Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアがユネスコの文化会合に出席

サウジアラビアがユネスコの文化会合に出席

サウジアラビアはバドル・ビン・アブドゥラー・ビン・ファルハーン文化大臣がMONDIACULT 2022の同国代表団を率いた。(SPA)
サウジアラビアはバドル・ビン・アブドゥラー・ビン・ファルハーン文化大臣がMONDIACULT 2022の同国代表団を率いた。(SPA)
(SPA)
(SPA)
Short Url:
30 Sep 2022 08:09:09 GMT9
30 Sep 2022 08:09:09 GMT9

 アラブニュース

メキシコ:28日、「文化政策と持続可能な開発に関する世界会合(MONDIACULT)」のためにメキシコシティにつどった各国の文科相の間で議題となったのは、新技術利用の不平等性や違法取引、文化遺産への脅威といった問題だった。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)に加盟する約160ヶ国の代表者が現在、3日間にわたる会合に参加している。この会合の目的は、多文化社会が直面している現代の課題への世界的な取り組みを再確認し、文化政策の将来を見据えたビジョンを策定することだ。

サウジアラビアは、バドル・ビン・アブドゥラー・ビン・ファルハーン文化大臣がMONDIACULT 2022の同国代表団を率いることとなった。

ファルハーン文化相はまたサウジアラビアを代表して、アラブ地域に関する地域協議の議長も務めた。

地域協議では主に、以下の4つの目標に焦点が当てられた。各国の文化政策における国家的ないし地域的な傾向の確認。アラブ地域全体における文化政策の課題と機会の確認と分析。地域の傾向のアジェンダにおける文化リスト作成の支援。MONDIACULT 2022の最終的な宣言に資する優先課題の特定。

30日に採択される最終的な宣言には、芸術家の権利の保証や流通プラットフォームの規制を盛り込むことを目指していると、ユネスコのオードレ・アズレ事務局長は語った。

もう1つの目標は、特に伝統的で地域に長く備わった知識体系を通じて、気候変動についての国際的な議論に文化が確実に含まれるようにすることだ。

「我々の文化遺産は地球温暖化に、極めて直接的に脅かされているのです」とアズレ事務局長は述べた。

会合のコーディネーターを務めたパブロ・ラファエル氏によると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、文化が公衆衛生に不可欠な存在であることが明らかになったという。

「本や音楽、映画がなければ、誰もあの隔離生活やストレスから生き残ることはできなかったでしょう」とラファエル氏。

メキシコのアレハンドラ・フラウスト文化相は、健康の危機によってコミュニティ間の技術面における不平等も露呈したと語った。

今回の会合の目的の1つは、芸術家が自身の作品をシェアするためのテクノロジーを利用できることを保証する方法を見出すことだ。

最終の宣言には、文化を、世界のすべての市民に恩恵をもたらす「グローバルな公共財」として認識するための呼びかけが盛り込まれる予定だ。

特に人気
オススメ

return to top