Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ソフトバンク、米IT株のデリバティブに巨額投資=米相場上昇に影響か―報道

ソフトバンク、米IT株のデリバティブに巨額投資=米相場上昇に影響か―報道

Short Url:
06 Sep 2020 02:09:27 GMT9
06 Sep 2020 02:09:27 GMT9

【ニューヨーク時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、電子版)などは4日、ソフトバンクグループが、米ハイテク株に関するデリバティブ(金融派生商品)に巨額の投資をしていたと報じた。ハイテク株中心の米ナスダック市場は、8月に大幅に上昇。ソフトバンクの取引が、影響を与えた可能性を伝えている。

 報道によると、ソフトバンクが巨額投資したのは、あらかじめ決めておいた価格で将来、個別株式を買う権利であるコール・オプション。株価上昇時には、大きな利益を得られる。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、投資額は40億ドル程度と報じた。

 ナスダック市場では、8月にアップルやアマゾン・ドット・コムなどに買いが集まり、同月中旬以降にはナスダック総合指数は連日、史上最高値を更新。月間で約9.6%上昇した。

 市場関係者によると、8月はハイテク銘柄に関するコール・オプション取引が増加していた。そのため、投資家の間では、ハイテク株の上昇期待が膨らみ、現物市場の相場を押し上げていた。

 FTによると、最近みられた大口のオプション取引は「ナスダックのクジラ」と呼ばれていたという。

 ソフトバンクは、上場株式への投資を積極化する方針を表明していた。米証券取引委員会(SEC)への提出資料によると、6月末時点でアマゾン・ドット・コム、マイクロソフト、ネットフリックス、グーグルの親会社アルファベットなど約40億ドル分を保有。その4分の1程度はアマゾンが占めている。

JIJI Press

特に人気
オススメ

return to top