Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の国際フェア、アラブパビリオンで訪問者に笑顔

日本の国際フェア、アラブパビリオンで訪問者に笑顔

31 Oct 2019
アラブ諸国5カ国を含む20カ国以上の学生が国際フェアに参加した。(提供写真)
アラブ諸国5カ国を含む20カ国以上の学生が国際フェアに参加した。(提供写真)
Updated 31 Oct 2019
31 Oct 2019

ロバシャンカラン・ヘマラジャン、オマール・アルガムディ・ヒラツカ

日本の東海大学に通うアラブ人留学生が、同大学で毎年開催されている国際フェアで一堂に会した。

アラブ諸国5カ国を含む20カ国以上の学生がフェアに参加したが、アラブパビリオンはその中で最大で、日本の名前をアラビア語で書いたり、アラブ諸国に関するクイズステーションが設けられた。

試食コーナーでは、主にナツメヤシで作られたお菓子が出されたが、日本人の客に最も好評だったのは、アラビアコーヒーだった。「今まで味わったことのないコーヒーでした」と、ある日本人学生は感想を述べた。

アラビア語の「名前コーナー」も人気を呼んだ。ブースを担当していたライアン・アシリさんは、「(日本人にとって)初めての体験です。お客さんの目に浮かんだ喜びが、励みになりました」と語った。

訪れた人の名をアラビア語で書き、その後好きな色のリボンを選んでもらい、名札を作って渡していた。

クイズステーションでは、アラブ世界で使われる物を見せて、それが何であるかを当ててもらったり、アラビア語を話す国を挙げてもらった。3回正解した人には、アラブ諸国を描写したキーホルダーがプレゼントされた。

アラブ世界の伝統的なヘナも、フェスティバル体験に彩りを添えた。パビリオンを訪れていた2人の日本人女性は、「手にヘナを描いてもらったのは2回目ですが、興味深いですし、すごく気に入ってます」と話した。

アラブ学生によるパフォーマンスもあった。アブドゥラマン・アル=カルザイさんがトルコの撥弦楽器ウードを演奏し、他の学生が歌を歌った。

topics
Most Popular
Recommended

return to top