Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ドバイ万博、世界のアーティストがUAEの文化を表現するプラットフォームを立ち上げ

ドバイ万博、世界のアーティストがUAEの文化を表現するプラットフォームを立ち上げ

Short Url:
10 Sep 2021 01:09:04 GMT9
10 Sep 2021 01:09:04 GMT9

アラブニュース

ドバイ: 2020年ドバイ国際博覧会(ドバイ万博2020)のデザインとクラフトのプログラムが「MENASA」というプラットフォームを立ち上げた。MENASAは、40人以上の地元および世界のデザイナーの作品を展示し、キュレーションされたコレクションを通じてアラブ首長国連邦(UAE)のストーリーを伝える予定だ。

イベントの訪問者は、現代のレンズを通じてUAEの工芸と伝統を知り、体験する機会を得ることができる。

アラビア語で「プラットフォーム」を意味するMENASAは、「クラフトストーリー」というタイトルの下、地元と世界の職人およびデザイナーによる7つのデザインコラボレーションを展示する。また、「デザイナー・オブ・ザ・ウィーク」では、UAE全土から集まった24のデザイナーや団体を紹介し、現代のデザインシーンに焦点を当てる。

MENASAの最初のクラフトストーリーとなる「8000の波:パールダイビング ストーリー」は、スペインのデザインスタジオのトドムタ(Todomuta)と、真珠貝採取ダイバーの孫息子であるムハンマド・アル・スワイディ氏が設立した、真珠と他の素材を使った手工芸品の制作に特化したUAEのデザインスタジオである、アサティール(Asateer)のコラボレーション作品だ。

ドバイ万博2020の芸術文化プログラム担当シニアバイスプレジデントであるハヤット・シャムスディン氏は、発表された声明の中で「MENASAの共同アプローチは、『心をつなぎ、未来を創る』というドバイ万博2020のテーマと精神にインスパイアされたものです」と述べた。

さらに、シャムスディン氏は「UAEおよび世界中の職人とデザイナーを結び付けることで、実りの多い文化的・創造的対話を育み、ドバイ万博2020閉幕後にも残る有意義な遺産を生み出すことになるでしょう」と付け加えた。

展示される芸術作品には、伝統的な手工芸品、デジタルデザイン、製品デザイン、イラスト、ファッションアイテムなどが含まれる。

また、UAE各地で撮影された一連のドキュメンタリーが、デジタルコレクションと一緒に展示される。

ドバイ万博2020は2021年10月1日から2022年3月31日まで開催される。

特に人気
オススメ

return to top