Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本のアートまつりで稲わらの立体作品を展示

日本のアートまつりで稲わらの立体作品を展示

この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。(わらアートまつり)
この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。(わらアートまつり)
この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。(わらアートまつり)
この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。(わらアートまつり)
この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。(わらアートまつり)
この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。(わらアートまつり)
Short Url:
26 Sep 2021 06:09:10 GMT9
26 Sep 2021 06:09:10 GMT9

シャムス・エル・ムトワリ

ドバイ: 日本の「わらアートまつり」では、新潟の米作りを紹介するため、稲わらを再利用したサステナブルな立体作品を10月31日まで展示している。

この稲わらを使って、高さ30フィートの様々な動物や神話に登場する人物が作られた。

「かつて、稲わらは日本の伝統的な生活用具として加工され、活用されていました。しかし、現在ではそのような活用法は息をひそめてしまいました。この稲わらの新たな活用方法として、2006年に新潟市と武蔵野美術大学(以後「ムサビ」と言う。)が協働で、稲わらを使った巨大なオブジェ「わらアート」を制作しました」と、わらアートまつりの公式サイトに記載されている。

大学生と地元の人々によって作られたこれらの作品は、持続可能性の象徴であるだけでなく、日本の慣習に根ざしたものでもある。

稲わらは、「古来より日本人の生活と身近にありました。土に鋤き込むことで堆肥に、馬や牛などの家畜の飼料に、そして、日本の伝統的な飾りや草履など、あらゆる生活用品の材料として使われてきました。」と、わらアートまつりのウェブサイトで紹介されている。

また、西蒲区の田んぼや山、角田浜、温泉などを巡るツアーも開催される。

特に人気
オススメ

return to top