Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ジャラー・アルフリー:ドキュメンタリー映画『帰ってきたアイゼンボーグ』の共同制作者

ジャラー・アルフリー:ドキュメンタリー映画『帰ってきたアイゼンボーグ』の共同制作者

ジャラ・アルフリー氏は、中東地域における『恐竜戦争アイゼンボーグ』シリーズに最も貢献している、熱狂的なサポーターの一人だ。
ジャラ・アルフリー氏は、中東地域における『恐竜戦争アイゼンボーグ』シリーズに最も貢献している、熱狂的なサポーターの一人だ。
ジャラ・アルフリー氏は、中東地域における『恐竜戦争アイゼンボーグ』シリーズに最も貢献している、熱狂的なサポーターの一人だ。
ジャラ・アルフリー氏は、中東地域における『恐竜戦争アイゼンボーグ』シリーズに最も貢献している、熱狂的なサポーターの一人だ。
Short Url:
18 Jul 2022 10:07:46 GMT9
18 Jul 2022 10:07:46 GMT9

アミン・アッバス

サウジアラビアのアーティストであるジャラー・ユセフ・アルフリー氏は、中東地域における『恐竜戦争アイゼンボーグ』シリーズの最大の貢献者であり、最も熱心なサポーターの一人である。

アラブニュース・ジャパンの独占インタビューに応じたアルフリー氏は、日本のアニメや漫画に対するインスピレーションを次のように語った:「4歳の頃から日本のアニメ番組やワーナーブラザーズのアニメ、ディズニー映画のアラビア語吹き替え版を見ていました。これらの素晴らしい番組は1970年代後半から1980年代前半にかけて初めてサウジアラビアと中東に登場し、とても素晴らしく壮大な時代でした」。

「好きな日本のアニメシリーズは 恐竜大戦争アイゼンボーグ、UFOロボグレンダイザー、マジンガーZ、宝島(トレジャーアイランド)、アストロガンガー、キャプテン翼、未来少年コナン、ベルサイユのばら(オスカル様)などです」と付け加えた。
アルフリー氏は、日本の円谷プロダクションとNLCのカルチャーズファクトリーが共同で制作した日本・アラビア語ドキュメンタリー『帰ってきたアイゼンボーグ』の共同制作者として知られている。これは日本の特撮という技術の中で、アラブと日本が初めて制作した作品である。ドキュメンタリーは2016年に撮影され、2017年12月15日(金)にアラビア語チャンネル『Spacetoon』で放送された。また、このドキュメンタリーを円谷が日本語に翻訳し直し、2017年12月29日にYouTubeで正式配信した。

アルフリー氏はこう語る:「プロジェクトの出発点は2015年末、私と弟のアブドゥラジズとカルチャーズファクトリー(NLC社)の中川氏とで、『恐竜戦争アイゼンボーグ』を新しい形で復活させるプロジェクトを作ろうと円谷プロとの話し合いを開始したことです。」
「弟が働いていたカルチャーズファクトリーが円谷プロとの中間環で、恐竜戦争アイゼンボーグの新しいドキュメンタリー映画を作ることになりました。製作の舞台裏の映像を見たいと希望しましたが、円谷からは映像はもう存在しない、写真だけしかないと返答が来ました。」
「この問題を知り、写真とインタビューだけではドキュメンタリーは成り立たないと思いました。そこで、私と弟のアブドゥルアジズ、中川氏は、ドキュメンタリーの中で『恐竜大戦争アイゼンボーグ』の新しいエピソードをやることに同意しました。」
同氏はこう続けた:「その後、予算の調整と、このドキュメンタリーの企画案を準備しました。もちろん、円谷プロからは当初、アイゼンボーグのデザインを変えるように言われましたが、私はプロジェクトのためにアイゼンボーグのデザインを変えるような企画は拒否しました。円谷プロダクションの方向性や新しい世代を意識してのことであることは理解していましたが、このプロジェクトの最大の目的は、オリジナルのキャラクターやモンスターのデザインで、初代『アイゼンボーグ』シリーズを見て育った私の世代に喜んでもらうことであったのです。」

「円谷プロは、ありがたいことに、アイゼンボーグや他のキャラクターのオリジナルデザインをドキュメンタリー用に残したいという私の要望を受け入れてくれ、写真を送ってくれた時はとても嬉しかったです。その後、新エピソードの詳細と絵コンテが送られてきて、その一部は気に入りましたが、ウルルが戦闘車『アイゼンボーグ号』と戦うところだけで、アイゼンボーと戦うところが抜けていました。新エピソードの絵コンテには、私のアイデアや提案を送り、先方がこれらを受け入れてくれたので、さらに詳細を追加出来ました。」
「ドキュメンタリープロジェクトでは、私が望んでいたことの9割ほどが実現し、とても満足のいくものになりました。また、ドキュメンタリー映画で『アイゼンボーグ』の新しいエピソードを作ろうと円谷プロダクションのチームがとても盛り上がり、2016年に日本に行って新しいエピソードの制作状況を見たり、制作スタジオを訪問したりしました。大岡新一氏(円谷プロ前社長)にも会い、「恐竜戦記イゼンボーグ」の人気についてインタビューし、ドキュメンタリー企画に加えました。その後、新エピソードの制作風景やキャラクターを見て、中川氏や大岡信一氏と一緒に写真を撮りましたが、とても素敵な時間でした」。

