Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ジャン・ヌーヴェルのアルーラのシャランリゾートのコンセプトデザインが発表される

ジャン・ヌーヴェルのアルーラのシャランリゾートのコンセプトデザインが発表される

上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)
Short Url:
29 Oct 2020 12:10:55 GMT9
29 Oct 2020 12:10:55 GMT9
  • デザインは、サウジアラビア初のユネスコ世界遺産であるヘグラの近くにあるナバタイ文明の驚異をモチーフにしている。

アラブニュース

サウジアラビアのアルーラ:10月27日に明らかになったジャン・ヌーヴェルによるシャランリゾートの新しいコンセプトデザインは、アラビア北西部の文化的オアシスであるアルーラに対する建築家の大胆なビジョンをより一層理解させてくれる。

シャラン自然保護区の奥深くに位置し、サウジアラビア初のユネスコ世界遺産に登録されたヘグラのナバタイ文明の驚異をデザインに取り入れている。世界で初めて、この2,000年前の建築遺産がジャン・ヌーヴェルによって、ナバタイ人がこの地域の数百万年前の砂岩に彫刻をして以来、初めて蘇る可能性を秘めている

コンセプトが発表されたとき、建築家のジャン・ヌーヴェルは、アルーラを「景観と歴史の融合、並外れた風景の中での過去の文明の歴史、このような傑作を創り出すする唯一の場所」と表現した。

ヌーヴェルは、このようなユニークな景観を保全することの重要性を強調する。「アルーラはそれ自体が博物館である。ワジや絶壁、砂地や岩場の輪郭、地質学的・考古学的な遺跡など、すべてが最大の考慮に値します。アルーラのすべての特徴を維持し、その魅力を維持することが不可欠であり、その大部分は人里離れた、古代からの特徴が横たわっている。私たちは、小さな謎を守り、これからの発見を約束するものでなければならない」と語った。

アルーラの景観と古代の遺産を尊重するというヌーヴェルの姿勢は、近代建築の考えから遠ざかることを意味するものではない。「アルーラは一定の現代性を獲得するに値する」と彼は提案する。「未来を想像することは終わりのない義務であり、今この現在を完全に生きていること、そして過去を想像することを要求されるのである」

ジャン・ヌーヴェルは、自然や都市の景観への影響を最小限に抑えながら、古い生活様式を現代の世界に適応させる方法を説明する。これを実現するために、ヌーヴェルは抽象化を用いて、景観と競合するのではなく、景観そのものの中で彫刻を行うという、これまでにない新しい建築の類型を導入した。それは現在の上に構築し、未来への挑戦に立ち向かうために古い生活を演じるナバテア人に感化されている。ジャン・ヌーヴェルは、垂直性と水平性の両方で、環境と相互作用する方法を統合して、夏の暑さや冬の寒さから離れて、地球とのつながりを取り戻し持続可能な生息地を築いたナバテア人のやり方を取り入れている。

上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)

ヌーヴェルは、このリゾートを、自然、建築、芸術の境界線上にある強い空間的、感覚的、感情的な体験をもたらす機会だと考えている。自然の音、音楽性、厳しさ、触覚、力強さ、複雑さがいたるところにあり、バルコニーの細かく刻まれた石から岩壁の特異な粒度まで、すべてがそれ自体が芸術作品となるのだ。

「私たちのプロジェクトは、人間性と時間が神聖にしてきたものを危険にさらすべきではない」とヌーヴェルは強調する。「私たちのプロジェクトは、ナバテア人の精神を風刺することなく称賛しているのだ。この創造物は真の文化的行為となる」とヌーヴェルは強調する。

ジャン・ヌーヴェルは、音楽的な意味でキュレーターのアプローチを取り、昼夜を問わず、さまざまな色、光、影、風、集中豪雨、そして時間の経過とともに、そこに住む喜びに向けて公共空間を創造してきた。彼は旅行者に、岩の永続的な感触からアームチェア、ソファ、座席の柔らかな快適さまで、彼のデザインの細部に至るまで、何千年もの文明と地理的な知層を旅するように勧めている。

その結果、ゲストは時空を超えた思い出に残る旅に深く浸ることができ、アルーラの本質を発見することができるでしょう。シャラアンの大自然の中での没入型の体験を通して、訪問者はアルウラの中にある何百もの遺跡に触れることができる。しかし、この程度の贅沢は、自然の景観を犠牲にするものではない。

上は、ジャン・ヌーヴェルによるシャランの新しいコンセプトデザイン(アルーラのための王立委員会)

ジャン・ヌーベルによるシャランリゾートは、文化、遺産、エコツーリズムの世界的な目的地としてアルーラを開発するRCUの戦略の重要な要素となります。アルーラ憲章は、アルーラ王立委員会(RCU)が将来の長期的な開発にコミットする12の指針を含むフレームワーク文書内で設計されている。また、リトリートサミットセンターやレストランを通じ、地域の多様化する経済に貢献する。

RCUのCEOであるアムル・アルマダーニ氏は、次のように述べている。「ジャン・ヌーヴェルの建築における卓越した革新性を示すこれらのコンセプトは、アルーラの歴史、遺産、景観を損なうことなく、世界的な観光地としてアルーラを発展させるという私たちのコミットメントを強調している。私たちは芸術家によって建設されたデスティネーションなのだ。ジャン・ヌーヴェルのシャランは、その遺産を基に、永遠に続く時代を超えた景観建築家となり、世界への贈り物となることだろう」

特に人気
オススメ

return to top