Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アブダビ国際ブックフェア2022では、様々な書籍出版社やアクティビティが紹介された

アブダビ国際ブックフェア2022では、様々な書籍出版社やアクティビティが紹介された

第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
第31回アブダビ国際ブックフェアには、80カ国以上から1130社の出版社が参加し、650以上のイベントに世界的な作家、知識人、業界専門家が参加した。
Short Url:
20 Jun 2022 10:06:58 GMT9
20 Jun 2022 10:06:58 GMT9

アミン・アッバス

アブダビ:アブダビ国際ブックフェア(ADIBF)は、5月にアブダビ国立展示場(ADNEC)で7日間開催され、数千人の来場者を迎えた。

アブダビアラビア語センター(ALC)が主催するこの年次フェアでは、知識・文化のさまざまな分野における書籍や出版物の販売が著しく増加した。イベントに参加した出版社からは、その体験や大量の販売が完了したことについて肯定的なフィードバックが得られた。また、全国の学校から数千人の学生を迎え、活気と熱気に満ちたイベントとなった。

今年のフェアでは、出版社向けの専門的なプログラムや、創作力を磨くためのワークショップなど、画期的で本格的な内容のイベントが目白押しとなった。参加出版社も大幅に増え、80カ国以上から1130社が参加し、多様な読者層にアピールする文学作品を数多く取り揃えた。また、1週間で650以上の文化・芸術・教育イベントが開催され、ノーベル賞受賞者やブッカー賞・ピューリッツァー賞の受賞者など、国際的に著名なゲストや、アラブの著名な知識人やクリエーターが参加した。

ADIBF2022では、「アラブ文学の学長」として知られるエジプトの有力な作家・知識人であるタハ・フセイン氏を「パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」に選び、7日間のイベントを通じて、同氏の人生と仕事を紹介し、作品を新しい世代に紹介していた。

ドイツ連邦共和国を主賓として迎え、ドイツの著名な出版社が参加し、1週間を通して特別な催しが行われた。この催しは、ドイツの文学的遺産を紹介し、ドイツとUAEの文化交流の長い伝統を祝うものであった。また、出版業界やカンファレンス分野におけるUAEの取り組みも紹介され、アブダビ国際ブックフェアを世界にアピールした。

また、ALCは今年のフェアにおいて、地元コミュニティやADIBFを訪れる観光客や訪問者に、世界文化の最も有名な創造物、それを生み出した様々な民族の文化や特徴を反映した世界各国の文学や芸術の美しさを紹介しようと努めた。

また、「シェイク・ザイード・ブック・アワード(SZBA)」では、ルーヴル・アブダビで開催された特別式典で第16回の受賞者を祝福した。著名な思想家のアブドゥラ・アル・ガサミ博士が、その輝かしい先駆的なキャリアと、地域とアラブ世界の文化運動に大きく貢献した研究プロジェクトの完成を評価されて、表彰された。アル・ガサミ博士は、「カルチュラル・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」の称号とともに、SZBAの紋章が入った金メダル、賞状、100万ディルハム(AED)の賞金を授与された。その他の部門の受賞者には、金メダル、表彰状、賞金75万ディルハムの賞金が授与された。

第31回を迎えるアブダビ国際ブックフェアでは、世界各国から300人の講演者、出版社、専門家が参加した第1回アラブ出版・クリエイティブ産業国際会議をはじめ、多彩なイベントを参加者に提供した。また、ナバティの詩、遺産研究、調査を称える「カンズ・アル・ジール」賞の第1回目の発表も行われた。この賞は、故UAE初代大統領シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン氏が書いた詩の一つにちなんで名付けられたもので、ナバティの詩とその価値を探求する作品を提出した学者やクリエーターに与えられる。コミュニティを映す鏡として、社会における詩の地位を高めることを目的としている。

また、第19回ガルフ・ブックフェア・マネージャーズ・ミーティングが開催され、地域全体のブックフェアを改善し、アラブの出版業界をよりよくサポートするための新しい提言が発表された。

詩人であるアドニス氏による特別詩の夕べや、2021年ノーベル経済学賞受賞者グイド・インベンス氏による経済理論についての講演など、フェア期間中は様々な講演、パネルセッション、展示などのイベントが開催された。

東京出身のアラビア書道家、フアド・ホンダ氏は、展覧会と本の出版発表を行い、ファンを喜ばせた。また、2022年シェイク・ザイード・ブック・アワードやブッカー賞と提携したアラビア小説国際賞の受賞者を紹介するパネルディスカッションや、本好きやあらゆる層の人々を対象としたパネル、アクティビティ、ワークショップが開催された。

在アブダビ日本大使館の担当者は、今回のブックフェアへの参加について、アラブニュース・ジャパンの取材に対して次のように述べた。「アブダビ・ブックフェアに参加できたことを嬉しく思っています。ブースでは、折り紙やコスプレ、日本の書籍やマンガを紹介し、日本文化を知ってもらうなど、さまざまな活動を行いました」

「日本のアニメや漫画、文化全般について楽しみながら学んでいる、さまざまな学校の学生を中心に多くの来場者があり、大変うれしく思っています」と彼女は付け加えた。

『マンガ・アラビア』の代表者は、今回のブックフェアへの参加について次のように述べた。「今回、私たちは初めてアブダビ・ブックフェアに参加しましたが、私たちのブースで『マンガ・アラビア・キッズ』と『マンガ・アラビア・ユース』を手にした多くの訪問者や子供たちに驚かされました」

「私たちのブースでは、『マンガ・アラビア・キッズ』と『マンガ・アラビア・ユース』の最新号と、毎日子どもたちにお話をしている『ストーリーテラー』を紹介し、多くの来場者に喜んでもらいました」

特に人気
オススメ

return to top