Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サザビーズ、希少なピンクダイヤを世界に先駆けてドバイで展示

サザビーズ、希少なピンクダイヤを世界に先駆けてドバイで展示

クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。(サザビーズ)
クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。(サザビーズ)
クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。(サザビーズ)
クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。(サザビーズ)
クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。(サザビーズ)
クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。(サザビーズ)
Short Url:
07 Sep 2022 02:09:49 GMT9
07 Sep 2022 02:09:49 GMT9
  • 「この驚異的なダイヤを紹介する場としてドバイを選んだのは、UAEではえり抜きの品をお見せしたいという一貫したわが社の方針に沿ったものです」サザビーズ・ドバイの宝飾品の専門家であるソフィー・スティーブンス氏はアラブニュースに語った

ドバイ:世界で最も希少なピンクダイヤの一つが、ドバイのダイヤモンド取引所で展示されている。

9月6日、ピンクダイヤはドバイ国際金融センターのフォーシーズンズ ドバイで展示され、その後シンガポール、台北を回り、香港で10月5日に単品オークションにかけられる。

これまでにオークションに出品された中で、10カラットを超えるファンシービビッドピンクのインターナリー・フローレス級のダイヤモンドはこれを含めて2つしかない。推定価格は2,100万ドル以上で、専門家によると、この色のダイヤモンドでは、1カラット当たり過去最高額を付ける可能性がある。

11.15カラットで「ウィリアムソン・ピンク・スター」と呼ばれるこのダイヤは、インターナリー・フローレス級のファンシービビッドピンクダイヤとしてはこれまでにオークションにかけられた中で2番目に大きい。世界最大のものは驚異的な59.60カラットを誇るオーバルミックスカットの「CTFピンク・スター」で、2017年4月、サザビーズのオークションで7,120万ドルの値が付いた。この価格は、これまでにオークションに出品されたダイヤモンド、宝石、宝飾品の最高額である。

「カラーダイヤモンドは非常に人気が高いため、どれほど希少なものか忘れられがちです。これだけの大きさと純度、美しいピンク色を持つダイヤは見る者の目を奪うでしょう」サザビーズ・ドバイの宝飾品の専門家であるソフィー・スティーブンス氏はアラブニュースに語った。

「この驚異的なダイヤを紹介する場としてドバイを選んだのは、UAEではえり抜きの品をお見せしたいという一貫したわが社の方針に沿ったものです」スティーブンス氏はさらに、「これは特に宝飾品の場合に当てはまります。中東には、大きなサイズの宝石をあしらった宝飾品に関してもっとも深い知識と、強い情熱を持ったコレクターがいらっしゃいます」

クッションカットが施されたこのピンクダイヤモンドに、色の深みと透明度で匹敵するものは、他に2つしかない。それぞれが「ウィリアムソン・ピンク・スター」の名の由来となった「CTFピンク・スター」と著名な「ウィリアムソン・ピンク」である。後者は1947年、王室支持派の地質学者ジョン・ソーバーン・ウィリアムソン博士が、自身が所有する鉱山で発見されたピンクダイヤを、イギリスのエリザベス2世に結婚祝いとして贈ったもので、23.60カラットの大きさがある。

「私の仕事の素晴らしい点の一つは、次から次へ息を吞むような宝飾品を見つけてはそれをUAEのコレクターにお届けできることです」とスティーブンス氏は話す。「実際、今年上半期の中東でのサザビーズの売り上げは、昨年同期と比べて25%以上も伸びているのです」

特に人気
オススメ

return to top