Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アルウラが初のヘグラでの会議でノーベル賞受賞者を招く

アルウラが初のヘグラでの会議でノーベル賞受賞者を招く

31 Jan 2020
Short Url:
Updated 31 Jan 2020
31 Jan 2020
  • これは、教育、健康、農業、経済の未来に対する明確で影響力のある解決策を提供することを目指している

アルウラ:ノーベル賞受賞者20人以上と、100人を超える著名な科学者や思想的リーダー、社会や政治の指導者が世界中から、初のヘグラ・ノーベル賞受賞者会議2020に参加するため、サウジアラビア北西部のアルウラに到着した。

会議は、アルウラ王立委員会がマラヤ・ホールで主催した。ホールは、レクリエーション、芸術、会議イベントのための新しい地域的・国際的なセンターになるよう、最近改修が行われた。

会議のテーマ、「知識移転:共有の遺産」は、様々な文化、文明、人が数千年前に集まった十字路としてのアルウラの歴史的な役割を反映するものだ。

これは、人類の基本的原理である知識移転の重要性にも光を当てている。

招聘されたノーベル平和賞受賞者には、レフ・ヴァウェンサ元ポーランド大統領、デヴィッド・トリンブル初代北アイルランド自治政府首相、バングラデシュのグラミン銀行創設者のムハマド・ユヌスなどが含まれる。

著名な参加者や会議の講演者の中には、前回のノーベル賞受賞者会議を主催したペトラ・ナショナル・トラスト会長、ダナ・フィラス王女や、ユネスコのオードレ・アズレ事務局長などがいる。

会議では、連帯、国際協力、技術革新、持続可能性、遺産の保護、未来への共通のビジョンを構築することなどについて議論を行う。

これは、教育、健康、農業、経済の未来に対する明確で影響力のある解決策を提供することを目指している。

ノーベル賞受賞者会議は2004年から定期的に開催され、リチャード・アティアス・アンド・アソシエイツが運営している。

SPA

topics
Most Popular
Recommended

return to top