Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「秋の叙勲 7名のアラブ人が受章」

「秋の叙勲 7名のアラブ人が受章」

7名の受章者の出身国はエジプト、アルジェリア、ヨルダン、アラブ首長国連邦で、今年の秋の叙勲に選ばれた外国人は総勢54カ国119人であった。
7名の受章者の出身国はエジプト、アルジェリア、ヨルダン、アラブ首長国連邦で、今年の秋の叙勲に選ばれた外国人は総勢54カ国119人であった。
Short Url:
04 Nov 2022 12:11:30 GMT9
04 Nov 2022 12:11:30 GMT9

カルドン アズハリ東京:  二国間の関係強化や友好促進への顕著な貢献に対して、7名の著名なアラブ人が日本政府から叙勲を受けた。7名の受章者の出身国はエジプト、アルジェリア、ヨルダン、アラブ首長国連邦で、今年の秋の叙勲に選ばれた外国人は総勢54カ国119人であった。さらに、民間部門の1,910人や436人の女性を含む計3,999人の日本人も受賞した。アラブニュース日本が入手した受章者のリストには、エジプトの元高等教育大臣兼科学研究国務大臣であり、エジプト・日本教育パートナーシップ運営委員会事務局長であるハニー・ヘラル氏の名があり、教育と科学研究の分野で日本、エジプトの両国関係強化に貢献したとして旭日重光章が授与された。エジプトのアーメド・エル・ゴハリ氏には、日本とエジプトの学術交流と相互理解の促進に貢献したとして旭日中綬章が授与された。ゴハリ氏は、カイロのエジプト日本科学技術大学エルシュルークの元学長。また、日本とヨルダンの学術交流と相互理解を促進したとしてヨルダンのモハメド・アブ・ダエ・マトゥク、アル・応用大学工学技術学部教授も同じく旭日中綬章を受章。また、アルジェリアで柔道を促進し、スポーツを通じて日本とアルジェリアの友好関係を強化することに貢献したサリマ・スアクリ・ジリ氏が旭日小綬章を綬章した。ジリ氏はエリートスポーツを担当する元国務長官、国際柔道連盟の開発ディレクター、アルジェリアの国際柔道連盟の男女共同参画委員会のメンバー。アラブ首長国連邦での柔道に貢献し、日本とアラブ首長国連邦の友好関係を促進したとして、アブダビのUAEレスリング柔道連盟の事務局長であるナセル・アル・タミミ氏には旭日双光章が授与された。アルジェリア合気道連盟の会長兼アフリカ合気道連盟の技術ディレクターであるナセル・ルイバ氏にも、アルジェリアで合気道を促進し、日本とアルジェリアの友好関係を強化したとして、同じ旭日双光章が授与された。在エジプト日本大使館の元現地職員であるサイード・アーメド・フセイン・アフセイン・アーメド氏に、日本の海外設立の活動に貢献したとして、瑞宝単光章が授与された。中東の受賞者の中で旭日重光章は、二国間関係の強化と友好の促進に貢献した元駐日トルコ大使であり、元国際安全保障局長であるアフメット・ビュレント・メリチ氏が綬章。テルアビブの日イスラエル友好協会と商工会議所の会長であるジーブ・ワイス氏には、日本とイスラエルの経済交流を促進した功績に対し旭日中綬章が授与された。外国の受賞者には、元ユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォア、元米国国家安全保障顧問トーマス・ドニロン、元フィリピン外務大臣アルバート・デル・ロザリオ、フランスのパティシエ、ショコラティエのピエール・エルメ各氏などが含まれている。日本の受賞者には、国際的に有名なファッションデザイナー、コシノ・ジュンコ氏、元参議院副議長の郡司彰氏、日本電信電話の元会長、三浦惺氏などが含まれる。政府によると、天皇陛下と岸田首相が授与式に参加の予定。

特に人気
オススメ

return to top