Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの映画プロジェクト、TFIバーチャルイベントのサウジアラビア王国代表に

サウジアラビアの映画プロジェクト、TFIバーチャルイベントのサウジアラビア王国代表に

22 Apr 2020
写真/提供済み
写真/提供済み
Short Url:
Updated 22 Apr 2020
22 Apr 2020

アラブニュース

  • 「Sharshaf」は、3つのレジデンシー・ワークショップへの参加プロジェクトとして選ばれた、12の第1回Red Sea Lodgeプロジェクトの1つである

ジェッダ:トライベッカ・フィルム・インスティテュート(TFI)バーチャルネットワークのサウジアラビア王国代表として、紅海国際映画祭(Red Sea Film Festival)とのパートナーシップによるRed Sea Lodgeプロジェクトの、サウジアラビア映画プロジェクト「Sharshaf」が選ばれた。
この映画はHind Al-Fahhad氏が監督し、脚本はHana Alomair氏、製作はTalal Ayeel氏が手がけた。

映画は1978年のリヤドを舞台とし、保守的なムスリム人女性Hailaを描いたものだ。映画の魔法に目を開かされたHailaは、自身を取り囲む社会への理解を深め、新婚生活における懸け橋を築いていく。

サウジアラビア人のAl-Fahhad氏は、2012年に短編映画の製作を手がけるようになり、映像作家としての道を歩み始めた。彼女の短編映画は、アブダビ国際映画祭(Abu Dhabi International Film Festival)、ドバイ国際映画祭(Dubai International Film Festival)、また米国アリゾナ州のアラブ映画祭(Arab Film Festival)など、地元や国際的な映画祭で上映された。
Ayeel氏は2002年からサウジアラビアで映画監督や製作者として活躍している。

Alomair氏はサウジアラビア人の脚本家、映像作家、そして映画評論家だ。Alomair氏は、脚本を手がけた「Hadaf」で2008年にサウジ映画コンテスト(Saudi Film Competition)のBest Script賞を受賞した他、2作目の短編映画「The Complaint」で2015年にサウジ映画コンテストのBest Short Fiction Film賞を受賞している。

「Sharshaf」は、3つのレジデンシー・ワークショップへの参加プロジェクトとして選ばれた、12の第1回Red Sea Lodgeプロジェクトの1つだ。1回目のワークショップは昨年11月に開催された。

12のプロジェクトの内、6つはサウジアラビア、残りは他のアラブ諸国のものだ。
3月に予定されていたRed Sea Lodgeプログラムの最後のワークショップは、新型コロナウイルス(COVID-19)による感染症の拡大で延期された。

TFIのイベントには、43のプロジェクトが参加予定で、内4プロジェクトはアラブ地域からのものだ。
パートナーシップや応募を通じて選ばれた各プロジェクトは、企画開発、製作、ポストプロダクションなどあらゆる段階にある。

また映像作家は1年を通じて、TFIのArtist Programs部門による指導や専門的な助言を得ることができる。イベントは毎年開催されており、今年は4月27日から5月1日にバーチャル形式で開催される。 

topics
Most Popular
Recommended

return to top