Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アマゾンジャパン、規制当局に改善計画を提出

アマゾンジャパン、規制当局に改善計画を提出

「アマゾンは、公正取引委員会との協力的かつ建設的な議論を継続している」と、同社は金曜日に電子メールの声明で述べた。(シャッターストック)
「アマゾンは、公正取引委員会との協力的かつ建設的な議論を継続している」と、同社は金曜日に電子メールの声明で述べた。(シャッターストック)
Short Url:
04 Sep 2020 08:09:17 GMT9
04 Sep 2020 08:09:17 GMT9

東京:朝日新聞は金曜日、アマゾンジャパンが独占禁止法違反の疑いがある慣行をどのように改善するかについて、同国の公正取引委員会に計画を提出したと報じた。

このAmazon.com Incの事業部門は、同社の巨大eコマースサイトにおいて、割引価格で商品を販売することにより発生したコストの一部をサプライヤーが肩代わりするよう要求した疑いで、2018年に日本の公正取引委員会による立ち入り検査を受けた。

同紙によると、この改善計画には「協力金」の支払いを迫られたサプライヤーへの返金計画も含まれている。

今回の報道を受け、「アマゾンは、公正取引委員会との協力的かつ建設的な議論を継続している」と、同社は金曜日に電子メールの声明で述べた。

この声明では、「今後も引き続き、サプライヤーのニーズに対応し、アマゾンが事業を行うすべての地域の法律と規制の遵守に努める」とも述べられていた。

アマゾンジャパンは以前、規制当局の捜査を受けたことがある。過去の捜査において日本の公正取引委員会は、同社が複数のプラットフォームで商品を販売するサプライヤーに対し、同じ価格またはそれ以下でアマゾンジャパンに出品することを要求していたことを解明した。

アマゾンジャパンはこの慣行を廃止することに同意し、規制当局は2017年に捜査を終了した。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top