Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 任天堂、ディスプレイをアップグレードしたSwitchを349.99ドルで発売

任天堂、ディスプレイをアップグレードしたSwitchを349.99ドルで発売

2019年10月29日、フランス・パリのパリゲームウィークで撮影された任天堂Switchゲームコンソール。(ロイター)
2019年10月29日、フランス・パリのパリゲームウィークで撮影された任天堂Switchゲームコンソール。(ロイター)
Short Url:
07 Jul 2021 03:07:47 GMT9
07 Jul 2021 03:07:47 GMT9

東京: 日本の任天堂は火曜日、ディスプレイがアップグレードされたビデオゲームコンソールSwitchの新モデルを、10月8日に349.99ドルで発売すると発表した。

京都を拠点とする同社の2度目のSwitchの大規模アップグレード版は、7インチの有機発光ダイオード(OLED)スクリーンを有しており、年末商戦に向けた需要の喚起を目的としている。

任天堂は、新型コロナウイルスの間のゲーム人気に売上を後押しされ、299.99ドルの据置・携帯ハイブリッドのSwitchと、199.99ドルの携帯専用のSwitch Liteを8500万台販売した。

業界ウォッチャーは、任天堂が販売開始から5年目の年に、より革新的なアップグレードを発表していないことに驚きを示した。

「携帯型ゲーム機のゲーマーにとっては大きなアップグレードですが、一般的には、新しい機器は大幅により強力なものになると期待されていました」と、コンサルティング会社カンタンゲームズの創設者セルカン・トト氏は述べた。

ゲーマーの間では、任天堂が、アップグレードされた中央演算処理装置(CPU)を有し、テレビ接続時に4K出力できるSwitchを発売しようとしている、というメディア報道により期待が高まっていたが、新型機はどちらも備えていない。

「追加のグラフィック性能がなくとも、多くの現フラッグシップモデルの所有者がOLED版にアップグレードすると予想しています」と、アンペア・アナリシスのゲームリサーチ部門トップ、ピアース・ハーディング・ロールス氏は述べた。

新型機は、より鮮明な映像を提供するが、昨年次世代型コンソールを発売した、競合するソニーグループやマイクロソフト社との性能差は縮まらない。

これらの機器は、電子機器や自動車の製造に影響するチップ不足にメーカーが対応しているため、入手困難である。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top