Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 食べる・飲む・買う:UAE初の日本のライフスタイル・カルチャーショップ「FRAME」

食べる・飲む・買う:UAE初の日本のライフスタイル・カルチャーショップ「FRAME」

UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAEと中東で初の「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」であるFRAME(ANJPの写真)
UAE・ドバイのFRAMEに併設された日本のラーメン店「YUi」(ANJPの写真)
UAE・ドバイのFRAMEに併設された日本のラーメン店「YUi」(ANJPの写真)
UAE・ドバイのFRAMEに併設された日本のラーメン店「YUi」(ANJPの写真)
UAE・ドバイのFRAMEに併設された日本のラーメン店「YUi」(ANJPの写真)
Short Url:
25 Aug 2020 06:08:28 GMT9
25 Aug 2020 06:08:28 GMT9

カーラ・シャルール・ドバイ

 

アラブ首長国連邦(UAE)と中東で初となる「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」のFRAMEは、ファッション、コーヒー、ラーメンが共生する空間で、コンセプチュアルかつ自由奔放でモダンなショッピング体験を提供する。

FRAMEでは、3つのスペースが連動し、それぞれが異なるコンセプトに特化している。第1エリアは、コム・デ・ギャルソン、UNDERCOVER、渡辺淳弥、NEIGHBORHOODなど、アバンギャルドな日本のブランドが揃う広大な店舗空間「FRAME shop」。

第2エリアは、本格的な手打ちラーメンを提供する日本料理店「Yui」。

最後となる第3エリアは、コーヒーの調達・焙煎・淹れ方だけでなく、全体の味にもこだわることが求められるコーヒーの「輝き」を追求することで、ユニークなコーヒー体験を提供するコーヒーショップ「La Cabra」。

2017年にFRAMEを設立したクリエイティブな人であり、ピーターとして知られるチョン・ウク・アンは、日本の職人技にインスパイアされたものがほとんどである同店の設立に至るまでの影響力のあるプロセスについて、アラブニュースジャパンに独占的に語ってくれた。

ピーターがクリエイティブな職業に就くまでの道のりは一筋縄ではいかなかった。韓国のソウルで生まれ育った彼は、本や音楽、執筆活動、図書館や美術館の訪問など、屋内で過ごす日々を過ごした。

「美しく書かれた歌の歌詞や、小説の主人公の冒険、美術品からインスピレーションを得ました」とピーターは述べる。

ピーターは、創造的な芸術に肌が合っていたにもかかわらず、学問的に芸術を追求することはせず、韓国の大手企業から奨学金を得て、韓国以外の学校を選択できるように支援してもらうことになったことを受け、関係のない分野の学位を取得するためにシンガポールに移住した。

2011年には、当時勤めていた会社の駐在員としてドバイに派遣された。

当初は長期的にドバイに定住するとは思っていなかったが、シンガポールを彷彿とさせるドバイの街が好きになったという。やがて奥様と出会い、家庭を築き、ドバイが彼の家となった。

FRAMEのオープンを決めたのは第一子が生まれる前の2015年で、これをきっかけに彼は、父親としての自分の役割をイメージするために、自分自身と周囲の環境を分析するようになった。

「2015年、妻が第一子を妊娠し、自分がどんな父親になりたいのか、子供がどんな環境で育つのか、どうすれば彼女の人生に変化をもたらすことができるのかを考えていました」とピーターは語る。
                                                       
「私は、文化が非常に多様な都市に住んでいる駐在員の家族として、アートや食べ物、ファッションなど、様々な場所の要素を共有できる空間やプラットフォームを作ることに貢献したいと考えました。それを実現するために、ドバイの人々のライフスタイルを考えました。そこで思いついたコンセプトは「食べる・飲む・買う」です。食べる・飲む・買うという生きる上で必須の要素のすべてを一つの空間で紹介したいと思いました。この提案は当時のドバイでは少し斬新なものであったため、なかなか承認を得ることができず、友人の中にはこのような新しいコンセプトが成功するかどうか疑っている人もいました。しかし、ドバイ・デザイン・ディストリクトは、アーティストや新しいコンセプトをそのユニークな空間に持ち込むことを目指すフリーゾーンのスペースだったので、そこに店を構えることにしました」とピーターは詳しく語った。

FRAMEは小売業を再解釈し、メンズとレディースのアパレルコレクションや、様々なジャンルの家庭用品、文房具、世界中から調達したレコード、ヴィンテージの本、植物、食料品、玩具、アーティスト中心の収集品など、工芸品のキュレーションに焦点を当てている。

