Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアとインドの関係強化は「我々、地域、世界にとって良いこと」である

サウジアラビアとインドの関係強化は「我々、地域、世界にとって良いこと」である

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とS・ジャイシャンカル博士(Twitter/ @DrSJaishankar)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とS・ジャイシャンカル博士(Twitter/ @DrSJaishankar)
Short Url:
13 Sep 2022 04:09:46 GMT9
13 Sep 2022 04:09:46 GMT9
  • 外交官から閣僚に転身した同氏は、多極化しつつある世界秩序の立役者として、サウジアラビアとインドが共通の目的を達成するために協力している分野が複数あると述べている。

ヌール・ヌガリ

リヤド: S・ジャイシャンカル博士は、インド外務大臣として初めてサウジアラビアを公式訪問した際、アラブニュースの独占インタビューに応じ、インドとサウジアラビアはより大きな世界状況を念頭に置き国交に臨んでいる、と語った。

「新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の大流行、ウクライナで起きているような紛争、あるいは気候変動などを経験した世界では、私たちの国交が安定をもたらす要因として成長することが不可欠です。これは私たちにとっても、地域にとっても、世界にとっても良いことです」

さらに、同氏は次のように付け加えた。「両国の目的は、可能な限り迅速に協力関係の拡大を可能にする補完性を見極めることです。そのためには、共同活動、相互投資、協調的な政策、より大きな機動性が必要となってきます」

サウジアラビアとインドの関係は歴史的に強固であり、インド人はサウジアラビアにおける外国人労働者の最大のコミュニティを構成し、母国にとって最大の被仕向送金元の一つとなっている。イスラム教が第2位の宗教であるインドからは、2019年のパンデミック前にハッジを実施するために約20万人の巡礼者がサウジアラビアに渡航した。

サウジアラビアへの初の公式訪問中アラブニュース独占インタビューで話をするS・ジャイシャンカル博士(AN 写真/フーダ・バーシャタフ)

その一部については、世界第3位の石油輸入・消費国であるインドに対して、サウジアラビアは常にトップ3に入るエネルギー供給国である。両国はG20と非同盟運動のメンバーでもある。

近年、サウジアラビアとインドの関係は、とりわけ安全保障、貿易、投資、健康、食料安全保障、文化、防衛など、他の分野にも広がっている。COVID-19のパンデミックの際も、両国の政府は緊密な連携を取り合った。

「私たちは新たに多極化しつつある世界秩序の重要な担い手であり、両国が協力している分野も複数あります」とジャイシャンカル氏は語った。「インドは大きな経済大国であり、私たちはインドの13億人を超える人々の経済成長と発展に注力していきます。またこのことは、サウジアラビアがインドに投資を行い、両国の相互利益のために私たちと協力する絶好の機会をもたらします」

ジャイシャンカル博士と会談相手の サウジアラビア外務大臣、ファイサル・ビン・ファルハーン王子 (KSA MOFA)

サウジアラビアとインドの関係におけるこの極めて重要な側面について、ジャイシャンカル氏は次のように語った。「インドとサウジアラビアは主要経済大国であり、世界経済の形成に重要な役割を担っています。両国は大規模な経済パートナーであり、今年度内(2021年4月~2022年3月)の貿易額は約428億6千万ドルです」と同氏は述べた。

「このパートナーシップは、地域の安定に寄与する役割を担っています。両国は経済的な領域で複数の相乗効果を共有しています。例えば、両国は極めて重要なエネルギーパートナーであり、双方向の投資を拡大する余地は計り知れません」

また、同氏は次のように付け加えた。「エネルギーは数十年前から両国の協力の柱となっています。私たちはこれをさらに発展させるだけでなく、『グリーン』水素を含む再生可能エネルギーの分野にも拡大させたいと考えています」

2019年の入閣前に外交官のキャリアを持つジャイシャンカル氏は、サウジアラビアとインドの関係強化について「(インドの)ナレンドラ・モディ首相とモハメド・ビン・サルマン皇太子が提示したビジョンと指導」を称賛している。

「2019年のサウジアラビアとインドへのそれぞれの訪問は、二国間関係に大きな勢いを与え、それはパンデミックという未曾有の困難にもかかわらず継続されました」と同氏は語った。

「こうした訪問は、極めて重要なサウジアラビア・インド戦略的パートナーシップ協議会の設立につながり、この関係のレベルを向上させたいという両国の共通の願いを反映したものです。現在、私たちの二国間パートナーシップは、政治、安全保障、防衛、経済、エネルギー、文化、人と人とのつながりなど、ほぼすべての分野の協力をカバーしています」

リヤドを3日間訪問したジャイシャンカル氏は、サウジアラビア側のファイサル・ビン・ファールハン外相と共同で、戦略的パートナーシップ協議会の枠組みで設立された政治・安全保障・社会・文化協力に関する委員会の閣僚会議を初開催した。

二国間機関の機能について説明し、同氏は次のように述べた。「2019年10月に結成された戦略的パートナーシップ協議会には、2つの分科会があります。1つはPSSC委員会、もう1つは経済・投資委員会です」

