Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本のアニメ映画『えんとつ町のプペル』が中東の映画館で上映中

日本のアニメ映画『えんとつ町のプペル』が中東の映画館で上映中

この2020年公開の日本の子供向けファンタジーアニメ映画は、STUDIO4℃が制作し、廣田裕介氏が監督、福島敦子氏がキャラクターデザインを担当した。
この2020年公開の日本の子供向けファンタジーアニメ映画は、STUDIO4℃が制作し、廣田裕介氏が監督、福島敦子氏がキャラクターデザインを担当した。
Short Url:
26 Feb 2022 07:02:13 GMT9
26 Feb 2022 07:02:13 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ: 日本の子供向けファンタジーアニメ映画『えんとつ町のプペル』が、日本語とアラビア語吹き替え版で中東地域の映画館で上映されている。

この2020年公開の日本の子供向けファンタジーアニメ映画は、STUDIO4℃が制作し、廣田裕介氏が監督、福島敦子氏がキャラクターデザインを担当した。

DarkWingz Productionsの代表者は、この映画の中東での公開はエンパイアエンターテイメントとの提携によるものであると述べる。

「アラビア語版には、アラブの観客に有名な声優が起用されています。マルワン・ファルハット氏(アラビア語版『名探偵コナン』の毛利小五郎役)や、ナサール・アル・ナサール氏(サウジ・日本のアニメ映画『ジャーニー』のアウス役)、その他才能ある声優たちが大スクリーンで自分たちの演技を見ることを楽しみにしています」と話した。

同代表は、『えんとつ町のプペル』はDarkWingz Productionsが中東の映画館でアラビア語吹き替え版として公開する3作目の映画だと説明した。1作目は2018年の『さよならの朝に約束の花をかざろう』、そして2020年に『プロメア』を公開した。

同映画は2020年12月25日に日本で初公開され、当初は2021年に全世界で初公開される予定だったが、最終的に昨年12月30日に米国で公開された。

topics
特に人気
オススメ

return to top