Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アスティ交響楽団がアンドレア・ボチェッリと共演のためアル・ウラーへ

アスティ交響楽団がアンドレア・ボチェッリと共演のためアル・ウラーへ

2021年4月8日、アル・ウラーの世界遺産ヘグラで行われたコンサートで演奏するイタリアのテノール・オペラ歌手のアンドレア・ボチェッリ (Royal Commission for AlUla/AFP)
2021年4月8日、アル・ウラーの世界遺産ヘグラで行われたコンサートで演奏するイタリアのテノール・オペラ歌手のアンドレア・ボチェッリ (Royal Commission for AlUla/AFP)
Short Url:
20 Jan 2022 05:01:15 GMT9
20 Jan 2022 05:01:15 GMT9
  • オーケストラの会長:「アル・ウラーでの演奏は私たちにとって名誉なこと。忘れられない経験になるでしょう」。
  • 世界的なテノール歌手であるボチェッリにとって、ユネスコ世界遺産での演奏は4度目となる

フランチェスコ・ボンガッラ

ローマ:アスティ交響楽団の音楽家たちは、金曜日にアル・ウラーのマラヤコンサートホールで、現役のテノール歌手として世界的な人気を誇るアンドレア・ボチェッリと共演できることを光栄に思うと語った。

長らく完売していたこのコンサートは、ユネスコの世界遺産であるアル・ウラーでのボチェッリの4回目の公演となる。コンサートの模様は、ボチェッリのYouTubeチャンネルで配信される。

ボチェッリと一緒にアル・ウラーで演奏する130人のミュージシャンは、水曜日にイタリアの都市トリノから飛び立った。

アスティ交響楽団の会長であるエンリコ・ベラティ氏は、イタリアの日刊紙「La Stampa」の取材に対し、「我々はマエストロ・ボチェッリの伴奏にしばしば呼ばれてきました。「アル・ウラーでの演奏は私たちにとっても名誉なことです。また、忘れられない経験となるでしょう。」

コンサートは、オペラとポップスの夕べとなり、有名なアリア “Nessun Dorma “など、ボチェッリの大ヒット曲が演奏される予定だ。

2014年に設立された同楽団は、イタリア・ピエモンテ州の小さな町、メタを拠点に活動している。

特に人気
オススメ

return to top