Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 第33回東京国際映画祭、会場に人を入れて開催

第33回東京国際映画祭、会場に人を入れて開催

第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。(提供:東京国際映画祭)
Short Url:
07 Nov 2020 02:11:39 GMT9
07 Nov 2020 02:11:39 GMT9

アラブニュース・ジャパン

東京:第33回東京国際映画祭(TIFF)は、会場に人を入れて10月31日から10日間におよぶイベントを開催した。オープニングセレモニーの前には屋内でレッドカーペット・イベントが行われた。海外との出入国が依然として制限されている中、日本を中心に活躍する映画人やスターたちが、日本の首都のエレガントな中心部にある東京国際フォーラムのカーペットを敷いた大階段に登場した。

パンデミックの影響で安全対策が徹底され、海外からの映画製作者にも対応できるよう、一部のシンポジウムや会議はオンラインで行われることになっている。東京国際映画祭では、特別なTOKYOプレミア2020部門に選出された32作品を含む100本以上の作品を上映し、観客賞の対象とする予定だという。

レッドカーペットを歩いた著名人には、大九明子さん、深田晃司さん、国際的に活躍する女優の筒井真理子さんなど、日本を代表する映画監督や俳優がいる。

また、『レディ・プレイヤー1』の森崎ウィンさん、2020年カンヌ国際映画祭プレミア上映作品『本気のしるし』の土村芳さんと高橋孝太さんもレッドカーペットに登場した。東京国際映画祭のプレスリリースによると、初めて東京国際映画祭に参加した森崎さんは、会場に人を入れて映画祭を開催した主催者に感謝の意を表したという。 

また、2018年の東京国際映画祭で2つの賞を受賞した『僕の帰る場所』の藤元明緒監督が、日本・ベトナム合作の新作を携えて帰ってきた。

 『アケラット』で2017年東京国際映画祭最優秀監督賞を受賞したマレーシアのエドモンド・ヨウ監督が、2週間の隔離期間を経て、日本で一部撮影を行ったTOKYOプレミア2020作品『Malu 夢路』の制作チームの日本人メンバーと共にレッドカーペットに登場した。  

他には、特別招待作品『フード・ラック!食運』の土屋太鳳さん、EXILEのNAOTOさん、リム・カーワイ監督のTOKYOプレミア2020作品『カム・アンド・ゴー』に出演している女優の渡辺真起子さんなどが登場した。また、リム監督はパンデミックの影響でマレーシアに帰国していたため、2週間の自己隔離を行っていた。

東京国際映画祭のクロージング作品『HOKUSAI』の橋本一監督は、脚本家で女優の河原れんさんと共に登場した。

オープニングセレモニーでは、フィルムスコア・フィルハーモニック・オーケストラによる、世界で最も愛されている映画のテーマ曲などの熱気あふれる生演奏が披露された。

東京国際映画祭の安藤裕康チェアマンはステージから観客に、「春からパンデミックの影響で映画祭を開催するかどうか熟慮していましたが、オープニングセレモニーに多くの方が参加されていることに感激しています」と挨拶した。

レッドカーペットに登場した映画人やスターを紹介した後、祝福のビデオメッセージが次々と再生された。最初のビデオメッセージは梶山弘志経済産業大臣からで、パンデミックにもかかわらず、『今日から俺は!!』などの映画が日本で公開され、大ヒットを記録したことに言及し、映画産業の回復力と観客の映画への愛情を強調した。

クリストファー・ノーラン監督もビデオで祝福の言葉を述べ、「このような困難な時期に、あなた方が大きなスクリーンで映画を鑑賞することに敬意を表し、楽しむ方法を見つけたことは、私自身や世界中の映画製作者にとってインスピレーションの源となっています」とコメントした。

同じくビデオメッセージで、カンヌ国際映画祭とリュミエール映画祭のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が、2020年が映画と映画館の誕生125周年にあたることに言及した。「今年は誰にとっても困難な年になりました。しかし、映画祭を開催することは、そういった困難に立ち向かうための方法の1つです。人々は世界中で映画を作っていて、それが上映されて一般の人に見てもらえることを願っています。映画製作者を勇気づけることは、観客を勇気づけることにもなります。東京国際映画祭が開催されることは素晴らしいことです。映画祭の主催者、アーティスト、そして観客のおかげで、映画館にはまだ素晴らしい未来があります」とフレモー氏は述べた。

最後に、ロバート・デ・ニーロ氏がビデオで登場し、「東京国際映画祭が大成功を収めることを願っていますし、大成功することを確信しています」と話した。

続いて、『Shall we ダンス?』や是枝裕和監督の『三度目の殺人』などで国際的に高い評価を受けている俳優で、フェスティバル・アンバサダーを務める役所広司さんが登壇し、西川美和監督の『すばらしき世界』でシカゴ国際映画祭の最優秀演技賞を最近受賞したことを祝福された。

カンヌ国際映画祭の受賞者で、「Japan Now」部門で特集された監督の深田晃司さんは、同部門で上映される作品に出演する筒井真理子さん(『淵に立つ』・『よこがお』)と森崎ウィンさん(『本気のしるし』)の2人と共に登壇した。

筒井さんは、最近『よこがお』で日本政府から賞を受賞したことを祝福された。「しかし、悲しいことにコロナウイルスの影響で授賞式はなく、宅配便で送られてきた賞状を自宅で受け取りました」と筒井さんは話した。

オープニングセレモニーが終了すると、東京国際映画祭オープニング作品『アンダードッグ』の武正晴監督、脚本家の足立紳さん、佐藤現プロデューサーが出演者の北村匠海さん、瀧内公美さんと共に登壇した。主演の森山未來さんは大阪から、後ろのスクリーンで再生されたビデオで登場した。

東京国際映画祭は10月31日から11月9日まで六本木ヒルズで世界中の映画を上映する。

特に人気
オススメ

return to top