Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ソフトバンク、210億ドル相当のTモバイル株を売却

ソフトバンク、210億ドル相当のTモバイル株を売却

23 Jun 2020
日本の技術投資の巨大企業であるソフトバンクグループは、資産を売却し財政を強化するため、210億ドル以上の価値があるTモバイル株を売却する。 (資料写真/AFP通信)
日本の技術投資の巨大企業であるソフトバンクグループは、資産を売却し財政を強化するため、210億ドル以上の価値があるTモバイル株を売却する。 (資料写真/AFP通信)
Short Url:
Updated 23 Jun 2020
23 Jun 2020

火曜日、日本の技術投資の巨大企業であるソフトバンクグループは、資産を売却し財政を強化するため、210億ドル以上の価値があるTモバイル株を売却すると述べた。

この動きは、ソフトバンクが年間89億ドルの途方もない純損失を発表した1か月後に起きた。この純損失は、ソフトバンクがウィーワークを含むユニコーン企業への投資不振や新型コロナウイルスの世界的大流行で市場が急落したことにより、大きな打撃を受けたことが原因だ。

Tモバイル株の約24%を保有するソフトバンクグループは、Tモバイルとの取引で保有する3億以上の株の中から1億9,830万株を売却すると発表した。

ソフトバンクによると、売却の正確な価格は火曜日遅くの米国の株取引時間中に決まるという。

Tモバイル株は月曜日に106.60ドルで取引を終えており、この売却によるソフトバンクの利益は210億ドルを超えると予想されている。

ソフトバンクによると、すでにTモバイル株の43%を保有しているドイツテレコムは、同社から追加で1億150万株を購入できるオプションを与えられるという。

これら一連の計画的な取引により、ソフトバンクグループが保有するTモバイル株は1%未満となる。

ソフトバンクによると、この動きは今年3月から1年以内に最大4.5兆円(410億ドル)の資産を売却する計画の一部であるという。

これは、同社が世界的な市場の急落や投資の不振により財政危機に直面しており、債務を削減するために行われる。

ソフトバンクの華麗な創業者である孫正義氏は、彼の投資ファンドが1.9兆円の営業損失を出したと述べた。

ソフトバンクグループはもともと通信会社として設立されたが、1,000億ドル規模のビジョンファンドを通じてシリコンバレーで最も注目を集める一部の新興企業に出資し、テクノロジーと投資の分野で巨大企業になった。

通信

topics
Most Popular
Recommended

return to top