Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 東京の日経は1.5%近い高値で取引終了

東京の日経は1.5%近い高値で取引終了

19 May 2020
2020年5月18日、東京都内の東京証券取引所の株価を表示する窓に歩行者が映っている。(AFP)
2020年5月18日、東京都内の東京証券取引所の株価を表示する窓に歩行者が映っている。(AFP)
Short Url:
Updated 19 May 2020
19 May 2020

東京の日経平均株価は火曜日に1.5%近く上昇し、ロックダウンの緩和とコロナウイルスワクチンの試験結果の有望な結果による楽観論を受けてウォール街での上昇に応えました。

日経平均株価は1.49%(299.72ポイント)上昇して20,433.45で取引を終え、幅広いTOPIX指数は1.83%(26.76ポイント)上昇して1,486.05で取引を終えた。

東京株式は、コロナウイルスワクチンの最初の臨床試験の肯定的なニュースを受けてウォール街の株式が急上昇した後、航空会社、ホテル、その他の打撃を受けたセクターの株式をおし上げると、高い商いで開かれた。

ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘ゼネラルマネージャーは、「コロナウイルスに関するポジティブなニュースに注目していたため、市場では楽観論が広がった」と述べた。

「しかし、これは価格が上昇し続けることを意味するものではない」と奥村氏はAFP通信に述べ、市場の見通しは依然として不透明であると付け加えた。

投資家は企業の決算報告にも注目している、とブローカーは語った。

ドルは月曜日のニューヨークの107.29円に対して、アジアの午後の貿易で107.37円をつけた。

東京では、ソニーが3.24%増の6,902円、トヨタが2.78%増の6,431円となった。

ユニクロのカジュアルウェアを展開するファーストリテイリングは0.64%増の5万1760円だったが、任天堂は1.27%減の4万3980円。

ソフトバンクグループは記録的な損失を計上した後、2.74%下落して4,494円となった。

ニュース

topics
Most Popular
Recommended

return to top