Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • シャルジャ芸術財団、第3回シャルジャパン展を開催

シャルジャ芸術財団、第3回シャルジャパン展を開催

「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)
Short Url:
16 Jul 2021 10:07:59 GMT9
16 Jul 2021 10:07:59 GMT9

アミン・アッバス

シャルジャ芸術財団(Sharjah Art Foundation)は、長谷川祐子氏のキュレーションによる第3回シャルジャパン(Sharjapan)展「落ち着き― 日本建築における孤独とつながり」(Remain Calm:Solitude and Connectivity in Japanese Architecture)を開催する。7月24日から10月1日まで開催されるこの展覧会は、建築と人々の生活の密接な関係を掘り下げながら、日本の著名な建築家や芸術家たちの作品を紹介していくものだ。

紹介される作家たちは、伝統的なコンセプトを使用して、近代と現代の両要素を兼ね備えた空間を創造している。囲われた空間として従来捉えられていた建築は、外界から独立していながら、同時に周囲の環境と対話しながら存在している。

「落ち着き」(Remain Calm)展覧会は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。(提供写真)

「落ち着き」展は、13世紀の日本の歌人・随筆家、鴨長明からインスピレーションを得て、日本建築の根底にある精神的な一側面を示すプロトタイプとしての庵や小屋にスポットを当てている。鴨長明は飢饉、自然災害や戦争を目の当たりにして、小さな折り畳み式の小屋にこもり、鴨川のほとりに沿って移動しながら暮らした。この持ち運び可能なシェルターとしての住居は、長明に静かに思考できる場所、落ち着いた空間を提供した。外界から独立していると同時に、五感を通じて周囲の環境とつながっている住処だったのだ。今回の展覧会では、13世紀から現在に及ぶ建築プロジェクトを、歴史学的ならびに同時代的な視点から、「孤独」と「つながり」という2つの主要なテーマに基づく観察を通して検証している。

「落ち着き」展で紹介される近現代のプロジェクトは、外の世界とのつながりを保ちながら、日本の小屋や、禅文化に端を発する茶室および伝統的な数寄屋造りの住宅建築などに欠かせない特性である、シンプルさ、静けさ、自律性を受け継いでいる 。

展覧会は、美的、様式的、方法論的に同様の構造の明快さを示す日本の実験的な建築を来場者に紹介する。

「落ち着き」展は、広がりのあるデザインを中心としており、抽象的な概念を探求した彫刻作品、空間的広がりを持ちパフォーマンスを伴うマルチメディアインスタレーション、建築プロジェクトのドローイング、写真、縮尺モデルなどを見ることができる。

千利休作の待庵の模型が一連の展示の出発点となり、続いて、藤井厚二、村野藤吾、堀口捨己、伊東豊雄、妹島和世、石上純也、大西麻貴+百田有希、増田信吾+大坪克亘各氏らよく知られている建築家や新進の建築家たちの作品が紹介される。アーティスト、ナイル・ケティング氏によるパフォーマンスを伴うインスタレーションも行われる。

ケティング氏のパフォーマンスは、展覧会初日24日の午前11時から午後9時の間に行われる。ジャンルの垣根を超えて活動しているケティング氏は、作家・研究者のミリアム・ストーニーの著作に触発された、彼の継続的なパフォーマンス・インスタレーションの新バージョン、「落ち着き(減少した+)」(Remain Calm(Reduced +))を発表する。そこで展開する未来的な風景は、地震、洪水、火災、隕石の衝突などの自然災害の状況をシミュレートするようプログラムされている。シミュレーションが行われる「セット」で災害が発生すると、インスタレーションは組織が非常事態にあると想定し、そこからどのような連帯が生まれてくるのかを問題にする。このパフォーマンスは、危機の際に美術館や芸術センターが果たすことができる役割についての実践的な視点を提供するものだ。霧、光、マイクロプラスチックの砂、空港のインフォメーション表示に見られるような様式化された動画などの感覚的要素により、想像力を刺激する情景が生み出される。

「落ち着き ― 日本建築における孤独とつながり」は、シャルジャ芸術財団とキュレーターの長谷川祐子氏との4年間のコラボレーションにおける3度目の展覧会である。展覧会は、シャルジャの人々に日本文化の側面を紹介することを目的としている。これまでの2度の展覧会のうち、「シャルジャパン1:空間の詩学」(Sharjapan 1:The Poetics of Space)では、タイポグラフィ、ページデザイン、テキストと画像を組み合わせた写真を組み合わせた革新的な展示方法を通じて、日本の書籍デザインを紹介した。シャルジャパン2は、「双方の反響、双方の有機性」(Inter-Resonance:Inter-Organic)と題され、パフォーマンスとサウンドに基づいたインスタレーションに焦点を当てたものであった。

今年のシャルジャパンは、新型コロナの流行によって家にいることが「新しい日常」になり、課題、リスク、未知の可能性に満ちた外の世界への個々人のつながりが妨げられている不確実な時代に、力強く共感できるアイデアを探求している。

「落ち着き」展は、観覧者が人間の新しいライフスタイルと存在の仕方にどんな可能性があるのか考えを深める刺激を与えてくれる。それはまた、生産的で知的である生き方を育むために、豊かな思考に裏打ちされた内なる静かさを育みもする。この展覧会を見ることは、やり取りの過程として孤立、排除、つながりから選択していくことの意味を理解していくきっかけとなるだろう。

地域社会の快適さと安全を確保し、社会的距離のガイドラインを順守するため、展覧会への来場に興味のある方には、シャルジャ芸術財団のウェブサイトからの事前の来場予約が求められる。保健当局からの勧告に沿って、観覧の合間には入念な衛生措置と消毒が行われる。展示会は無料で、誰でも観覧できるが、ただ事前の予約が強く推奨されている。

展示会の詳細については、sharjahart.orgを参照のこと。

特に人気
オススメ

return to top