この店の最大の魅力は、空間全体を構成するディテールにある。展示品から建築デザインに至るまで、店舗の要素はすべての面で日本文化の概念を再現するために厳選されたものだ。

店内では目玉となるデザイン要素として、アーティストがデザインしたスケートボードが複雑にディスプレイされた壁や、創業者の個人的なコレクションである本やクマの木のおもちゃが展示された本物の日本の木材で作られた棚があり、アートと文化を同時に表現することで、空間全体のストーリーを物語っている。

「ブランドストーリー、品質、デザイン、機能性の4つを重視して商品を選定しています。生ける伝説の川久保玲が創業したコム・デ・ギャルソン、美しい『ヤングアダルト』カルチャーを発信するメディコム・トイのグッズ、飯干由美子のお皿のクラフトマンシップ、BLAKEYEPATCHのような新進気鋭のブランドなど、日本のファッション文化を発信する上では、『外国人が買う』ブランドを選ぶのではなく(日本人以外の客の視点でもなく)、実際の日本人が日本の街中で買っているものを選んでいます」とピーターは語る。

唯一無二の店を詳しく紹介するため、店長のアミルラン・クラコフはアラブニュースジャパンをFRAMEの店内に案内し、日本のプレミアムなライフスタイルと文化を紹介し、人々にインスピレーションを与えるために店が実施しているミッションについて説明した。

 

その際、クラコフはお気に入りのブランドや作品の背景にあるストーリーについて時間をかけて説明してくれた。店内にいるデザイナーについての彼の幅広い知識は、なぜ特定の衣服や靴が特定の方法で作られたのかを明らかにするのに役立だった。

このことは、顧客に服に描かれている芸術的なグラフィックをより深く理解してもらうだけでなく、そのブランドに個人的な結びつきを感じることにも役立っているという。

FRAME内のパーソナルストーリーは、ピーターの長女にちなんで名付けられたレストラン「YUi」の開店につながった。YUiは日本語で「唯一」という意味でもあり、2018年の創業時には、中東で唯一のラーメン専門店であることから、店名に使われることになった。また、店名の背景にある和の影響をさらに強調するために、ロゴマーク自体も日本の家紋をモチーフにしており、全体のコンセプトに意味のある信憑性を与えている。

YUiは、あらゆる面で伝統的なルーツを忠実に守っている。ミニマリズムなインテリアと木製のパーティションで仕切られた小さなダイニングエリアが特徴となっており、店内に入ると京都の旅館にいるかのような錯覚に陥っても不思議ではない。

料理は素材を大切にし、日本のラーメンの深い味わいを感じてもらえるような料理を提供したいとの思いが込められている。

料理の出汁には、ハラルチキンや地元業者から仕入れた新鮮なアサリを使用するなど、現地の食文化に合わせた料理を意識している。

さらに、本場の味を忠実に再現するために厳選された日本の食材を使用し、毎日10時間煮込むことで風味を高めている。

毎日作られる新鮮な自家製のビーガン麺は1日熟成させることでモチモチ感とコシのある生地の食感を実現しており、まさに芸術品のようなラーメンとなっている。

メニューも豊富で、「まぜそば」(鶏ひき肉の味噌風味ラーメン)や「醤油ラーメン」(鶏チャーシュー、メンマ、ねぎの味噌ダシラーメン)など、バリエーション豊かに取り揃えている。

ベジタリアンの方には、野菜ベースの味噌ダシに水菜、ナス、ネギ、ニンジン、マッシュルーム、メンマを添えた「味噌ベジラーメン」がおすすめだ。

YUiにはラーメン好きにはたまらない一品が揃っている。

五感を刺激するようにデザインされた店内では、日本のライフスタイルに合った商品が厳選されている。嗅覚としては、隣接するコーヒーショップ「La Cabra」が、焙煎したてのコーヒー豆の香りが空間に漂い、美味しい香りに包まれている。味覚としては、店舗内に併設された日本のラーメン店「Yui」で、上質な料理を提供している。心としては、厳選された商品が並んでいる。そして視覚としては、慎重にデザインされた店舗の建築様式、聴覚としては、FRAME Recordsの世界各国の音楽を集めたレコードの数々。

振り返ってみると、FRAMEは単なる「日本のライフスタイル・カルチャーショップ」ではなく、日本の文化を体験できるお店であると感じる。

「FRAMEを訪れた人には、表参道の店舗と同じようなサービスや小売体験を提供したいと考えています」とピーターは語る。

 

特に人気
オススメ

return to top