Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • UAEは、米国からF-35戦闘機および無人機を230億ドルで購入する協定に調印

UAEは、米国からF-35戦闘機および無人機を230億ドルで購入する協定に調印

ロッキード・マーティン F-35 ライトニング II は、アメリカの単座、単発、全天候型ステルス多用途戦闘機の1つで、制空権と攻撃任務の両方を遂行することを目的としている。 (Wikipedia)
ロッキード・マーティン F-35 ライトニング II は、アメリカの単座、単発、全天候型ステルス多用途戦闘機の1つで、制空権と攻撃任務の両方を遂行することを目的としている。 (Wikipedia)
Short Url:
23 Jan 2021 04:01:16 GMT9
23 Jan 2021 04:01:16 GMT9

アラブニュース

  • パッケージにはF-35A戦闘機50機、MQ-9B無人機18機、各種軍需物資が含まれる
  • 「UAEは緊張緩和と新たな地域的対話にコミットしている」— 大使館

ドバイ: UAEは、米国との間で230億ドルの防衛装備と最大50機の米国製F-35戦闘機を購入する協定の調印を完了した。

在ワシントンUAE大使館は、ウェブサイトの声明で次のように述べている。「アラブ首長国連邦は、以前に発表された通り、F-35統合打撃戦闘機およびその他の防衛装備の調達に関し、米国政府との間の協定書(LOA)をまとめた。」

大使館によると、LOAは火曜日に完成し、コスト、技術仕様、予想される納期スケジュールなど、UAEの購入条件を確認したという。

契約には「F-35A戦闘機50機(104億ドル相当)、MQ-9B無人機18機(29.7億ドル相当)、様々な軍需物資(100億ドル相当)」が含まれている、と声明は述べている。

声明はまた、ドナルド・トランプ米大統領の任期最終日に調印された最新の防衛パッケージは、「地域で高まる脅威に対抗するために軍事的な相互運用性を強化することで、UAEと米国のパートナーシップを確認する 」と付け加えている。

大使館はまた、この協定は「パートナーが中東における自国および集団的安全保障に対してより多くの責任を負うことを可能にするという超党派の米国の国家防衛戦略と一致するものである」と指摘した。

また、米上院が昨年12月に売却を阻止しようとする試みを却下したことにも言及している。

採決を受けて、UAEのユセフ・アル・オタイバ駐ワシントン大使は12月9日、声明を発表し、次のように述べている。「UAEは、本日の採決における上院議員の皆様のご配慮に深く感謝します。米国の支援が継続されることで、UAEは集団的安全保障、すなわち、自国の、貴国の、そしてパートナーの安全保障に関し、より多くの負担を引き受けることが可能になります。」

「開放的、寛容、未来志向のUAEは、中東に新たなポジティブな道を切り開いています。」

アル・オタイバ氏は、同国は地域の緊張緩和と対話にコミットしており、「世界的な健康危機、気候問題、核兵器の拡散、地域紛争といった差し迫った課題について」、米国との49年にわたる関係が深まることを楽しみにしていると付け加えた。

大使館の声明もまた、UAEが緊張緩和と新たな地域的対話にコミットしていることを改めて強調した。

アブダビのムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン皇太子.氏は木曜日、UAEはジョー・バイデン米大統領と 「共通の世界的課題の克服 」に向けて協力することを楽しみにしており、「我々の地域の平和を支える努力を強化する用意ができている 」と語った。

特に人気
オススメ

return to top