Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • マイケル・ジャクソンのMV新バージョンで、スパイク・リー監督が大阪からの抗議行動を取り上げる

マイケル・ジャクソンのMV新バージョンで、スパイク・リー監督が大阪からの抗議行動を取り上げる

大阪での抗議行動は、マイケル・ジャクソンの「ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス」2020年バージョンで取り上げられた。(YouTube)
大阪での抗議行動は、マイケル・ジャクソンの「ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス」2020年バージョンで取り上げられた。(YouTube)
Short Url:
01 Sep 2020 11:09:17 GMT9
01 Sep 2020 11:09:17 GMT9

ダイアナ・ファラー、ドバイ

スパイク・リー監督が毎年主催するブルックリン・ラブズ・マイケル・ジャクソンのバーチャル野外(ブロック)パーティーで、マイケル・ジャクソンの1995年シングルカット曲、『ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス』のミュージックビデオ(MV)新バージョンが初お目見えして、今は亡きこのミュージシャンの誕生日を祝った。

この新ビデオは大阪、パリ、チュニス、シカゴ、ケープタウンを始め、最近の世界中からの抗議行動のクリップを取り上げている。

今年これまでに発生したデモは、ブラック・ライブズ・マターの運動と連帯して、警察の残忍さに抗議するものだった。

このシングルカット曲のために、元々撮影していた2つのショートフィルムから取ったシーンも、この新たなミュージックビデオの1部となっている。

リー監督はこのMV発表に合わせた声明で、「優れたプロテスト・ソングは古くなったり、重要性が失われたりしないのです。なぜなら闘争はなおも続いているのですから。『ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス』は、私たちが暮らす、この狂った、感染爆発の世界でもアンセム(賛歌)なのです。マイケル・ジャクソンの誕生を祝って、万人の平等を求める闘いを続けていくために、私たちは『ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス』の2020年バージョンのショートフィルムをつくりました」

詳し く は こちら

topics
特に人気
オススメ

return to top