「ファラー・ハシム氏(オリジナルシリーズで立花善のアラビア語の声を担当)をドキュメンタリープロジェクトのアラビア語版のナレーションに迎えたことは素晴らしいことで、中東地域の多くのファンが彼の声をアイゼンボーグの新しいプロジェクトで聞くことができてとても喜んでいます。アラビア語版の翻訳は、弟のアブドゥルアジズ・アルフリーとフラート・バンタンが担当しました」。

「また、明らかにしておきたい重要な点は、この、『帰ってきたアイゼンボーグ』というドキュメンタリープロジェクトは、私と弟のアブドゥルアジズ、そしてカルチャーズファクトリー(NLC社)の中川氏と円谷プロダクションだけのプロジェクトで、政府の支援を受けていないということです」とも付け加えた。
「帰ってきたイゼンボーグ」のドキュメンタリープロジェクトの制作で苦労した点について、アルフリー氏は次のように語った:「このプロジェクトの課題のひとつは、ドキュメンタリーのシーンの撮影や音楽に関して、私と円谷プロダクションの間で意見の相違がありました。例えば、オリジナルのアイゼンボーグシリーズは、アクションや動きの面で古典的なウルトラマンシリーズとは異なっていたので、新しいエピソードでもその特徴を残したいと思いました。そのため、制作に携わる全員が同じオリジナルアイゼンボーグのスタイルで取り組みました。プロジェクトの最終的な成果には満足しています。」
「また、当時、私はこのドキュメンタリープロジェクトを日本にむけて撮りたいと考えていました。しかし、円谷プロダクションは、このプロジェクトは中東地域だけに焦点を当てたものであると説明したうえでこれを拒否したので、彼らの条件を受け入れ、将来的には日本や世界各国でDVDやブルーレイでリリースしたいと話し合いました」と付け加えた。
アルフリー氏は、昨年12月に日本の翻訳出版社フェーズ6から発売された、「怪獣王」として知られるアメリカのイラストレーター、マット・フランク氏と「COARAPTOR, KAIJU of the WIND」の原作者である国際漫画家の金谷浩氏がタッグを組んだ最新コミック「恐竜戦争アイゼンボーグ」に大変満足しており、喜んでいる。

アルフリー氏は、その最新の恐竜戦争アイゼンボーグのコミック本について次のように述べた:「私たちは過去数年間、オリジナルのアイゼンボーグシリーズから新しい、異なるリリース(OST、フィギュア、DVDなど…)が出ることを楽しみにしていました。ありがたいことに、これらのリリースは近年行われ、またアイゼンボーグの新しいコミック本のリリースを聞き、驚いている」

「ウルトラマン、仮面ライダー、その他の特撮フランチャイズに似たアイゼンボーグの新しいコミックを見れてとても嬉しく、驚いた。そして、アイゼンボーグの刺激的なコミックを作るために多大な努力を注ぎ、見事なコラボレーションをしたマット・フランク氏と金谷浩氏の二人に特に感謝を捧げたいと思います。」
「彼らの協力は、オリジナルのアイゼンボーグシリーズにある、結束の強さを語る『ユニオン』の気持ちに似ており、アメリカと日本の両アーティストの結束がこのコミックに生命を吹き込んだのです 」と付け加えた。

「2021年夏に発売予定だった『アイゼンボーグ』のコミックが発売延期になったのは残念だでしたが、昨年12月にコミックが発売されて私も手にしました。特に原作の脚本を編集し、新しいキャラクターを加えたストーリーには本当に驚かされました。」
「コミックに登場する人間のキャラクターと恐竜の両方の特徴的なデザインがとても気に入りました。実写とアニメーションを組み合わせたオリジナルシリーズと同様のコミックにしたのは、マット・フランク氏と金谷浩氏の両氏の賢い行動でした。この感覚を、コミックでは非常に優れたスタイルで表現していました。この素晴らしいアイデアを称賛したい。」
アルフリー氏は、『帰ってきたアイゼンボーグ』に続く『恐竜戦記アイゼンボーグ』の新プロジェクトに期待を寄せている。また、円谷プロダクションの他のフランチャイズ作品と同様に、世界中のファンが、このシリーズの新しいグッズや商品をサポートしてくれることを望んでいる。

特に人気
オススメ

return to top