Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジの画家にとって、家はアートがある場所

サウジの画家にとって、家はアートがある場所

20 Jul 2020
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品にも絵を描くことにした。(写真/提供)
Short Url:
Updated 20 Jul 2020
20 Jul 2020
  • アーティストは壁、家具をキャンバスにして、ロックダウンの憂うつを吹き飛ばす

アミーラ・アービド

ジェッダ:新しい曲を聞いたり、たわいのない夢を見たりしてインスピレーションを感じることがある。コロナウイルスのロックダウン中にサウジアラビアのあるアーティストが発見したように、まったく予想しないタイミングで新しいアイデアが浮かぶこともある。

Nahla Ghafaili氏は外出禁止令の間、退屈を紛らわすため絵を描くことにしたもののすぐにキャンバスがなくなり、家にある日用品、家具などにも絵を描くことにした。

ジェッダにあるEleven Art and Gallery Cafeのオーナーでもある同氏は、クリエイティブな可能性を制限するルールを嫌う。

「私はさまざまな形態のアートを経験しており、試せそうなアートのさまざまな形態をネットで調べていました」と述べた。

多くのアーティストにとって、ロックダウンは苦しい戦いだったが、パンデミックの思いがけないプラス面を見つけた人もいる。Ghafaili氏の場合、それは自宅でそのコンテンツに見た芸術的可能性だった。

Ghafaili氏が、家にすでにある家具、壁、カーペット、バッグ、彫刻などの表面にさまざまな技法を使いながら制作を完成させるにはしばらく時間がかかった。

家具に描いた絵の動画をアップロードするたびに、オンラインの人々は家具を「台無し」にするなと言った。しかし「とても素晴らしい作品となった」ため、粘り強く取り組んだ。

Ghafaili氏は、子供の頃絵を描くことを学び、娘がこの趣味からキャリアを築くに十分な興味を持っていると期待した父親からインスピレーションを得たと語った。

この39歳の画家は「色鉛筆に触れることなく12年間過ごした」後、2016年にアートへの情熱を再燃させた。

Ghafaili氏は次のように語った。「私はひどくふさぎ込んでいました。当時、生活の中でたくさんの問題を抱えていました。それで、また絵を始めることにしました。絵を描くことは私にとって薬のようなものです。描いている時、悩むのをやめて別の世界にいられます。」

しかし、同氏は自分の作品を公表しなかった。「作品は私の一部でした。私が描いた絵を私と同じように大切にしてくれると分かる人にだけ絵を売るようになりました」と語った。

Ghafaili氏は依然として絵を一種の治療と見なしており、その創造的な本能に満たされるのを楽しんでいる。それは家具への制作における基本であり、同氏のカフェとギャラリーも同じ原則に従っている。絵を描く前に計画を立てることは決してないと述べた。

同氏はアラブニュースに、多くのアートギャラリーはその「型破り」なスタイルゆえに同氏の作品を受け入れたがらないので、自分のギャラリーを開くことに決めたと語った。

ジェッダにあるギャラリーについて、ルールや規制にとらわれないアーティストのためのオープンスペースであると説明した。

「自分のアートを何か別のものと組み合わせたかったので、社交の場にぴったりの媒体であるコーヒーを選びました。このカフェは、新しいアーティストも経験豊富な画家たちも含むすべての人が利用できます。アートに興味がない人もコーヒーを飲みに来ることができます。」

Ghafaili氏はカフェのコンセプトをサウジアラビア全体に広め、アーティストに刺激を与え、境界がアートを定義するべきではないというメッセージを送りたいと考えている。

topics
Most Popular
Recommended

return to top