Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアがメタバースを導入し、環境面での効果を評価

サウジアラビアがメタバースを導入し、環境面での効果を評価

サウジアラビアのアブドゥラー・アル・スワハ通信・情報技術相。(FILE/AFP)
サウジアラビアのアブドゥラー・アル・スワハ通信・情報技術相。(FILE/AFP)
Short Url:
19 Jan 2023 10:01:16 GMT9
19 Jan 2023 10:01:16 GMT9
  • この技術を使用して計画されるサウジアラビアのメガプロジェクト

 サラ・アルシュラファ

ダボス:サウジアラビアはメタバース技術を採用し、同国最大のプロジェクトの計画・開発において、すでに環境面で利点があることを示している。

スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)の19日のセッションで講演したサウジアラビアのアブドゥラー・アル・スワハ通信・情報技術大臣はそう語った。

アル・スワハ氏は、特にNEOMと紅海のプロジェクトに言及し、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、生産を開始する前にすべての開発を「最初にデジタルの世界」でテストするよう促していたことを明らかにした。

その結果、計画を最適化し、エラーとコストを削減するために、プロジェクトはメタバースで再現されることになった。

アル・スワハ氏は、この方法はAramcoやSabicでも採用され、炭素排出量の削減やフレアリングの防止に役立っていると述べた。

こうした意見に呼応するように、WEFのセッションに参加したシーメンス・ヘルシニアースのベルント・モンタグCEOも、”バーチャルヒューマンのデジタルコピー “の活用で、医療分野にも大きなメリットがあると指摘した。

すでに一部の病院では、この技術を手術に活用しており、ミスが大幅に減少し、効率も向上しているという。

アル・スワハ氏は、この技術が社会のために使われるようにするためには、規制当局の監視が必要であると付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top