Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「サウジのピカソ」の枠にとらわれないアートスタイル

「サウジのピカソ」の枠にとらわれないアートスタイル

アル・カーリジ氏は、キュビスムとシュルレアリスムを好んでいる。「キュビスムはさまざまな形を描き、シュルレアリスムは奇妙なキャラクターを描くことに惹かれます」(提供)
アル・カーリジ氏は、キュビスムとシュルレアリスムを好んでいる。「キュビスムはさまざまな形を描き、シュルレアリスムは奇妙なキャラクターを描くことに惹かれます」(提供)
Short Url:
19 Jan 2022 04:01:18 GMT9
19 Jan 2022 04:01:18 GMT9
  • 文化とキュビスムが融合したジェッダ在住のアーティスト、ファイサル・アル・カーリジ氏の個性的な肖像画

サーレハ・ファリード

ジェッダ:サウジアラビアのアーティスト、ファイサル・アル・カーリジ氏は、過去と未来に目を向けながら、王国を取り巻く急速な文化的変化を探求している。

この27歳のアーティストは、キュビスムやシュルレアリスムといった1世紀以上前に生まれた芸術スタイルを用いて、サウジアラビアがいかに近代化し、変化に適応しているかを示す独特の肖像画を制作している。

アル・カーリジ氏の作品は、社会的な習慣や歓待、そしてドレススタイルなどを題材にしている。

「私は自国の文化や、世界や地域の他のアーティストからインスピレーションを受けています」と彼は語る。

ジッダで生まれ育った彼は、6歳の頃から絵を描き始め、すぐにアートクラスに通い始めた。

「絵を描くことを趣味として成長しましたが、アートクラスの後は独学でした。しかし、私の本当の旅は、留学したときに始まりました。その頃から絵を描くことに時間を割くようになり、新しいテクニックやスタイルにも挑戦するようになりました」

アル・カーリジ氏は、断片で肖像画を描いた具象絵画や版画で広く知られている。

「過去の巨匠」の絵画を再構成し、現代文化へのメッセージを加えた彼の作品は、過去のアーティスト、特にパブロ・ピカソやキュビズムの人物画から大きな影響を受けている。

彼の作品、伝統的なヒジャジの衣装を着たサウジアラビアの女性を描いた『リーマ・リザ』や、砂漠でテントを張ってキャンプをするサウジアラビアの男性を描いた『サウジアラビアの男性』がその例である。

「私はキュビスムとシュルレアリスムが好きです。キュビスムはさまざまな形を描き、シュルレアリスムは現実には見られない奇妙なキャラクターを描きます。私の絵はその両方が混ざっています」

彼は、パターン、ファッション、伝統的な慣習など、サウジアラビアやアラブの文化を作品に取り入れている。

経営学とマーケティングの学位を取得し、現在はユニリーバでマーケティング・マネージャーを務めているが、アーティストとしての活動には力を入れている。

「私にとってアートは趣味であり、そのすべてを楽しんでいます」。アル・カーリジ氏のアートスタイルは、近年様々な変化を遂げている。

「2018年の私のアートワークと今の私のアートワークを見ると、大きな違いに気づくと思います。私の個性がより強くなり、私のスタイルがより鮮明になっています。2018年の私の絵には、アートスタイルが混在しているものが見られます。しかし成長するにつれ、私の焦点は、自分の文化を世界に紹介するとともに、王国の豊かな歴史を称える絵画を制作することに移りました」

彼は、ピカソやアメリカの現代画家ジョージ・コンドなどのアーティストや、自然環境からインスピレーションを受けていると言う。

「パブロ・ピカソとジョージ・コンドに最も影響を受けています。なぜなら、彼らのユニークな画風は、他の多くのアーティストの画風よりも際立っているからです」

アル・カーリジ氏の作品は、ロンドン、ボストン、ジェッダのギャラリーで展示されているが、より多くの人に見てもらい、自国の文化の豊かな遺産を共有するために、展示の拡大を計画している。

「2015年にはボストンで初の個展を開催し、2017年にはロンドンでも作品を展示しました。サウジアラビアでは、何度も自分の絵を直接見て頂く機会がありましたが、2018年からはすべてがデジタル化の方向に進んでいます」

彼の自国文化への愛は、彼のキャリアを通じて一貫している。

「アートに関して言えば、私はこの地域に焦点を当てた、アラブのムスリムと言えます」

「私のアートは、イスラム教、サウジアラビア、アラブの文化など、地域に焦点を当てています。唯一の違いは、私がアートに真剣に取り組み始めたとき、ボストンの影響を受けたことです。それが私のアートに対するターニングポイントだったと言えるでしょう」

アル・カーリジ氏は、他のアーティストたちに、自分の作品の中に文化を生かし続けることを勧めている。「アートは文化を反映し、国家間の架け橋になると信じています」。

また、「最近のアーティストは、好まれやすい作品にするために何でも学ぼう、やろうとしてしまう」とも述べている。

同氏は現在、サウジアラビアの各地域のファッションや伝統的な衣服をテーマにしたコレクションを制作している。

この1年で、サウジアラビアのでは若手の現代アーティストが名を馳せるようになり、アートシーンは広がりを見せている。

「確かに注目され、人気が出てきています」とアル・カーリジ氏は言う。「しかし、まだまだ先は長いと思っています。最近では、文化省が王国各地で素晴らしい展覧会を開催しました。これは良いステップであり、民間企業の活動を凌駕しています」

アル・カーリジ氏は、新進気鋭のアーティストがさまざまなギャラリーで作品を展示できるようになることを期待している。

特に人気
オススメ

return to top