減らし、効率化を促進することを目的としている。この都市には高速鉄道が敷かれ、端から端までの移動時間はわずか20分である。

一年中、建物内の気候が理想的な状態であるため、住民は周囲の自然を楽しみながら散歩をすることができるようになる。また、住民は徒歩5分以内にあるThe Lineのすべての施設を利用することができる。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、「The Lineの開発は、NEOMを率いる世界的に著名な建築家やエンジニアのチームによって行われ、未来の都市に向けたこの革新的なコンセプトを展開します」と述べた。

さらに、この都市の設計は完全にデジタル化される予定で、建設技術や製造プロセスを大幅に進化させることにより、建設もその大部分が工業化する。

その大胆かつ野心的な設計は、早くも好評を得ている。ロンドンを拠点とする経済学者モハメド・ラマディ氏によると、従来の都市開発業者からの懐疑的な意見に依らず、The Lineのビジョンは革命的としか言いようがないという。

「『ゼログラビティ・アーバニズム』のコンセプトは、なかなか認められなかった歴史上の画期的な都市開発にも匹敵する、再生可能エネルギーを利用した都市生活様式として未来の世代が受け入れるようになるでしょう」とラマディ氏はアラブニュースに語った。

「皇太子の大胆な提案は、サウジアラビアだけでなく全人類が恩恵を受ける、NEOMの本質を的確に明確に表しています」

ラジーン・キャピタルのCEOであるムハンマド・アル・スワイド氏は、NEOMの魅力はその若さと、建築や生活における従来のやり方を打ち破ろうとする姿勢にあるという。

アル・スワイド氏はアラブニュースに対し、「世界が皇太子のNEOMからのメッセージを受け取ったかどうかは、まだ分かりません」と語った。

「『常識に挑戦する』という意味でのアイデアです。NEOMは、伝統的な技術や経験がある人のためのものではないと思っています。伝統的な経験がわずかであっても、野心的で先見性があり、同時に実際的な若年層のためのものです」

サウジアラビア北西部の紅海に面し、面積約26,500平方キロメートルで41の沿岸の島々からなるNEOMは、「新しい未来」という意味で、起業家精神、新技術、居住性の新たなモデル、および環境保全のためのリビングラボと銘打たれている。

サウジアラビア公共投資基金や国内外の投資家の支援を受けており、5,000億ドル規模であるNEOMプロジェクトは、ハイパーコネクテッド、コグニティブタウン、港、企業ゾーン、研究センター、スポーツ・娯楽施設、観光地などが含まれるとプランナーは述べている。

そのため、既存の商業ルートを活用し、グローバルな投資を呼び込むのに最適な立地と言える。世界の貿易の約13パーセントが紅海を通過し、世界の約40パーセントが飛行機で6時間以内の距離にある。

NEOMのユニークな地理的位置は、GCCの他の地域よりも平均気温が約10℃低く、サウジアラビア内で最も多様な地形を持つ山岳地帯に囲まれているため、温帯気候を保っている。

持続可能性がプロジェクトの核となっており、NEOMの土地の約95%は環境保護のために保全されている。NEOMのすべてのエネルギーは、太陽光発電、風力発電、水素発電による100%再生可能なエネルギーで、クリーンで公害のない都市環境を実現する予定だ。

車ではなく人を中心としたコミュニティが形成され、敷地をつなぐ高架歩道も整備される予定である。道路や街路は、公園や緑地に囲まれた広場や歩きやすい大通りとなる予定だ。コミュニティは人工知能によって強化されており、住民や企業の時間を節約するために、生活を快適にする方法を学習し、予測するようになる。

The Lineは、海岸、砂漠、山脈、高地の渓谷という4つの環境をつなぐものである。自然をコミュニティの中心に組み込み、住みやすさと福祉を向上する。また、農業地域によって下支えする予定で、地元での持続可能な食料生産が可能になる。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、都市開発のコンセプトを再定義し、未来の都市はどうあるべきかを前提として、最初のアイデアとビジョンを発表した。

一年中、建物内の気候が理想的な状態であるため、住民は周囲の自然を楽しみながら散歩をすることができるようになる。(提供写真)

「The Lineの昨年の立ち上げ時に、私たちは都市計画の抜本的な改革に基いて人間を第一に考えた文明の革命を誓いました」と皇太子は月曜日に語った。

「本日公開された垂直積層型のコミュニティのデザインは、従来の平坦で水平な都市のあり方に異議を唱え、自然保護と人間の住みやすさを向上させるモデルを作り上げるものです」

「The Lineは、現代の都市生活において人類が直面している課題に取り組み、新たな生活様式に光を当てることになるでしょう」

一年中、建物内の気候が理想的な状態であるため、住民は周囲の自然を楽しみながら散歩をすることができるようになる。(提供写真)

皇太子は、「私たちは、世界中の都市が直面している住みやすさと環境の危機を無視できません。NEOMは、こうした問題に対処するための新しい、想像力に富んだ解決策をもたらす最前線にいるのです。NEOMは、建築、エンジニアリング、建設の分野で最も優れた頭脳を持つチームを率いて、上に向かって建設するというアイデアを実現しています」と付け加えた。

The Lineの設計発表は、製造とイノベーションの都市を再構築するOXAGONや、アラビア湾初の屋外スキーリゾートを提供する山岳観光地TROJENAなど、NEOMの主要プロジェクトの開発が進展し続けていることを示すものである。

約48平方キロメートルの面積を持つOXAGONは、世界最大の浮体式プラットフォームで、100パーセントクリーンなエネルギーで稼働する予定だ。

特に人気
オススメ

return to top