Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジのアニメーターが中東のアニメシリーズを担当

サウジのアニメーターが中東のアニメシリーズを担当

05 Jun 2020
アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと共に仕事を始めたと語った。(提供)
アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと共に仕事を始めたと語った。(提供)
アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと共に仕事を始めたと語った。(提供)
アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと共に仕事を始めたと語った。(提供)
アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと共に仕事を始めたと語った。(提供)
アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと共に仕事を始めたと語った。(提供)
Short Url:
Updated 05 Jun 2020
05 Jun 2020

アミン・アッバス、ドバイ

サウジのアニメーター兼イラストレーター、ファラ・アリフは、最近発表された『フューチャーズフォークテイル』(邦題『アサティール:未来の昔話』)と呼ばれるサウジ/日本のアニメシリーズを担当した。

このアニメシリーズは、アラブのテレビ、MBC1チャンネルとスペース・トゥーンで放映されていた。アリフは2018年に、プリンス・モハメッド・ビン・サルマン皇太子が設立した『ミスク』財団の関連会社、マンガプロダクションズと協力して仕事に取り掛かったと語った。

「私たちは東映アニメーションとコラボレーションし、制作前から制作後の活動まで、密接に協力し合いました。私たちは東映チームに粗筋と脚本を渡し、私たちの豊かな文化に必ず適合するようなキャラクターデザインを始めました」と、アリフはアラブニュースジャパンに語った。

https://youtu.be/TAsl2iUXvDU

「この番組への人々の反応、とりわけ子どもたちの反応に、私はとても満足しています。この番組が終了した後、私たちはイド・アル=フィトル用のためになるビデオをつくることに決めました」と、アリフは付け加えた。「このプロジェクトの間、私は制作チームを率いる機会を得て、仲間の支持を受けて、下田正美氏と共同ディレクターを務めました。視聴者は気に入ってくれました」

中東の至る所で、自分の作品がテレビ画面に映し出されることは、「夢の実現」になったとアリフは語った。

「わたしたちは『カンヌ国際映画祭の旅』という初めてのサウジ/日本のアニメーション映画の特別上映会を行っていることでしょう。そして現在、この地域ばかりか世界中のさまざまなチャンネルやプラットフォームで、『フューチャーズフォークテイル』を放映しています。

マンガプロダクションに加わったらすぐに、プロジェクトとインターンシップのために、日本へ行く機会があった、とアリフはアラブニュースジャパンに語った。

「お台場、秋葉原など多くの地域をめぐり、ディズニーランドにも行きました。お台場の景色は美しかったし、秋葉原はあらゆるアニメ・ゲーム商品の中心地です」と語った。

アリフは12歳の時にアニメーションの道を歩み始め、必要な知識を独学せざるを得ないという困難に直面した。

「私にとっての大きな困難は、その当時、アニメーションやイラストのプログラムやコースが一切なかったので、自分で学ばなければならなかったことです。この業界に参入しながら、イラストをアニメ化する方法を独力で学ぶことは困難でした。今や事態は変わってきており、サウジアラビアとこの地域で、この業界は成長しつつあり、とても嬉しいです」と付け加えた。

Most Popular
Recommended

return to top