Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • UAEの首都で、国交50周年記念のジャパン・フェスティバルを開催

UAEの首都で、国交50周年記念のジャパン・フェスティバルを開催

このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
このイベントは、在UAE日本大使館により日本とUAEの外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして企画された。
Short Url:
20 Dec 2022 11:12:08 GMT9
20 Dec 2022 11:12:08 GMT9

アミン・アッバス

アブダビ:在アラブ首長国連邦(UAE)日本大使館は12月18日、日本とUAE(アラブ首長国連邦)の外交関係樹立50周年を祝う文化的フィナーレとして、アブダビのマナラット・アル・サアディヤットで、「ジャパン・フェスティバル」を開催した。

約2500人の来場者を迎えた公式セレモニーには、UAE国務大臣のマイタ・ビン・サレム・アル・シャムシー博士が出席した。

来場者は、日本舞踊の若柳吉光雅先生による日本舞踊、和菓子の試食と煎茶の試飲、小原流生け花の展示、水風船ヨーヨー釣り、都立高校生との折り紙や扇子作りのワークショップ、箸作りワークショップなど、さまざまな日本文化のアクティビティ体験をして楽しんだ。

当日は「えんとつ町のプペル」「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の上映会も行われた。

また、モハメド・サイード・ハリブ氏が制作した首長国アニメで、首長国初の日本語吹き替え版として、2019年に日本のTOKYO MXで放送された「フリージ(日本語吹き替え版)」も上映された。

このイベントのハイライトの1つは、和太鼓グループ「彩(さい)」とUAEの和太鼓グループ「ハルシャ(Kharsha)」による和太鼓コンサートだ。

「彩」は、日本をはじめ25カ国で公演を行ってきた若手のプロ和太鼓グループで、メンバーの一人は幼少期をUAEで過ごし、アブダビの日本人学校を卒業した。

その後、彼は第二の故郷であるアブダビに戻り、ザイード大学に留学。留学中、首長国の友人たちと地元の和太鼓グループ「ハルシャ」を結成した。「ハルシャ」はドバイ国際博覧会をはじめ、さまざまなイベントで精力的に公演している。

「彩」と「ハルシャ」は同じステージで共演し、両国の文化的友好を象徴するようなパフォーマンスを披露した。

またステージでは、アブダビの日本人学校と首長国連邦の学生ら21名による朗読とUAEの国家斉唱も行われた。

日本の著名な書道家である吉川壽一氏の作品が展示されたスペースでは、本人による大判の書道のデモンストレーションが特別に行われた。また、日本の漫画に影響を受けた首長国連邦の著名なアーティスト、アブドゥラ・ルトフィ氏による、日本と首長国連邦の生活や文化をテーマにしたアート作品も展示された。ルトフィ氏の作品はドバイ空港やドバイ万博などでも展示された。

特に人気
オススメ

return to top