S・ジャイシャンカル博士はディルイーヤ開発局を訪れた。到着してすぐディルイーヤ開発局プロジェクトCEOの相談役を務めるアブドッラー・アル・ガネム氏が博士を迎え入れた。ジャイシャンカル博士はプロジェクトや進行中の修復作業についてディルイーヤ開発局の職員から説明を受けた。(提供)

「私が今回(サウジアラビアに)来たのは、二国間協力のいくつかの重要な分野に焦点を当て、4つの共同作業部会を有するPSSC委員会の閣僚会議のためです。

「共同作業部会は、政治・領事、法律・安全保障、社会・文化、防衛の各領域における二国間協力に重点を置いています。今回の閣僚会議の議題は、これらすべての分野をカバーすることになるでしょう」

ジャイシャンカル氏は、2014年に5千万ドル以下だったサウジアラビアのインドへの海外直接投資が、現在では約31億5千万ドルにまで増加したことに満足感を示した。「多くのインドの大企業もサウジアラビアでビジネスを行っています。私たちは健康安全保障、食料安全保障、教育、技術などの分野で協力関係を深めています」と同氏は語った。

「パンデミック期の私たちの協力は、健康安全保障とサプライチェーンについて重要な教訓を与えてくれました。この経験をもとに、私たちは今後、このような課題に取り組んでいくことができます。両国はまた、サウジアラビアのビジョン2030において協力し、インドの熟練した人的資源、起業家、技術からサウジアラビアが利益を得ることができます」

ジャイシャンカル氏によると、前述の「相乗効果」を考慮し、戦略的パートナーシップ協議会の縦軸の1つは、経済と投資に焦点を当てたものだという。この分科会の下にある4つの共同作業部会では、農業・食料安全保障、エネルギー、技術・情報技術、産業・インフラの各分野での協力について話し合われています」

会談の中で、ファイサル皇太子とジャイシャンカル氏は、二国間関係の包括的な見直しを行い、PSSCに関する委員会の4つの共同作業部会の進捗状況について協議した。また、国連やG20、湾岸協力会議での協力など、相互の関心事である地域的・国際的な問題についても話し合われたようである。

「インドは湾岸地域のことを拡大した近隣諸国と考えており、それは当然、安全保障と防衛の分野でサウジアラビアと利益を共有していることを意味します。私たちは、戦略的パートナーシップの精神に基づき、こうした分野での協力を常に強化してきました」とジャイシャンカル氏は語った。

「防衛に関しては、過去2年間に軍司令官レベルの訪問交流があり、昨年は初の海軍合同演習も行いました。数カ月前に開催された私たちの防衛協力合同委員会では、さらなる協力分野を確認しました。インドの軍需産業は、共同生産や投資の絶好の機会を提供しており、サウジアラビアとより一層進展させたい分野の一つです」

サウジアラビア・インド両政府の安全保障協力の重要性を強調し、同氏は次のように述べた。「インドは何十年もの間、越境テロの犠牲になってきました。サウジアラビアには独自の挑戦と実績があります」

「テロリズムには国境も宗教もなく、人類への脅威であり、しかしインドとサウジアラビアが、情報共有、新技術の開発、テロリストの手口の把握、国連やFATFなどの国際組織での協力を通じて、それぞれの国が直面する脅威に協力して取り組むことは自然なことです」

ジャイシャンカル氏によれば、テロリストの脅威への対抗に関する問題については、「両国の安全保障構造の最高レベルにおいて」良好な協力関係が存在するという。「さらに、戦略的パートナーシップ評議会の枠組みのもと、両国はこの分野で協力するため、法的・安全保障協力に関する共同作業部会を構成しています」と同氏は語った。

「海洋安全保障の分野では、インドとサウジアラビアは共に長い海岸線を持ち、通商上の利益もあることから、特別な関心を持っています。私たちには海上交通路を確保し、国際法を遵守するという共通の目標があります」

ジャイシャンカル氏は、サウジアラビアとインドの海軍協力の強化に満足げに言及し、「我が国の艦船はサウジアラビアで戦略上のターンアラウンドを行っており、さらに、サウジアラビアは2022年2月にビシャーカパトナム海域で実施された多国間演習『ミラン2022』に参加しました」と指摘した。

さらに、同氏は次のように付け加えた。「こうした船での訪問のほか、海上領域での情報交換や訓練も継続して行っています。全体として、私たちの経済、エネルギー、安全保障、防衛の関係には良い勢いがあり、今後数年間にわたって良い進展があると確信しています」

将来のことを考え、ジャイシャンカル氏は、今回の会談と、近々予定されているピュシュ・ゴヤル商工省大臣の訪問により、近い将来、サウジアラビアとインドの指導者が会談するための土壌が整うことを期待すると述べた。「私たちは、こうした準備の結果として、戦略的パートナーシップ協議会機構の会合がより生産的になると信じています」と同氏は語った。

リヤド滞在中、ジャイシャンカル・インド外務大臣はサウジアラビアの要人や湾岸協力会議(GCC)事務総長のナーイフ・ファラー・ムバラク・アル・ハジュラフ氏と会合した。同氏はインド大使館関係者と共に、ディルイーヤ、サルワ宮殿、アディリヤ・ギャラリーの文化遺跡も訪問した。

特に人気
オススメ

return to top